突然来たやっぱりすごい助っ人

 

やっぱり人間は面白い。
興味深すぎて、研究観察をやめられない。

 

この人、愛ちゃん。

 

でも、この家、わたしんち。

 

そういえば、愛ちゃんと会ったのは
去年のお正月。

彼女と会える時は毎回突然で、
偶然みたいなものの繰り返し。

約束という約束はしたことがない。

でも、お互いの想いが重なれば必ず引き寄せ合う。

 

*****  ******  ******

 

ネガティブな感情や観念、
しょうもない判断や思い込み、比較、嫉妬・・、

PM2.5みたいなモクモク蔓延した自我だらけの
この世の中にいると、
たまに面倒臭くなることがある。

まるで自分は一切それをやっていないみたいな、
言い方してるよね。

ハイ。。やってます。やってます。

 

でもさ〜、

たまに本当に面倒くさくなって、

誰だかわかんない上の人に、

 

那旺:
「わたし、そろそろそちらにお邪魔
させていただいて、
死んじゃっても良いっすか?」

 

って、天井を仰ぎながら呟く時がある。

 

・・・・・

神様:
「。。。。。無言(笑っているだけ)」

 

そんな時に、この「必殺元気人の愛ちゃん」が
突如として現れる。

そうすると・・・、

もうちょっと生きてみようかな〜って
思えるようになるのだ。

 

 

もう、嫌になっちゃうのが、
ヤマダ電機で買った、ドラム式洗濯機がデカくて
洗面所に入らない。

いえいえ、ドラム式洗濯機は普通サイズなんだよ。
洗面所のドアの厚み分が入らないの。

たまたまさっきまで家にいた、
腕のいい大工さんが
体のメジャー(これが職人技なんっす)を使って、

 

大工さん:
「ここはドアを外さないと微妙にドラム式は

入らないかもしれないなぁ。
まぁ、搬入業者さんが外してくれるだろうから
問題ないだろうけどね!」

と、一言残して帰っていった。

 

しかしですよ、

ヤマダ電機さんは、

「この入り口のサイズではドラム式洗濯機は
無理です。また店頭にいらして通常の洗濯機に
買い換えてください。

もしくは、ドアを外してから、また搬入の
申し込みをしてください」

と口は丁寧だが、仕事モードの対応。

 

那旺:
「例えば、ドアをどこかの業者さんに頼んで
外してもらったとして、
最短で搬入してもらうにはいつになるの?」

っと聞いたら、10日くらいかかるらしい。

 

那旺:
「ひぇ〜〜〜〜。この夏、真っ盛りな時に、
10日くらい、洗濯機を使えないの〜。
無理無理。。」

っとゴネようが、全然響いてくれないご様子。

 

ヤマダ電機:
「私たちが対応させて頂いて、
もしドアを傷つけたとしても、

責任が取れないので、それは出来ません」

 

と言われて、
冷蔵庫も洗濯機と一緒に購入していたので、
冷蔵庫だけは設置してもらい、

ドラム式洗濯機は泣く泣く返品する
ことになったのだった。

古い洗濯機は、既に息子の手に渡っていた。

 

fu〜〜どぅちよか。。

 

そんな時、洗濯機と同時に現れたのが、
必殺元気人の愛ちゃんだった。

愛ちゃん、なぜか自分のサロンのお客様を
意味もなく連れてきて、


愛ちゃん:

「那旺さん、突然、お客さんまで
連れてきちゃってすみませ〜ん。

早く那旺さんに会いたかったのに・・、
あ〜、でもやっと会えた!」

 

那旺:
「ううん、こちらこそごめんね、
業者さんが入っているからさ、
ガチャガチャしちゃっているんだわ〜。

ちょっと放ったらかしになっちゃうけど、
そのお客様とおしゃべりでもしといてね。

それにしてもさ、ドアを外さないと洗濯機が
洗面所に入らないって言われて、

どうよそれって!
でも、私にはどうすることも出来ないからさ、

とりあえず返品することになっちゃったんだ〜」

 

っと言ったら。。

 

愛ちゃん:
「那旺さん、何を言っていらしゃるのですかぁ?
この私の前で。

私を誰だと思っているんですか?

