霊能者シリーズ⑦願望実現

 

<前回の続き>

何で先生の為に魔法学校に行きたい
と思ったかというと、

人のヒーリングをしていると、
先生も含めて、生徒さんも、
色んな人のネガティブなエネルギーを
受けてしまい、

体調を崩しているのが
気になっていたのです。

要するに魔法学校で、

ネガティブなエネルギーをプロテクト
する方法を学ばないと、

先生がヤラれてしまうと思ったのだ。

この時もまた使命感で燃えて
いる私。

 

魔法学校は以前もシリーズでお話し
したように、お金
ゴッツウかかります。

 

家を出てしまった私は、
税理士事務所のパート程度の収入
しかありません。

 

急げ急げ、

quick!quick!

 

その時私は、強気で願いました。

 

「私を魔法学校に行かせなさい!」

さらに、

 

「私以上の人材が他にありますか?
 居ないでしょう

だから私しか選べないのだ。」

 

って、本気で天に脅迫まがいの、
交渉をしたのでした。

強気

それから、3日後、
魔法学校に行くだけのお金が
ジャランっと

入って来たのでした。

 

コレ本当の事なんです。

まだ、ちまたの本では
明かされていない願望実現の
(自分であみ出した)秘儀を、

いずれスクールでお伝え出来たら
とも考えていますが。。。

この話は文字では伝えられない
ので、この位にしておきます。

  すみません 
(つまり、中途半端に聞くと、
つまらない
結果になるという意味です)

 

~~~~~~~~~~~~~~
次回は、

先生のヒーリングをうけると、
生徒さんが全員変わって行くのに

どうも私だけ
現状維持で何か変。。??

その結果、どうも先生から
私だけ失敗しているとの話を聞いて、

3年後に直談判をし、再度先生の
ヒーリングを 受けることが決まった
ところまで、

お話していたかと思います。
そこから、始めますね!

 

また、いつの間に違うところに
行っていたわぃ。

<行き先がわからない、続く>