セッション中に神様きてくれた

 

 

こんなの久しぶりです。

 

セッションで、私、ちょろっと
泣いちゃいました。

 

Unknown-3

泣かせるぜぃ。。てててやんでぃ!

 

実は私は共感度がかなり薄くて、

多少?もしやかなり??(どっちだ)の
変わり者じゃないかと疑っている。

 

何故なら、殆んどの人と泣いたり顔
笑ったり顔するタイミングを
外していることが多過ぎるからだ。

 

子供の頃からずうっとでした。

 

みんなと同時に笑えていないし、
一緒に泣けないのだ。

 

カウンセリングの師匠
がこんなことを言ってくれました。

 

師匠:

「私がカウンセリングのデモ
セッションをしていた時、

目の前にいた那旺ちゃんの顔が
何度も目に入って来たけど、

那旺ちゃん、凄い共感しているんだー
って、感じたよ」

って言われた。

 

とっても有り難い師匠の言葉だが、

 

でも、デモセッションを見ていた私は
クライアントさんに共感していた
のではなくて~、

セッションでかなりの乖離現象
(憑依現象ともいうかも)が起きていた為に、

つい、怖いくらい集中しすぎていた。

これは、
共感とはちょっと違うのね。

 

魔法学校にいた時の訓練がまだ
抜け出ておらんのか、

そうゆう状態(症状?)が起こった時に、
いつでも対処出来る為の待機姿勢に
なる癖が付いているのだ。

 

セミナーや講演会に行くと、
講師の話しに共感して、
受講者が涙を流している場面に
よく出くわす。

私的には、それが・・・ちと苦手っす。

 

 

どういう気持ちでみんなが泣いているのか、
いまいちわかんない。

 

私は周りを見回す。

 

「みんな、泣いているけどさ〜、
そこってさ〜、ぐ~って元気に
笑うところでしょ?」

 

って言いたくなること
がちょくちょくあるのね。

 

そんな時、私は自分が宇宙人で、
もしや感情を持ち合わせて生まれて
来なかったんじゃないかと、

妙なひとりぼっち感を味わうのじゃ。

 

images-1

Oh~,nothing。。僕ちとりぼっち星人。

 

でも、今日の私の共感度は今までとは、
ちょいとちゃうのね。

 

お陰様でいままでセッションを
させてもらった経験は何千回か…、あります。

その中で、私は涙を数回ほど流したことが
あるけど、

それはクライアントさんが、
長~く抱えて来た暗闇からやっと、
抜け出られた時に、 …  …共感して。。

 

あれ?それとはちょっとちゃうわ。

 

実は、私が泣けてくる時というのは・・・、

そうなんです・・・、

クライアントさんの魂の美しさに
魅せられて、その崇高さに、
ただただ謙虚にならざるを得ない時に、

勝手に湧き出る涙なのだ。

 

images-3

Godさま。光あれ!

 

今回のは、特別な体験だった。

 

なぜかっていうと、それは・・。

 

クライアントさんが辛い子供時代を
少しずつ思い出して、
(ちゅうか、ここは安全な場で、
ようやっと思い出しても

大丈夫になったのかもしれない)

 

「あの頃はわたし、
必死に生きてきたけど・・・、

改めて思うと・・・、
子供時代の私ってとても可哀想だった。」

と、彼女は言った。

 

「誰も助けてくれる人がいなかった。
私を守ってくれなかった」と・・。

 

まだ小さくて、何の力も知恵もない子供が、
助けてくれるはずの大人を見つける
ことが出来なかった。

何度か助けを求め、そして期待しても、

それは決して叶うことなく
諦めるしかなかった。
小さな頃の彼女を、
今やっと振り返った時の言葉。
それは・・・、「絶望。。」

地に叩きつけられた自己価値。

 

そんな時に、
どこからか「 待った!」の声が掛かった。

 

images-2

「おい、待った!顔

 

「待ちなされ


と言われたと同時に、
私の口は壊れたプレイヤーの様に同じ
言葉を繰り返す。

 

あなたの魂は気高い。魂が高いのです。

あなたの魂は気高い。魂が高いのです。

あなたの魂は気高い。魂が高いのです。

あなたの魂は気高い。魂が高いのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あれ?止まらない。なんでやろ?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたの魂は気高い。魂が高いのです。

あなたの魂は気高い。魂が高いのです。

 

8回も口が止まらない。

クライアントさんが「はい」と頷くまで、
ずっと言い続けてしまいました。

 

「あ!やっと止まった。」

 

「ふ~~~ぅ顔

 

クライアントさんがあっけにとられてる。

 

そのあと、私は泣いた。

 

なぜなら、「待った!」
といった存在から起こる

ものすごい愛のエナジーを
ビンビン感じたからだ。

 

「私、ずっとそばにいたよ。

(すみません。私のリーディングだから
言葉はタメ口になっちゃってます。
雰囲気は違うけど、ニュアンスは近いです)

あなたを守っていたでしょ。

あなたが死にたいと思っていた時
あったよね?

でもあなたは死ななかった。

あなたの魂が私を感じていた。
だってそばにいたからね。
一人じゃないって気付いていたでしょ?

あなたは祈っていた。

その時も私は側で見守っていたんだよ」

 

これをクライアントさんに告げる前に、
私はこの言葉を翻訳していた。

 

「おぉ~、この方はなんて
幸せな人なんだろう・・」

って、愛おしくて抱きしめたくなって
しまいました。

 

クライアントさんが
「私には守ってくれる人がいなかった・・・」

っと私に打ち明けているそばから、
私は、的違いな感動の涙が溢れてしまいました。

 

そして、私はその存在の言葉を彼女に伝えた。

 

彼女は頷いた。そして泣いた。

 

こんなことがあってから、

私って、こういう時には泣けるんだな~って、

気付いたのね。

 

ちゃんと、私なりの感情が
あったわけでした~。

嬉しいっす

 

(終わり)

まだ、NY編の続きが書けまへん。