妊婦さんに先ずオススメするのは
靈氣です。

ここ数ヶ月間、マメに来て下さる
クライアントのSさんは、

特に大きな悩みがある程ではなく、

どちらかと言うとセッションを楽しむ
為に来てくれる様な、
心身のバランスが比較的取れている
30代の女性です。

そうは言っても、
クオーレテラピーに来てくれるのだから
何かしら気になるところは有るのですが・・・。

クライアントさんは、
結婚生活も落ち着いて、
そろそろ赤ちゃんも生みたいし、
心身の調和を整えてから出産を
したいと仰っていました。

そういう意味で、クオーレテラピーを
選んでくださったら、そのニーズに
お応え出来る材料が色々とあるので、
とても嬉しいです。

出産する前に是非、
身につけて貰いたいのは靈氣です。

赤ちゃんがお腹にいる時に、
毎日お母さんがお腹に手をあてて

靈氣光線で赤ちゃんにコンタクト
が出来るなんて、超幸せ者の
親子じゃ、あ~~~りませんか

お腹に伝わる手の温もりもさることながら、

胎児の時に感じた靈氣の周波数は、
生まれた後も感覚として覚えています。

お母さんの声や心音
匂いの記憶も大切だけど、

「毎日お母さんは気持ちいい
事をしてくれる・・わ~~ぃ

って、赤ちゃんが記憶していてく
るって、凄くないですか?

「あっ!お母さんが手を当てて、
わたちを優しく守ってくれとるじょ

という思いは、子供を健やかに
成長させてくれます。

さらに、手から出る遠赤外線の波動は、
老廃物を溶かしてくれるから、
母子ともに健康になります。

 

 

赤ちゃんがちょっと体調が
優れなかったりしても、

あせって病院に駆けつけたり、
救急車を呼ぶ前に、

少し余裕を持って考えられるん
じゃないかな
ちょっと手当てをするだけで、
大事に至らない事もきっとあるでしょう。

靈氣の経験を積んで行くと、
靈氣を施術していく結果、
我が子や対象者がどれだけ

良くなっていくかが分かる様になるので、
アクシデントが起きても慌てずに
対処出来るようになります。

靈氣は、目に見えないけれど
無尽蔵の無形財産だと思います。

ご主人が疲れて帰ってきた時に、
頭や背中やお腹に手を当てて
あげたら、

明日はやる気をモリモリ出して
いいお仕事をしてくれるでしょうし

夫婦の肌の触れ合いは、
喧嘩した時に仲直りのきっかけに
なります

良いコミュニケーションになりますよ。

夫婦が仲良しだったら、
生まれて来る赤ちゃんも安心です。

勿論、靈氣の第一の目的は、
心身の改善です。

一番お得だと思うのは、
自分で自分の癒しや治癒を
施せることです。

寝る前にお腹に手をあてるだけで、
即行眠りにつけたら、

最近、ちまたで流行っている
催眠導入剤のお世話にならなくて
済むかもしれませんね

何て言ったって副作用がないし、
しかも一度、靈導を開いたら、

あとは無料ですから、
ECO値バツグンだね。

靈氣講座の後期を受講すると、
遠隔靈氣を学びます。

離れている家族や友人に、
遠隔で靈氣を送るのですが、

直接手をあてる時より効果が
感じられる場合も多々あります。

 

 

よく考えると、人間って、
べらぼうに広がる
サイキックな存在なのだー。

 

霊気を受講してみたい方は
こちら をクリックしてね! 

 

,

靈氣・病腺/前置きは保険だよ②


靈氣の上達する為には、

自分の感覚を研ぎすませて、
後は、直感を信頼するのが
の早道なのです。

だから~、
「な~んちゃってね!」
感覚で、
じぇ~んじぇ~ん大丈ぶぃぶぃ

この時、「病腺はどこにあるのか?」
(つまり、病腺の場所をあてる)時に、
ちょっと自信のない人は、

こんな風に言います。

「もしかしたら間違っているかも
しれないんですが・・・病腺はここら
へんに感じはするけれど~~」

みたいな。。
ちょっと頼りない言い方でね。
病腺の時は、初めての経験なので
仕方ないにしても、

これって、普段も言ってませんか?

この枕詞(前置き)って保険だよね!

他にも、
「自分は、まだまだなのですが・・・」
とか。

こうやって、
自分が万が一失敗するかもしれな
い時に、この保険を掛けておくと、

恥をかかなくても済むとか、
もしや責任が回避される?と
思っているかもしれないけど。。。。

そんな都合の良い保険は売っては、
いない。ないないない(しつこい

保険

こういう口癖は、謙虚とかいうより、
自信のないサラリーマンの口癖
というのら~

間違っている自分で良いですか?

まだまだの自分で良いですか?

前置きを言っても言わなくても、
結局やらなくてはならないこと
だったら、

言い訳を言うのって、メンドイじゃん。

だから、いさぎよく言っちゃおうぜぃ。

「私は〇〇です!」とか、
「病腺はここです!」って。

という私も、終身保険まで掛けていた
タイプだったけどね~(いや~ん)

 

 

 

,

靈氣・病腺/前置きは保険だよ①

先日、直傳靈氣セミナーを
開催いたしました。

霊気

靈氣の講座の中で「病腺」を感じる
ワークがあります。

病腺とは、筋肉などにまとわりつく
シコリやコリのことをいいます。

それらのコリが滞ることによって、
血液やリンパなどの流れが悪くなり
病気が進行していくわけです。

講座の中で、病腺を感知する為に、
身体をスキャンする練習をしますが、

練習を進めていくと、病腺が身体の
どこに潜んでいるかが、徐々に解る
ようになります。(どなたでもよん

身体のエーテル体(肉体に一番
近いオーラ)のところを手で撫でる
様にして、病腺を探っていく訳です。

生徒さんの靈氣の能力が開いてくると、
手にピリピリ感や、ドクドク感、熱い、
冷たいとかの感覚が敏感になり、
次第に病腺が感じられる様になるの。

まだ一度も経験したことがない
その手の感覚は、

それこそ人によって感じ方の特徴
は様々であり、
正解や不正解がないのだ 

病腺は西洋医学の様に数値で
測るものではないので、
ハッキリ言って、
「な~んちゃって」の世界です。

だからこそ、
自分の感覚を研ぎすませて、

あとは直感を信頼するのが
靈氣の上達する為の早道なのです。

この時ちょっと自信のない人は、

こんなことを言います。


<続く>