映画「かぐや姫」の罪と罰

 

私達が懲りずに何度も何度も転生してくるのは、
感情と感覚(五感)を感じたいがために、
第六感目の感覚を使って生まれてくるのだろうか

以下の紫の文字の文面は、
あるチャネラーが、映画「かぐや姫」を観て、
ブログを書いていました。
ここからは映画を観ている人にしか分かり難いシェアになりますが…。
もし皆さんがこれを見てピンと来たら、
映画館へ行ってみてくださいね〜

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジブリのかぐや姫物語を観ました。
この作品は 数あるジブリ作品の中でベストに入る作品でした。
ちなみにこの作品の副題はかぐや姫の罪と罰
とあるのですが
これにはこんな意味があるかもと
※知人が解説してくれました。

月の世界で涙する天女をみて
「感情」に興味をもつかぐや姫。
感情に興味をもったため
地球におとされ
感情を味わうことになった。
それがかぐや姫の罪と罰ではないかと・・・

――それを聞いて しばらくしてから
わたしはこう感じました。
喜びも感情ですが 悲しみも感情
かぐや姫が月で感じたものは
実は「故郷を離れ 寂しがっている感情」でありました。
彼女は月で「故郷から離れ 故郷を想いだして悲しむさま」に美しさを
感じたのかもしれない。
そして彼女は地球にいき 地球であらゆる感情を体験し
喜びや 周囲からの愛を感じ
やがて苦しみも感じるようになっていきます。 
魂が望む生き方をおさえこみ
人間がつくりだした「常識」や「価値観」にふりまわされて生きる現代人のように
かぐや姫も よかれとおもって彼女を都へと導いた。
竹取の翁に振り回されるかのように
都での息苦しそうな暮らしを続けていきます。
恋い焦がれる人とも引き離されて。

ですが
かぐや姫は竹取の翁に気兼ねして
自分の生きたい生き方をすることができません。
これは
常識に気兼ねして
自分らしい生き方がしづらい現代人に不思議とリンクします。
物語の最後では
かぐや姫が願ったとおり(引き寄せたとおり)
別れの感情を味わうことになって締めくくられますが
この時の映像・音楽がすばらしい。
この時の仏様や観音、天女、菩薩の集団のように見える月の住人たちが乗る雲は
まるで龍でした。
ちなみに私が作中で感じた龍のエネルギーは
次元のレベルをおおらかに考えて申し上げると
・姫を披露する宴から脱走する際のかぐや姫
・捨て丸との最後の別れで水(のようなもの)に飛び込む際の水しぶき
の2つも龍のエネルギーを発していて
個人的に面白かったです。
ですが物語としては
そんな分析はどーでもよく(笑)
野山の美しさに心を奪われました。
そして 登場人物の感情を描いている様が美しかったです。
そしてやっぱりかぐや姫は罪も罰もなかったと感じるのですが
それは観る方々の自由なんですね。
作品はひとによってさまざまな世界を創りだしてくれるから
ありがたいです。
「感情は汚れではない!」
最後のシーンでそう叫ぶ彼女が印象的でした。
そして その時父親である竹取の翁は
その心でなんと感じたのでしょうか――
この物語のタイトルはかぐや姫ですが
本来は竹取の翁から見た物語かもしれませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とても丁寧に観察されたブログだと思います。
ここに、引用させていただいてありがとうございました。

ちなみにこのブログに書いてある※「知人」とは私のことなんですが、
さらに付け加えて、
ここからが私の考えなのですが・・・。

そもそも、「罪と罰」なんて最初から存在しないのであって、
人間が創り出した概念なのでしょうから。

「罪と罰」って言葉は、
激情的でパワフルなエネルギーだから、
私たちの人生(の映像)としては魅力を感じるかもしれないけど、
この魅惑的なウジウジっていう世界に、
つい、はまってしまうと、

