見えない存在。リアルな怖い話・・っとその前に。

目には見えない超怖い話をする前に、美味しいお話だよん。

友栄のうなぎ。

箱根に行って温泉入って、美術館見て、フランス料理を
食べるつもりが、

車中・・突然スマホの画面に映った「友栄」のうなぎを発見。
「風祭駅ってどこだ???
ただ今の時間は、まぁ早い。AM10時15分じゃん。」

うなぎを食べるにゃ、ちと早い時間帯。
けど・・・店は営業中の様だ。
こんなに早よから鰻さんを食べる人っておるん?

て、思って1分もしないうちに、「次は風祭駅〜〜」
駅員さんのアナウンス。

おっと、目の前に風祭駅の看板が見えちった・・。
なかなか良い名前ねぇ。

私は慌てて、上に上げた電車の金網からバックを引きづり降ろし、
ドアが閉まるのとギリチョんスレスレで電車を下車した。

つまりフランス料理はもういいや!ちゅうこと。
予約してないしね。

陽射しの熱い中、5〜6分も歩くと、友栄が見えた。

まだ10時過ぎなのに、駐車場には車がギッシリ。
暑い中、お客さんが行列じゃん。
熱波でヨレヨレ(多分)のお年寄りも待っていらっしゃる。

うぇ、ワシ・・待つの嫌いなのに・・。

そう言えば、待つのが嫌いなもんで、
近所の眼科に2月にかかってからずっと行っていない。
とうとう昨日眼科から電話が掛かって来ちゃいました。

だって、ちょろっと医院を覗いてみると、
いつも混んでいるからそのまま帰っちゃうんだもん。

先週も15分待っても全然順番には遠いから、
キャンセルして帰っちまった。

症状は特になくて、たまにオシャレをしたくなり、
コンタクトレンズを作ろうと思っただけなのだ。

だども・・鰻の場合は帰れないよ〜。
なんてたって相手は恋しいうなぎ。

(絶対に、食ったるで〜。恋して待つ待つ待つ)

 

と、待つと決めた!

仕方なく近くの蒲鉾展示会みたいなところで
本を読みつつ1時間待つ。

見てくださいまし。この横から見たうなちゃんの横っ腹。
丸々、ふわふわ。ありがとうね!

ううう。。今まで食べた中では最強だった。
6千円弱のお値段。
死ぬ前に一度食べてくださいまし。

でも私は半年に一度は食べたいなぁ。

お茶も、何回でも入れてくれるし〜、
全然出がらしじゃないし〜。
デザート食べたけど、私的にはフツー。

(器が良い物を使ってるね〜)

 

次男に「友栄」の存在を教えてあげようと自慢したら、
あやつ、既に2回も違う女と行っていやがる。
くそ〜〜〜!

で、息子が話すには、
友栄のうなぎは愛知県の特別なところから仕入れている様で、
海と川の中間に生息している「青うなぎ」とやらを
使っているとの事。(う〜ん、なかなか勉強になった)

・・・・・・・・・

で、こんなに素敵なお話をしたばかりなのに
テーマになっている・・怖い話・・今さら・・します??
(と、うすらトボけおります・・わし)

・・・そういえば、レトロで庶民的な温泉に入りました。
(また、話が飛んでいます)

源泉かけ流し温泉「かっぱ天国」←変な名前。。
ここまで来るのに急な階段をえっちらおっちら登ります。

脱衣所。冷房なしで、ベラボウに暑いで〜。
ロッカーはすぐ隣の古い方のやつをうっかり使うと、
100円戻って来ないだよ〜。

 

お湯は悪くなかった。箱根湯本駅を見上げると、
「かっぱ天国」の看板があるのでした〜。

シャワーを出しっ放しで、
立ったまんまシャンプーを30分もして、
泡を飛ばしまくっている20代の二人のお嬢ちゃん。

その後に、モデルの様なこれまた20代前半の
美女が現れ、お湯の入り方もササっと美しく絵になっとった。

見た目とお風呂の入り方は比例するかも・・って、
思っちまった。

 