那旺さんも一度ご覧になった、
あの半端なくエネルギッシュなお父さんの子ですよ、
この私は。

小さな頃から、なんだって出来るように
お父さんに仕込まれて来た私が、
目の前にいるじゃないすか?

なるほどね〜、そういうことか!
今日は那旺さんのお手伝いをするために
私は来たんだ!

まだ間に合います。

急ぎましょ!
業者さんが冷蔵庫を設置している間に、
洗面所のドアを外しちゃいましょ!」

 

マジですか???

 

愛ちゃん:
「ネジまわしちょうだい!
これはプラスね。

かなり固いわ。
濡れタオルください。
滑っちゃうから。

あ〜、こういう仕組みね。
こりゃ簡単だわ。

那旺さん、簡単に出来そうだから
良かったですね!」

 

この惚れ惚れする姿。
足でバランスをとっている。

 

「男らしい。

結婚してください。」

 

と、ため息が漏れてしまった。

 

彼女の武勇伝は山ほどあります。

若い時からなん億円も稼ぎます。

人に裏切られることもありました。

そんな時は、サレンダーして、
じぃ〜っと待って。。

またそれを糧にして復活します。

 

こんな人がまだ地球にいてくれると
思うと、

地球のことをたくさん思ってくれる
人がいると思うと、

私はまたやる気になる。

 

ちなみに、
愛ちゃんと私が出会って2回目の時に、

変な経緯で、愛ちゃんの両親との外食に
誘ってもらい、

なんと、愛ちゃんの父ちゃんの食欲に
人間とは思えないものを感じてしまった。

 

熊ですか???

ライオンですかぁ?

 

(どちら様ですか??)

 

父ちゃん・・・なんと・・・、
串カツを、40本食べていた。。

 

父ちゃんはママをすごく愛していて、
ママも父ちゃんを愛していて、

両親は愛ちゃんを愛していて、
愛ちゃんは両親を愛していて・・・、

そして産んでくれたことを感謝している。

 

もう4年くらい前のことだったか、
この日は言葉にならない溜め息が出てきて、

だって、人間が美しく感じられて・・、

幸せの溜め息が・・、

 

ふんわ〜りふわふわ

 

と、出たのを鮮明に覚えている。

 

 

負うた子に教えられて浅瀬を渡る

 

 

小学校の時代、私はボーっとした子で、
いつも気持ちはどこか遠くにいた。

 

小1の頃から既に視力は悪くなり、
黒板の字はほとんど見えなかったせいもあり、
うわのそら度は増して、

 

授業を聞いていた記憶もないし、
宿題も殆どやらない。
要するにボー&地味〜な女の子だった。

授業で習得したのは、
九九を暗記したくらいかな。
べそかきながら覚えたような・・・。

 

%e3%81%af%e3%81%84

(にょにょんがし、にょさんがろく、
お姉ちゃん、そのあとはもう勘弁してくれ〜)

 

通知表の評価においては親は全く気にすることなく、
別に親に見せなくても、どうでもよく、
自分で通知表に三文判を押して新学期に臨んだものだ。

そんなパッパラパーな私が、授業で
なぜか覚えていた言葉が一つある。

「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」


川を渡るとき、
背負った子供の方が上から見えるので、
川の浅いところを背負った子に教えてもらう、

という意味。

時には自分より年若い未熟なものから、
教えられることもあるということ。

 

おんぶ

(坊や、どっちに行けば危なくないの?おせ〜て)

 

なんで、これだけ覚えているんだろか??

 

そのことわざを知った時、

「えっ!背負われた方が背負った親より
目線が高いってホントかなぁ。

せいぜい同じくらいの目線か、
もしくは背負われている子供の方が
親より低くないっすか??

もしや。。子供は肩車されたってか????」

 

と、本質とはどうでもいいところで
頭をくねらせていた。

オンブ

 

(あっ!そっか、キリンさんだったら高いよね〜)

 

ただどっちにせよ、

浅瀬に対して、子供の方が距離感が断然
あるだろうな〜。

背負っている側は、
川を渡る為に足をとらわれない様に注意したり、
背中にいる子供のことを気にしているから、

余裕がないのはよ〜くわかる。

 

この瞬間に、私は背負う側の親の目線になったり、
オンブされている子供の目線になったりして、
立場をあれこれ入れ替えしていたのを記憶している。

 

最近、私はちょっとショックなことがあり、
悲しかったし、寂しかったし、腹を立てていたし、
悔しかったし、虚しかったし、
そしてちょっくら不安な思いもあった・・。

 

でもそんな時、
クライアントさんであり、
生徒さんでもあり、妹あるいは娘みたいな存在の子たちと

同じ日に朝・昼・晩と3人も会うことになっていた。

 

出会ってから1年満たない20代の女性。
知り合って10年になる30代の女性。
そしてかれこれ知り合って20年近くなる40代の女性

 

私ってあんまりお友達が出来ないな〜って
思っていたけど、

この日はこの3人に会えて本当に癒された。
純粋で、一途で、彼女達を見て私は

「純粋さってどんなことなんだろうか?」
を学ばせてもらった。

親が子供から教えてもらうように・・。

 

かつての彼女達は、心が折れて私を探してくれた
クライアントさんだったけど、
今は眩しいほどの凛々しい姿になって、

私の前にど〜んと立っている。
そして、それぞれがそれぞれに、
優しくて温かかった。

 

子らの前でも、

「私もこんなに弱いところもあるんだよ」
って見せたっていい。

助けてもらってもいい。

恥ずかしくたっていい。

甘えてもいい。
浅瀬が見えないことなんて普通にあるんだから、
「教えてね!」って言っても大丈夫。

 

 

4時過ぎに突然思い立って鎌倉に行きました。
10年前にアロマや霊気、スピリチュアルな
講座を教えた生徒さんが、
気張って買ったマンションを観てほしいって、

何度かお招きを受けていたから、
思い切って出かけてみた。

女二人で鎌倉・逗子・葉山をドライブ。

高級マンションでお抹茶を頂き、
今までに食べたことがないくらい美味しい
スープカレーのお店にも連れて行ってもらった。

 

IMG_2726

(鎌倉から、富士山を見つめる)

 

 

「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」

 

本当にありがたいことです。
私は幸せ者だ〜〜〜〜。

小学生のボーっとしていた那旺は、
きっと、この感覚をすでにわかっていたのでしょう。
(かなり変な子でした)

 

 

******************

 

いよいよ「4次元セミナー」のお申込み受付が開始されました。

 

【4次元セミナー(変な人の為のon変なセミナー)

 

開催日:7月17日(月曜日:祝日 海の日)

時間: 13時~16時

開催場所:決まり次第、早めにご連絡いたします(都内です)。

料金:6,000円(税込)

 

4次元セミナー申し込みフォーム

 

こんな方にオススメいたします。

変な事好きな・変な貴方は参加資格があります。(^-^)

私は変じゃない!と強く思っている人も十分に変参加者のはずです。(^^)

変な事好きの・変な貴方の友達も、参加するに十分な変保有者ですから誘ってあげて下さい。

ともかく、このメッセージを見ている限り変所有者のはずです。

 

申し込み期限は今日から建国記念日:2月11日24時までです。

 

<オマケのプレゼント>

お申込みされた方は、昨年11月に開催した
「4次元セミナー」のYouTube画像を限定公開にて
観れる様になっていますので、どうぞ~。

 

*****************

 

 

2017年明けまして・ありがと

 

2017年・・素敵な幕開け。。

 

じゃじゃじゃ〜ん

 

とか言っちゃって・・、

年末から誰とも会わずに、じ〜っと家にい続け、
何も変わった話はないですぅ。

 

やっぱり私は家にいるのが好きなんや〜。

友人から、3月ハワイで開催する音叉の講座にまた
行こうよ〜と誘ってもらったけど・・、

去年体験したハワイ島の自然の美しさとか、
心地よさ・・などなどを、

一生懸命思い出して、自分なりに決起を促してはみるが、
ちっとも奮い立たない。

 

思い返せば、

ハワイ島・KALANIのジャングルの炎天下で
迷子になった時のこと。

「ふぅは〜ふぅは〜ギョギョギョ」になりながら、
やっ〜とこさ脱出できた後、
ホッとしてウンコを出した時の開放感

 

あと、「こんぶ茶=紅茶キノコ」を友人に恵んで貰って、
初飲みしたらめっちゃ美味しかったこと。

あまりにもインパクトのある飲み物だったから、
売店で1本買い、
一気飲みした後に酔っ払った・・

あの腹の熱さに感動したっす。(日本では売ってないらしい)

 

そんなことぐらいしか思い出せない。

要するに、「食しては  出す!💩」

もしやそれだけかぃ?私の価値観って。。

 

そんなもんなら、グルメ店に行き、
コーヒー浣腸していればよかとね?

「そうよ、那旺ちゃん、よかよかよかよかよかばってん!
(誰が喋っているの?)

 

やっぱり私はダラダラと怠けているのが
一番好きなんや〜。

美味しいものをたまに食べさせて貰えれば、
それで十分なんや〜。

 

 

「美味しいものってか・・。。
よしよし。。
那旺ちゃん、やっぱ、京都に連れてったる。

エッちゃんのお店で、ダラダラさせたるからね〜。」
(混んじゃうのが嫌だから教えたくないが、
つむぎというお店が伏見駅の近くにある。)

 

あれ〜〜〜??

 

私って一体誰とお話ししとるんでしょか?

 

%e3%81%82%e3%82%8c%ef%bc%9f

(あれ?あんさん誰やねんどこの人?)

 

とうとう一人で誰かとおしゃべりしている人になっちまっとる。

 

*****************

 

少し前のブログで、
私は「阿川佐和子さんみたいになりたい」と書いたら、
クライアントさんの何人かに、

「那旺さん、阿川佐和子さんに雰囲気が似てますよ!」

って言われて、

そっか!私はテレビには出ていないけど、
セッション自体が阿川佐和子に近い仕事をしている
じゃんね〜と、

 

”わ〜〜ぃ、もう既にやっとるわぃ。っと気づいた。

 

 

てな訳で、
今年は、私の「気になる人」をインタビューして
YouTubeごっこしよ!っと決めました。
阿川佐和子さんのことはともかくとして、

 

何と言ってもハードルが高いのが、

「ヨロちくび〜」の、久本まちゃみですわ〜。

 

あのテンションの高さと捨て身な語録はサイコー。

 

%e3%83%9e%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%9f

(「ヨロちくび〜」→っとこの指使いが・・いい。)

 

今年は、この「捨て身芸&機転の速さ」を磨くぞ〜。

 

そうそう、去年の4次元セミナーで、
後悔していることがたった一つあるのだ。

 

 

4次元セミナーでは、

「特に話すネタは考えなくてもいいよ〜」

って、宇宙さんから言われたので、
本当に何にも考えないで行ったのまでは良かったが、

ちゅうことはですね〜、

裏を返せば、

那旺はんなりの『アドリブ=機転』を効かせてやりなさい!

っちゅうことでしょ?

 

それなのに、あ〜それなのに、
なんで、あの時にあのアドリブができへんかったのか!

っと悔やまれる。

 

ちょっと今日はこの辺・次回書きます。
またね。

 

           

新年あけましておめでとうございます。

           

 

 

(最後のシメに出しますか?新年のご挨拶の大事な言葉を・・

那旺

 

2016年。。ありがと♪

 

わ〜ぃ、今年もあとちょっとだね!

 

振り返るといい年だった。
私にとっての1年間の感覚は、
およそ5年以上に匹敵する訳で、

振り返ったところで、頭がグジャグジャで、
ほとんど記憶にないです。

 

%e8%aa%b0%ef%bc%9f

(スンマセン。「私は誰でしたっけねぇ〜」みたいな)

 

 

それにしても〜・・、
去年よりも・・一昨年よりも・・、どんどん幸せ度が増してくるぅ。
きっと来年は今年よりももっと幸せなんだろうな〜。

とは言っても、
実態は、独りぼっちの年末でございますし、
誰が来るわけでもないお正月を過ごし〜の、
誰も私を招いてくれる人もおらず、

お正月に生存確認の電話をくれる
希少価値のアシスタントくんが存在している!

・・っうくらいなもので・・。

あれれ??
な〜んという可愛そうな境遇の私なんじゃろか!

 

 

旅行に行く訳でもなく(去年一人旅を決行したが、
ちっとも面白くなかった

何か趣味に没頭する訳でもなく、

恋をしている訳でもなく、

思い返せば、
「うなぎを食べれている素敵な私に浸る会」をするのが
唯一の楽しみくらいで〜、

何が幸せかって言われると、わかんね〜だ。

 

かつての私は、
あんなに独りぼっちが寂しくて惨めで切なくて、

かといって、人がいると、一人になりたくて・・。

と言ったわけのわからない奴だったのに、
人間って変わるものだのぅ。

私にとって本当の幸せって、
周りに人がいてくれることじゃなかった
んだね〜。

 

私がいてくれるだけで十分だったのだ。
(っと、誰かが言っている変な言葉・・
何言っているかわかるかな?)

 

自分が自分を幸せにしてあげない限り、
欲しいものが山盛り揃っていても、
それだけじゃ、気がつくと虚しくて不満が募ってしまうものなんや〜。

 

**************

 

引っ越しをしてからというもの、
一戸建ての北側を選んじゃった私のお部屋は
寒くて寒くて・・ブルブル

(セッションルーム・2部屋ある中の施術部屋は、
見晴らしのいい南東の角部屋で暖かなのに)

 

お布団に入っても頭が冷え冷えで朝が起きれない私。
だから・・、

「すぐにまた引っ越したる!」

って決断したのだけど・・・、

 

私はやっぱりついている

 

「寒くて凍え死んだるで〜」っと、こうやって文句を
言いまくっていたら、

 

古くからの友人で生体エネルギーでログハウスを
造っているOさんが、

山梨から生体エネルギーの木で出来たベッドを
作成し、持ってきてくれたのだ〜。

すっごい忙しい人なのに、何とか日程を工面して、
私に暖かな年を越させてあげようと思ってくれたようで、
本当にありがたいのう。

 

寒さを少しでもしのごうと、
雨戸を閉めて、床にはコルクを敷き詰めて・・っと、
エアコンが嫌いだからつけたくないです)

コルクの床にお布団を敷いて湯たんぽ入れて寝ていたわけです。

寝る前までは、99パーセント電磁波カットの電気毛布
で温めておいて、
電気毛布をつけて寝ると脳梗塞の原因になると言われて、
寝る時は電気を消すようにしたけど、

そんなら電磁波カットの高額電気毛布を買った
意味はあったのだろうか??と。)

御嶽山にいた時は、浴槽にはあんまり浸からないで、
シャワーだけで済ませていた私ですが、
こっちでは浴槽に浸かるのは必須になりました。

 

しか〜し、やっぱりその道のプロって凄いね〜

 

私の寝室は、なんだか変な設計の縦長部屋で、
ベッドを置く場所はないに等しく、
そういう発想はどうしても却下された。

ところがOさんは、

部屋奥の収納庫みたいな場所→階段の下になる場所があって、
そこに6個ほど置いてあったクリアーボックスの上に、
生体エネルギーで出来た木を工作して、

ベッドを造ってくれちゃいました。

 

生体エネルギーって、やっぱり凄いです。

うちのまな板は生体エネルギーの木で造ってあるけど、
もう15年は経つが、お魚を調理した後に、
しっかり洗わなくても生臭くないのね。

 

しかし、生体エネルギーの浄水器もすごかった。
気学で吉方位に行くために、
75日つつじケ丘のウイークリーマンションに仮宿した時のこと。
(これを仮吉方取りという)

そこでは酷い生臭いゲロ水道水に圧倒されて、
市販の浄水器(東レだったかな?)をとりあえず付けてはみたが、
何も全く変わらなかった。

もしや、タンクに動物が死んでいる(こわんじゃないだろうか?
っと、震えおののいてしまいました。

そんな時に、またOさんが助けてくれて、
元の住んでいた西大井に置いてきた生体エネルギーの浄水器を
つつじケ丘に移動させてくれたのだ。(また山梨から飛んできてくれた)

 

そしたら、なななんと

今まで通りの美味しい水に変化してしまった。

この時ほど、この浄水器の凄さやありがたさを
思い知ったことはない。(もちろんOさんにも)

生体エネルギーの浄水器の効能はそれだけじゃないのね。
(今回はなご〜なるから説明しない)

てな訳で、私のお部屋はO様様のご慈悲で
すっかり快適になっております。

見た目は、ただの木の上にお布団を敷いただけなのに、
暖かいのだ〜。

お布団の中がヌクヌクなだけでなく、
部屋の空気がほっこり柔らかくなっています。

 

%e3%81%ac%e3%81%8f%e3%81%ac%e3%81%8f

(ワシ。。幸せでごにゃんす

 

 

%e3%81%ac%e3%81%8f%ef%bc%92

(今年も・・これ以上いうことはおまへん。。

 

 

あ〜〜〜これでまた生き延びた〜。
(今、魔女歴では582歳

 

快適になった私は、
これからも幸せを運ぶお仕事が出来るでしょう。

 

私はやっぱり運がいい!

 

でもね、引っ越してから変なアクシデントは
続きまくっております。
・・最終的にはうまくおさまるのだが・・パワーを使いますぅ。

 

気学的には、来年2月頭までは最悪の星廻りの私です。

 

発想を変えて、
「凶と言われる星の巡り通りにそれが顕現している」のなら、
やっぱりこの作用は強運になるのかもしれないね〜。

 

さ〜て、来年は酉年。
歓びの雄叫びを〜、ご一緒に、せーの〜

 

コッコっこっこ・こけこっこ〜

4次元目指してこけこっこ〜

 

%e3%81%93%e3%81%93

(今、こっこにおるでな〜。。・・来年もよろちく

 

那旺

嫁にミミズを食べさせて貰った姑

 

こんちは〜。

 

(前回のお話をまとめると〜、)

意地悪が止まない姑に対して、
とうとう我慢に耐えかねた嫁は、
こっそりと仕返しをしようと考えついた。

それは料理にミミズを入れて、
食べさせる事だった。

 

完全犯罪を狙って、
ミミズの生臭さに気づかれないために、

嫁は必死こいて下手くそな料理の腕を
磨き、姑にミミズ入りご飯を食べさせた所、

全盲になっていた姑の目が見えるようになり、
しかも姑は嫁が作った美味しい料理を
献身的な愛情だと思い込み、

嫁姑の争いが無くなった話でしたね。

 

お姑さん、殺されなくって一件落着でした顔

 

ふふふ・・・。顔

 

 

実は私、ミミズ食べてますぅ。

ミミズ

くねくね、しわしわ、もじもじ。。

 

 

私のHPのプロフィール紹介にも書きましたが、
私は30代前半の時に健康診断で再検査に
なっちゃったのだ。

 

なんと、です!
MRIで精密検査を促されてしまいました。

 

精密検査の結果、医者はこう言いました。

「70代の脳です。脳梗塞や心筋梗塞を
何回も起こした様に小さな血栓が数多く
ありますね!

 

 

images-6 のコピー

(ううっ!くちびるたらこ。。)

 

 

確かに、他の人の精密検査の写真結果と
比べてみてもハッキリ違いがわかります。

まるでプラネタリウムの星々
見ているかの様に、

私の映像には血栓が脳全体に
埋め尽くされておりました。

 

顔 ブブブブ。。

 

脳の映像と先生の言葉にビビった私は、

 

 

「先生! 私ってこれから、
どうしたらいいのでしょうか?

 

さらに医者、驚く事に
こう付け加えました。

 

「まだ、若いからねぇ。
薬を飲んだとしても一生飲み続ける事に
なるから・・・。

まぁ、麻痺が出た頃にまた来てよ!」

 

顔 ボボボボ。。

 

この先生、未だに私の顔を一度も見て
くれていない。(首を横に向けない人?)

目の前の写真だけしか・・・。

 

私は写真じゃないです。
呼吸していますし、血栓だらけでも
まだ人間だす。。

 

診察に3時間待ったのに、診療時間は
たったの3分。

しかも、「麻痺が出たら来いって??」か

 

images-4 のコピー

(意味わかんね〜だ。)

 

でもね、今になってよくよく考えてみると、
このお医者様に2つ感謝しなくては
ならない事があります。

 

 

一つ目は、
私が怒り心頭し、それを起爆剤として
奮起させてくれたおかげで、
西洋医学以外の代替療法を学ぶチャンスを
私に与えてくれた事。

 

二つ目は、この時、
薬を出さないでいてくれた事です。

 

だからこそ、今の私があるのだ〜。

 

 

話はミミズに戻りますが、
私はその後、MRI検査はしていないのです。

だから脳がどうなったのか、
西洋医学上では実のところわからない。

でも、私が代替療法を学んで来なかった
としたら、

とっくに脳梗塞や心筋梗塞になっていた
かもしれない。

 

そうは言っても、

あっしには、
気になることがあるのじゃ〜。

 

 

(続きはまた〜)