まるで「罪と罰がある」というのを前提に
思考を続けてしまうのが要注意

私たちは本来自由な存在なはずなんです。

月の住人は、愛をもってかぐや姫の自由意志を尊重し、
地球に送ったのだと思います。
そして帰る時も自由意志によって迎え入れた

地球に降りる前に
「月の世界で涙する天女」に魅了されていったかぐや姫は、
知らず知らずのうちに集合意識の中から感じた、

「何だかわからないんだけど知っている感覚」
心を奪われたのかもしれないな~。

まるで「ソレ!それ、それなんよ~」っと 知っているかのように…。

 

 

必見!「ビクトリーロード」 BSにて放送

    ブログ、お久しぶりです。
あ~、もっと早めに掲載しておけば良かったのですが、
でも、明日よりはマシか!(と、いつも自分に優しい私)

明日、7月6 金曜日、24時から、BS1放送にて、
ビクトリーロードという番組が放送されます。

         とにかくご覧になってくださいませ。

何故かって?
それは、クオーレテラピーのお客様である、
オリンピック・体操競技・金メダリストの、五十嵐久人さんが出演されるからです。

当ブログの「お客様の声」という欄に、五十嵐久人さんのメッセージが掲載されています。
お写真もあるので、テレビを観る前に是非ご覧になってくださいね。

まだ、テレビを観ていないくせに、人に勧めるのも変ですが、
でも、コレが絶対に面白いことを私は知っています。

というのは、今から30年くらいに、
彼の事が放映されたテレビ番組を私は覚えているからです。

         めっちゃ感動しました。ドキドキ

日本の魂、武士道そのものを、
腹の底から呼び起こされる番組だったからです。

これ以上、努力のしようがないくらいに努力をした人間から、
湧き出てくるスピリットの先には、一体何が繰り広げられるのか!
私は鳥肌が立ちました。

         本当に強い人間とは、愛そのものでした。音譜

モントリオールオリンピックで、
ライバル国ロシアからの想像にもつかない程の嫌がらせをされ、
絶体絶命の危機を、戦う姿勢なくして、
調和の道を選んだ日本選手たちのストーリー。

今回の放送がどのようなものなのかは、一切聞いていないのですが、
ロンドンオリンピックを間近にして、この伝説とも言えるヒストリーを
伝えるのには、とっても興味深い事だと思います。

ですから、私の知人だからということではなく、
日本人のDNAに確実に存在する、
その偉大なる特性を、皆さんに感じて欲しいと思います。

もし、明日を見逃したら、8日の夕方18時から再放送されますので、
是非ともご覧あれ!

いつも、ありがとうございます。ニコニコ

「幸せを呼ぶ仏像めぐり」  悟東 あすか著

【幸せを呼ぶ仏像めぐり】 悟東 あすか著  必見!
$弾ける笑顔 クオーレテラピー-「幸せを呼ぶ仏像めぐり」</font>” border=”0″ /></a></p>
<p>
悟東 あすかさんは、高野山真言宗の尼僧(阿闍梨)でありながら、<br />
漫画家でもあります。</p>
<p>ご自宅に、手作りの密檀を設けて修法し、お祈りをされている、<br />
信心深い尼僧さんでいらっしゃいます。</p>
<p>話によると、漫画を描いている時間より、<br />
密檀の前でお祈りされている時間の方が長いとか。</p>
<p>
有難いこっちゃ。<img src=(説明を省くが、深い尊敬の意味を込めて)

で、
何故、この漫画がオススメかと言うと、
絵の可愛らしさは当然、見た目そのものなのですが、

このマンガ本から、ビンビンと伝わってくるのは、
「仏教の教えを、
出来るだけ沢山の人達に、
ハードルを下げて、
マジで難しいことを、面白おかしく伝授したい」
という、あすかさん意図を感じるのよね。

ハードルを下げてと言うのは、→真っ逆さまな意味でして、
ハードルを下げた風に見せかけて、
実は、密教の秘伝、
今までかつて、一般に公開されることのなかった密教のエッセンスを、
アチラコチラに、な~んとなく、さり~げなく散りばめられておるのじゃ。

  「とうとうそんな時代がやって来たんじゃのう、ばあさんや!」
  「ハイハイ、じじさま、私は2000年以上も待ち続け、だいぶ歳をとりました~」

 (ありゃ、だんだん、前世だか、日本昔にタイムスリップしてきたしまったわい)      オバケ

          話を戻して~~~~~~~~~~~~、
コレが漫画のもつ魔法の特性であって、
芸術家は、こうやって神様のメッセージを、庶民にお渡しする役割を
引き受けるのだろうなと思いました。