さて、箱根湯本と言えば、突然入ったお店に、
私よりかなりいかれちゃっている、
(初対面ここまで変わっている人って見た事ない)
70歳と本人が言っている・・ちょい綺麗な
寄木細工専門店の女店主がいた。

(箱根八里と言うお店。サイトなしです。)

寄木細工のウンチクを丁寧に聞かせてくれますよ〜。
飴もお茶もくれました〜。

 

麻布生まれで白金育ちの
お言葉が綺麗なご婦人なんだけど、3年前に
自然を求めて箱根湯本に引っ越して来たそうな。

存在そのものすべてがズッコケ。
話せば話すほど「まだ私より変な人がいた。」
と安心する。

 

(嬉しいな、上がいたで〜。)

 

そこは、なかなかグレードの高い作家さんの寄木細工が
置かれているお店でした。

(大黒様好きの私は、こんなん買っちゃまっただ)

右にズズズっと寄木細工を引っ張ると、
中には鍵が入る様になっているのだ。

===============

でもってさ〜、

怖い話+エロネタは次回にしよ〜っと。

すんません、いつもその場のノリで話しています。

*********************

【直傳靈氣セミナー!やりま〜す】

前期講座の日程が決まりました。

日程;9月20日金曜日:9時45〜12時45分
日程;9月22日日曜日:10時〜17時
講座費用:48,600円
霊気後期(主に性癖治療と遠隔霊気を学びます。)
受講資格:前期修了者
日程;9月28日土曜日:10時から17時
講座費用:43,200円
場所;クオーレテラピーアソシエイツ
コチラです

参加希望の方はご連絡くださいませ。
連絡先:cuore.nao@gmail.com

霊気の詳しい内容はこちらをご覧くださいませ。
コチラです

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

生きやすい様な・・生き難いような

いや〜、恥ずかしくなるくらいの、
ご無沙汰です。

恋人でも1週間くらい会わないと、
会った時に、ちと・・うすらくすぐったい(そんな言葉ありますぅ?)
みたいになりません?

きっと私にとって読者さんは、心の中の恋人なんですかね?

「那旺さん・・キモい・・!!!」
とか言わんといてね!

 

(ワシ・・うすら恥ずかしいっわん)

 

一昨日、友達に誘われて、
25年ぶりでしょうかね〜、ミニ◉トッ◉の
アイスを食べた。

歩きながら、ペロペロと。
楽しいな〜♪楽しいな〜😍

「久々やな〜。
20年前に◉ニ◉トッ◉のアイスを食べたけど、
◉ニ◉トッ◉のアイスは特別に美味しいんだよね!
なんで今まで食べなかったんだろか?
家のこんなに近くにお店があるのに、
それさえも気づいたなかった。

そうそう、子供が小さかった時に一緒に食べたっきりで、
その後は機会がなかったんだ〜」

なんて言いながら、一口食べたけど、
昔ほど美味しいとは思わなかった。

嗜好が変わったのかな?

・・・そうなんですよね〜、

心や体が変わってくると、
昔美味しいと思っていたものが
全然美味しくなくなるのだ。

それの一番わかり易いのが、
化学調味料です。
この科学的な味が、
かつては美味しさの秘訣だと思っていた。

匂いにしても、科学的な匂い・・・、
例えば柔軟剤の匂いがいい匂いだと
何処かで脳が勘違いしていたのだ。

で、結局のところ、

アイスは最後まで食べきれなくて、
そうこうしていたら、

食べ始めて数分で家に着いて、→トイレに直行

下痢ピー。。

(あ〜ん、そこは見んといて〜な。ピーピー)

 

で〜、凄〜い損をしたような、
体に申し訳ないような気になり、
その後は、いじけてお腹に霊気をしつつ
寝てしもうた。

翌日の事。

◉ニ◉トッ◉のアイスを誘ってくれた
友人と、熱海にあるMOA美術館に
行く約束をしていた。

目的は美術館賞・・・ではなく、
お花見と、

 

無農薬野菜のレストランランチと

な〜んとアイスクリームだった。

懲りずにリベンジだ!

また相変わらずに、
ランチもアイスクリームも、
食べ終わってから写真を撮り忘れたことに
気づいたので、

サイトから引用。

伊豆牧場プレミアムソフトクリーム (3種類)ミルク・抹茶・ミックス   400円

食べてみて直ぐ分かる。
愛されて育った牛さんのオッパイだ!って。

抹茶も良い香り。濃いだけじゃない。

本当に人間ってエネルギーをたべているんだ!

ってつくづく思う。

エネルギーの高い物は、
心も満足するが、お腹も満足して
すご〜く満たされる。

そうなると、心も優しくなり、
自然に和かになるものなのだ〜。

オーガニックのコーヒーも美味しかった!

「◉ターバッ◉ス」のコーヒーを飲んだ日にゃ、
下痢だけでなく、頭が覚醒しすぎて、
2日間全く眠れなくなる。

美味しいものを美味しく食べれる感性は
ありがたいが、

そうじゃない物には勝手に反応して、
下痢したり、眠れなくなったりと、
敏感で生き難いことの方が多いけど、

敏感で幸せを感じる事も沢山あるから、
この個性を受け入れて生き抜くしか
無いですわね〜。

・・・・・・・・・・・

そう言えば、3月3日開催の変な会議の
模様をお伝えしていなかったので、
次回また〜。

 

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

 

アーユルヴェーダ:インドにて⑩

 

いよいよ、このテーマは最後です。

本当はもっと深い気づきがあったのだけど、
何でもかんでも書けるものじゃない。

お茶会とか、セミナーでしか言えないのぅ。

***************

でも、その中でも、
おめでたい事は発表できるよん。

じゃじゃじゃ〜ん。

オーガナイズしてくれた方の息子さんが
日本でご結婚をされたのち、

多分、このインドで新婚旅行を兼ねての
旅なのか、良くわかんないけど、

シュリダリアムホスピタルに、
お嫁さんのお母さんも一緒にアーユルヴェーダを
されにいらっしゃったんです。

息子さん夫婦もTM瞑想のティーチャーで、
お嫁さんのお母さんもTM瞑想歴が長いし、

どこもそこもTM人口だらけです。

皆さん、本当に穏やかな方ばかり。

で〜、日本でも既に結婚式をあげられたのだけど、
ホスピタル内にあるインドの寺院でも、
結婚式をしてくれることになったのだ。

(この方、この寺院の神様です)

 

(こんな感じで結婚式)

 

男子は、寺院内では上半身裸にならないと
いけないらしく、

せっかく素敵な洋服を新調したのに、
あれれれれ〜、になってもうた。

ちなみに、写真には出てないが、
私の結婚式出席の姿は、
何と下がパジャマのまんまだった〜。

何故か、ノリでそうなっちまった。

 

(結婚式のレイを掛けてもらった
両サイドの私達)

この場所は食堂で〜す。

 

(みんなで集合写真だよん)

ここに居ない人もまだいま〜す。

(これって、お坊さんがヤギャしてくれている)

ヤギャって何?

ゴマ焚きみたいにして、
色んなお祈りをしてくれるのです。

 

(これ、ワシです。ゴマ焚きしてもらっている最中)

朝、予約で5時15分に来るように言われたけど、

全然、始まる雰囲気もなく、

結局は、ビチョビチョの中で1時間待たされた。
トイレも寺院も何でだかビチョヌレなのがインド。

ちなみに、待たされるのも当たり前のインド時間。
風習には従わねばならぬ。

*******************

さ〜てさてさて、今回でこのテーマは最後
になりますが、

総評として・・、

私、夢だったんです。

インドの本場でアーユルヴェーダを体験する事が。

で〜、その夢が本当に叶い、
しかも、グレードが飛び切り高いものに
当たってしまいました。

まさにご褒美です。

何故ならば、前にも書いたけど、
世界一とも言われるマノハ先生の脈診を体験でき、

東洋医学と西洋医学を合体し、
しかも食事も丁寧に作られて、
日本食が恋しいとかいう事もなく、

雨期だったから毎日雨が続いて
湿っぽいのは仕方ない事ですが、
お部屋も広くて綺麗で、掃除も行き届いているし、

スタッフも皆さん親切で優しい。

ここで一番記録しておかねばならないのは、
間違いなく体調が改善して、
あらゆる問題が調整されたのがわかります。

「ここに行けば何とかなる!」

って思える逃げ場と言いましょうか、
それが有るのと無いのとでは人生の
豊かさは大きな違いです。

クライアントさんにお客様を
紹介いただくときに、
皆さん同じことを言ってくれます。

「いざとなった時に那旺さんの所へ行ける
という安心感があるから、
とっても心が自由になります。

だから大事な人にも、ここを教えてあげたい」って。

 

😂本当にありがたい事です。

インドとなると金額も掛かるし、遠いし、
思い立ったら即行ける訳では無いけれど、

今回、夢が叶っただけで、
私は本当に幸せ者だって思っています。

肝臓、視力、左股関節、心臓、左耳、頭も、
良くなっているのがわかります😊

 

 

さ〜ぁ、コレからが必見!

下の動画を良かったら観てね!

*******************

こんな感じの10回続いた、
「レポート・アーユルヴェーダ:インド」となりましたが、

最後にシュリダリアム病院の副院長先生の
Dr.アンジェリーさんに

インタビューしましたので、
17分はちょっと長いけど、
(突然聞きたい事を聞いてみて!
と、フラれて、何のこっちゃ〜状態だった)
ご覧くださいませ。

私が真っ黒なサングラスをしているのは、
目のトリートメントをした後2週間くらいは、
蛍光灯や直射日光から避ける様に言われているので、

こんな風貌で失礼いたしま〜す。

(編集していないので、途中でミステイク修正なしです)

 

まんまってことです

(左から通訳の原田氏=超越瞑想の翻訳などでも活躍されている知識人
 シュリダリアム病院の副院長先生の眼科 Dr.アンジェリーさん
 クオーレテラピーアソシエイツ ・豊岡那旺(私)
 右手は原田季代子さんで、ツアーにおいて色々とお世話されています。)

 
ユーチューブのリンクが見れない方はコチラ

 

原田季代子さんの連絡先は、こちらですので
情報を知りたい方はお尋ねください。

haradakiyoko@maharishi.or.jp

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

アーユルヴェーダ:インドにて⑨


(前回からの続き)

私をインドツアーに誘ってくれた愛しき
K姉ちゃんは、

その場に一緒にいてくれて、
私が感激しているのを嬉しそうに微笑んでくれた。

 

何を感激して、何で微笑んでくれたかというと、

この話は、前回と前々回のブログから続くので、
お手数ですが、
初めてこのブログを読む方は、
2つ前のブログに遡ってください。

 

要約すると、インドのツアーを
オーガナイズしてくれたH奥様が、
私の
過去に起きた「耳のトラウマ」の話に、

すご〜く親身に共感してくれたお陰で、
中学1年生ぶりに癒しが起き、
耳の調子が快適になった話なのだ。

 

後日、K姉ちゃんに私はこう言った。

 

那旺:
「K姉ちゃん、私ね、H奥さんに共感貰ってから、
本当に耳の調子が善くなったんだよ。

共感するって凄い力だね。

でもね、私は以前K姉ちゃんにも
凄く共感してくれて
心を救って貰ったことがあるよ。」

 

それはある講座でK姉ちゃんに
偶然会った時の話です。

 

その日は愛犬のメリーが死んで3日目だった。

 

那旺:
「K姉ちゃん、メリーが死んだんだ。
私がちょっと目を離した隙に
一人で死んじゃった。」😣

と、子供みたいに駆け寄った。

 

K姉ちゃんは、周りの目も気にせずに、
目を真っ赤にして私を見つめて、

暫く何も言葉を発しなかった。

 

そして涙を流して、私に触れた。

K姉ちゃん:
「那旺ちゃん、ここじゃ人が居て何だから、
ちょっとあっちに行こうね」

 

(こっちだよ。)

 

と言われて・・・・、

そういわれてみれば、
周りにはこれから講座を受講する人たちが沢山居た。

 

誘導される様に窓際に行って、

K姉ちゃん:
「那旺ちゃんの気持ちわかるよ。
メリーのこと、大好きだったものね。

でもね、メリーはきっと那旺ちゃんに
死に顔を見せたくなかったから、

那旺ちゃんが居ない隙に死んだのよ、きっと。

それがメリーの意思かもしれないね。

那旺ちゃん、でもその思いがトラウマに
なっているみたいだから、ちょっと外そうね。

ほら、あのやり方、
那旺ちゃんも知っているよね。」

 

と言ってK姉ちゃんは
私のトラウマ記憶をトントンとタッピングし、
外してくれた。

(那旺ちゃ〜んK姉ちゃん〜ん)

 

この時私は、
共感力と叡智を持ち合わせたK姉ちゃん
温情に救われたのだった。

 

この時の話をK姉ちゃんにしたら、
K姉ちゃん:
「メリーって聞いただけで、
何だか涙が出てきちゃう。不思議ね」

と言われて、
本当に目が潤んでいるK姉ちゃんを
見た私もウルウルした。

 

コレぞ・・
「観音しゃま・・降臨〜〜〜」

(ありがて〜な〜。美しか〜)

 

これを言うのも何だけどさ〜、

やっぱりコレからは、共感度が大得意な、
こちとら・・女の時代到来ですわ。

そこいらの男にゃぁ、わからんけんのう。
(性差別用語でした〜)

**************

 

さて、もうちょろっと「インドにて」について
お話ししましょうかね〜。

これ、私の足。
スネ毛を剃ってブツブツ出来たんじゃない
からね!

(解毒中の姿です)

 

多分、薬草が少しキツかったのか、
1日に下痢を20回ほどしたと先生に言ったら、

マノハ先生が驚いて、
西洋医学の下痢止めを飲むように
指示があったのだ。

私的には、下痢歴が長く
下痢には何も抵抗はなかったのだけど、

些か20回は多いと判断されたのか・・・。

でも、下痢止めを飲んだ途端に、
下痢は治ったけど、
最初は体の深いところで水泡みたいなのが
出来て、

1日経過してから、全身に赤いブツブツが浮き
上がってきた。

やっぱり、下痢とか発熱とか大事だなって
改めて思うのだ。

体は頑張って毒素を出そうとしてくれる
訳で、体が持つパワーを認めてあげたい
って気持ちになる。

せっかく熱が出ているのに、
冷やしたり、解熱剤で止めてしまうのは、
やる気になっている体に協力していない気がする。

ただ、あまりにも体力がなくなったり、
我慢を超えた不快を伴ったりする場合は別だけどね。
体力とか年齢にもよるかな。

でも、薬草やトリートメントで、
ここまで解毒させるって、
アーユルヴェーダはなかなか興味深かった。

トリートメントの後半には、
どデカイ浣腸もしました。

マジ、それはキツかった。

トイレで用を済ますのに
お腹が痛くて30分くらいは
トイレから出れなかったし、

その後、寒気がして、
布団を被って震えてたけど、
それも30分くらいしたら治った。

 

以前、肝臓の解毒のレバーフラッシュ(個人差あり)
という、超ヘビーな奴をやったことがあるが、

心臓の悪い私は、

このままトイレで発作を起こして
死ぬのではと思ったくらい、
気を失い暫くはトイレで倒れていたことがあったっけ。

それに比べたら、まだ楽勝ではあるが・・・、

出来たら今後は2度としたくないなぁ。

 

(次回、このテーマ最後になりま〜す)

 

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

アーユルヴェーダ:インドにて⑧

 

今日のブログは前回からの投稿を
見てくださると
繋がりが分かるので、
1ぺーじ戻って下さいね。

 

要約すると、
西洋医学の耳鼻科には行きたくないし、
行っても治らない気がするし、

誰にも言わないで、一生この問題は抱えて行こう!
・・多分もう無理だ!と諦めていたけど、

アーユルヴェーダの全体性を診る治療なら、
もしや、改善するかも・・・って、

中学1年生からずっと抱えていた耳の問題を
マノハ先生に言ってみたのだ。

よくよく考えてみると、
マノハ先生は、朝から晩までずうっと、
今回は日本人だけでなくロシア人の
相談にものっていて、

一人に時間をかけるのには限界があることは
私にはよくわかっていた。

こう見えても、
私って物怖じしなくてハキハキしている様に
誤解されているが、

意外と人見知りだし、

相手に私の事で煩わせたら悪いな〜とか
思ってしまい、

気遣い過ぎるところもあって、
言いたいことを自己主張しないから、
いつも順番とかが最後になってしまうのだ。

有事の時は、ご飯をもらえないで、
一番先に死んじゃうんじゃないかなぁ。
(な〜んちゃって)

 

(ご飯くだせ〜。オラ何も食っとらんけん)

で、話を戻しますとですね、

結局、耳の問題を訴えたものの、
やっぱり言わなきゃ良かったって、
思ってしまった。

何故なら、
マノハ先生にちゃんと
伝わった感じがしなかったから。

こんなに忙しいんだからシャァないよね。

それに、私は肝臓とか、心臓とか、
デトックスとか、色々と先にしなきゃならない
ことがあるのだから、

来年、万が一、
お金が有り余っていたら(え〜マジ?)

また、インド:シュリダリアムホスピタルに
来ればいいやって思ったのだ。

ただ、私は、前回の後半に書いた、
H氏えびす顔夫人の共感度に
度肝を抜いたのだ。

*******************

前回を振り返って再度記載すると、

H奥さん:
「いかがですか?トリートメントは順調ですか?
何か困ったことはありませんか〜?」


こうやって気遣ってくれる態度。
私にも興味と関心を寄せてくれる思いやり


那旺:
「はい、毎朝脈診の時に耳の検査が
まだ来ていないと伝えているのですが、
全然伝わっていないみたいです」


ずっと悩んでいたことを訴えたのに、
5日くらい放ったらかされてイジケている。
英語も出来ないのにも勝手にイジケている私。


H奥さん:
「まぁ大変。明日の朝、
もう一度強く言ってくださいね!
ところで、耳がどうかされたの?」


私の何気無い一言に、耳を傾けてくださった。
言葉もいつも敬語だし。
実はこの方がここでは一番忙しい人なんです。


那旺:「はい、これこれ・しかじか・・・・
*****  #### ★★★★ ××××  」


と旦那様のH氏に通訳してもらったのと
同じ事を伝えた。


H奥さん:
「まぁ、そうでしたの〜。
それはお辛いですねぇ。
いつ頃からそんな状態なの?」


コレ、コレ、コレです!

共感して、問題のルーツを聴くこと

 

私にして欲しかったのは、

コレだったのだ〜。

 

(那旺ちゃん!やっとだぜ・・泣けるドバドバ)

 

カウンセリングでやっている極フツーな事を、

私もこの時はやって欲しかったのだ。

*****************

 

さて私が話したい本題はここからなのだ〜。

 

那旺:
「そうなの。私、中学生1年の時に
酷い事されたのです。」

H奥さん:
「えっ??」

・・H氏奥さんの恵比須顔が変わった。

真剣な目で5センチ前のめる。

 

(えびす顔から超真剣顔。食い入っている)

 

那旺:
「中学1年の時です。

夏になってプールに入る為の
身体検査をやった時、

耳垢があるから耳鼻科でとってもらう
診断が出たのです。

中学1年生の時の私はとても大人しい子でした。

だから耳鼻科に行って悪ふざけなんかしていないし、
静かに診察される順番を友人と待っていました。

その時、耳鼻科の女医が診察室の
キャスター付きの丸椅子に座った私の耳を、

グイと引っ張ってキャスターごと私の体を
自分の方に引き寄せ、

「も〜、何をやってるのよ!
さっさとこっちに来なさい!」

(女医はスゴイ形相のヒステリーになり・・
那旺ちゃんは・・・)

 

とイライラの怖い顔をしながら、
凄い勢いでステンレスの棒らしきもので
左耳を突っつきました。

私はとても小さい頃から我慢強い子で、
注射でも怪我をしても泣かないし、
お産の時も難産でしたが1度も声をあげたことはない人です。

でもその時は

「痛い!」

・・しか、声は出せなかったけれど、
あまりの痛さに勝手に涙が溢れて来て止まらない。

・・・鼓膜が破られました。

その後、違うおじいちゃん耳鼻科医の
治療を毎日3ヶ月間通ったけど、

痛みは直ぐに気にならなくなったから
待ち時間が長すぎて、
途中で通うのをやめてしまった。

それからというもの、
寒い日とかプールで泳いで冷えた時、
疲労した時に耳に、

ガガガ〜っと激痛が走るのです。」

 

私が話している間、

H奥さん
「うん、うん、うん」

と声に出さないでゆっくりと頷き続ける。

聴くごとに、

まるで親より子供の方が先に死んでしまった
お通夜のお悔やみの時みたいに、

 

この人にどう言葉をかけてあげたら良いのか!

 

何をして差し上げたら良いか!

 

分からない時みたいな顔で
H奥さんは私の話を聞いていた。

 

(涙顔の、こんな顔してくれた)

 

私は、ハッと我に返ったかの様に、

那旺:
「すみません。他人ごとの話なのに、
どうしてそんなに悲しい顔をして聞いてくれるの?」

 

H奥さん:
「だって、当たり前じゃない。
悲しくって、自分がされているみたいな
痛い気持ちになったわ!

本当に悲しかったね・・」

 

那旺:
「私、こんなに深く共感してもらった事
なんて滅多にない気がするの。

なんか嬉しい。癒された。」

 

H奥様:
「やだ〜、そんなの当たり前じゃないの。
でも、あなたにそう言って頂けて嬉しいわ」

 

那旺:
「アレ〜、何だか左耳が善くなっている
気がして来た。

もしかしたら、
トラウマが消えたのかもしれない。」

 

(左耳、ここ、ココ、いい感じカモよ)

 

かつて、この耳鼻科事件を何人かの友人に
話したことはある。

何故ならこの女医さんの息子は芸能人で
有名な人だから、

余計に話題性があるもので。😆

 

で、それを聞いた友人達は、

「その女医、酷いよね!告訴ものだわ。」

って怒ってくれて、有難かった。

 

でも怒ってくれる人はいたけれど、

あの時の中学1年生の私は、

切なくて、

恐ろしく、

そして悲しかった。

 

(お母さん、私は何にも悪いことなんてしていない)

 

私はこの感情を、
本当は分かって欲しかったのだ。

本当だったらお母さんに、
共感して欲しかったし、

女医さんを怒って欲しかったし、

あなたは悪くないって言って欲しかったのだと思う。

 

でも、その時のお母さんは、
あまり感想は言わなかったし、
関心も示さなかった。

私は相手にされなかった気がして、
何か大切なものを諦めたのだった。

 

H奥さんの
「うん、うん」

の頷きだけで、

トラウマが解消され、左耳が善くなっている。

・・だんだんそんな気がしてきた。

 

那旺:
「コレ、凄いです。心が晴れると体も晴れる!
と言うことを、

私、初めて体験しました・・」

 

そうなのです。
私の仕事で一番大事にしている
ところはソレなのだ。

 

心、体、スピリットの

   三位一体セラピーです。

 

その後の脈診で、
H奥様がしてくれたトラウマ解除話を

マノハ先生にも
ご主人のH氏にも伝えたかったけど、

アーユルヴェーダ的には、
この事も含めて、

 

「全ては完璧に上手く行っている」

 

と思えたので、あえて告げなかった。

これこそが、覚者マハリシの伝える、
アーユルヴェーダ

🚀宇宙的、治療だ〜

 

(続く)

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************