私にはお坊さんの友人が何人かおりますが、
彼女はその中で断トツに、
神仏のことを繊細に丁寧に考えることが出来る僧侶です。

彼女が尼僧の資格をとったのは、20年位前のことですが、
あすかさんにとって、
ご自身が本当に本尊と繋がれているのかどうかと問い続ける時期が、
相当長くあったようです。
つまり、ずっと悩まれていたらしいです。

私はそれを聞いてびっくりしました。
批判をするつもりは毛頭ありませんが、
今どき、ご自分が本尊とつながっているかどうかを、
仏に問い続けたり、
凹んでみたりしている僧侶が
どれだけいるのでしょうか。(言い過ぎだったらごめんなさい)(_ _。)

いろんなお勉強をさせているお坊さんは、友人にもおりますが、
本当の意味で、こんなに信心深い方は、
滅多にいらっしゃらないかと思います。

最近のあすかさんは、
高野山の修行道場に、ご自分がお世話になった恩返しとして
「お手伝い」として入られ、沢山の事を学ばれています。
あすかさんの神仏に対する謙虚さは勿論、
同時に彼女の生きる姿勢も頭が下がるほど謙虚な方です。

そんな、奥義を持つ方の漫画を、
な~んちゃって感覚で読める私は、
なんて良い時代に生まれ、幸せなんだろうと思います。

いつか、クオーレテラピーでもお呼びして、
仏教のお話をしていただけるようにセッティングさせてもらいますね。
かに座

0 コメント/作成者:

オススメ映画『テルマエ・ロマエ』

            映画『テルマエ・ロマエ』
                   オススメです。
$弾ける笑顔 クオーレテラピー-テロマエロマエ

クオーレテラピーの「お客様の声」の所をご覧いただけると良いのですが、
お客様のトーマスウォーカーさん(トムさん)が、
『テルマエ・ロマエ』に出演されています。

映画『テルマエ・ロマエ』は、
ヤマザキマリ先生原作の人気マンガが映画化され、
イタリアでも上映を開始するほどの大ヒットとなっているようです。

阿部寛や宍戸開、北村一輝さんなどの”濃い顔”をした俳優たちが、
古代ローマ人の役を演じており、
コレは、かなり熱く、爆笑できますよ。≧(´▽`)≦

トムさんは、雑誌のモデル、テレビドラマやコマーシャル等、
多々出演し、ご活躍をされていますが、
その他、英語教師(教師歴40年)も恵比寿でされています。

トムさんの優しくてスマートな人柄から現れる英語レッスンも、
「オススメ」ですので、ご興味がありましたらご紹介致しますよ~。

                いつでもお声をかけてください音譜

夢を叶える精進料理

夢を叶える精進料理 「湯島食堂のミラクルご飯」
            本道佳子著

この本の中の写真にのっているイケメンの青年が、
今回、私のHPを作ってくれている深澤君です。
HPのアップは6月中旬位に出来る予定ですので、もう少々お待ち下さい。

彼は、「国境なき料理団 湯島食堂」のパティシエ及びこの本の作成等、
沢山の才能を発揮しています。

5月にこの料理本が発売されました。

湯島食堂は、御徒町にお店があります。
行ってみると分かりますが、湯島食堂は間違いなく、パワースポットだと思いました。

お料理は愛情タップリの斬新な精進料理で、
何と言ってもメニューがないの!

ランチは当日届いたお野菜で作り、ディナーはお客様の顔を見てから組み立てるらしい。

このこだわりや特別感が嬉しい。

ココに行ったら、食の面白さ、こだわり、重要さを見直すチャンスなので、
是非お出かけ下さい。
きっと期待を裏切らないはずですよー。

本も一般のお料理本とは、ちと違う。
本道さんと、深澤君の爽やかなお人柄があちらこちらに匂わせている感じです。

是非、お店も本もお試し下さい。

0 コメント/作成者: