タロット創造物語⑩最終回

 

(前回の続き)

そんなこんなのスズメバチ事件で、

9月に来る予定になっていた成美ちゃんの
セッションは、10月末になり、

前回セッションを受けてから以降の
凄まじい報告をこうやって教えてくれたのでした。

 

今回の2度目のセッションは何をしたのか?
どういうわけかセッションの記録も残していないし、

全く記憶にはありませんが、
成美ちゃんの感情解放をした後、

後半だけは印象深くて覚えています。

それは、こんなセッションになっていったのでした。

 

那旺:
「成美ちゃんの側にいる、それって、
だぁれ?」

 

成美:
「え???

そういえば小さな頃から、
すぐ側にエネルギー体があるのは感じていたけど・・・、
気にしないようにしていました。

なんか、怖くって。でも・・なんだろぅ、優しい存在です」

 

那旺:
「何だと思う?」

 

成美:
「あっ!あ〜〜。。

わかりました。龍です。小さな龍がここに
います。

わぁ〜わっわぁ〜〜〜〜凄い。
私が気づいたら、凄く喜んでいます

 

那旺:
「だよね〜。ずっと守っていてくれてたね。
その龍さんに名前を付けてあげてもいいかなぁ。
どんな名前にしようか?」

 

成美:
「う〜〜〜〜ん、この子の名前は三日月にします。
あ〜、今までずっと気づかずにいてごめんね。
これから一緒だね。嬉しいよ〜

 

 

小さい頃からずっと成美ちゃんの側にいてくれた
存在にフォーカスしてみると、
こうやって龍であることが判明したのでした。

 

セッションが終わってからしばらくして、
成美ちゃんは江ノ島に行ったそうです。

そこの場所で前世巫女さんを
何度もしていたビジョンが浮かび、

 

成美:
「あ〜私って、前世で20歳以上、生きたことが
一回もなかった。

何度も迫害されたり、殺されていて・・・、

だから今世20歳を超えて生きていられるのは
初めてなんです」

 

あれ

(うるうる。。 私、無事・・生きてる)

 

 

そういえば、成美ちゃんの母上が
ご挨拶にいらした時に、
こんなことを仰っていたことを思い出した。

 

成美母:
「私は成美がお腹に入った(受精した)瞬間、
直ぐにわかりました。

で、なんだかわからないけど、
彼女が中学2年生の時、とても辛い思いをする事も
知っていました。

実際、その通りでした。

いじめにあって学校に行けなくなり、
とても可哀想だったです。

でも、何故だかその先の20歳からの成美が、
どうなっていくのか何にも予測がつかなかった
んです。

で、大学4年生の時に、成美がおかしくなり、
記憶喪失なのか、生きてはいるけど・・

でも死んでいるみたいに
なってしまいました・・。

そんなことを成美は体験して・・、

なんとなくですが、これからの成美は
私の範疇を超えて、
世間さまに対して大役を果たすような気がします。」

 

%e9%a3%9f%e3%81%86%e3%81%a7

(この子、愛しすぎて食べちゃいたいよ〜

 

成美母上がそんなことを教えてくれていた。

江ノ島に成美ちゃんが行った時、
前世の記憶がどんどん浮き彫りになり、

母の言葉が腑に落ちたそうだ。

 

前世の記憶と繋がった時に、
三日月が、突然べらぼうに大きく変化した。

彼女がこれからするお役目に気付いたから、
きっと三日月もそれをバックアップ出来るように
パワーアップしたのでしょうか。

 

成美:
「那旺先生、私の今世は20歳を過ぎても
こうやって生きています。

私、前世で出来なかったことを今世は
やり遂げます。

現実をしっかり生きるために、
理学療法士にもなりますし、

まだ誰も気づいていない、
3,000年のタロットの歴史を覆すような、
私にしか出来ないタロットを構築して
皆さんに伝えていきたいです。」

 

・・・・・・・・・・・・・

 

そんなプロセスを経て、
タロット講座を今、構築しているのだ〜。

 

 

3,000年の歴史を覆すタロットって、
一体何なんでしょうかねぇ。

 

そうこうしていると、今年1月になり、
成美ちゃんが現れて、
こんな問いかけをタロットにした。

 

3,000年のタロットの歴史を覆すのって、

どうすれば良いのでしょうか?

 

成美:
「那旺先生、タロットが先生に質問しているんですが、
タロットの枚数って、今のままでいいですか?って」

 

那旺:
「えっ??

タロットに質問して、答えを教えて貰おうとして
いるのに、

反対にタロットが私に質問しているの?

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。。

 

・・・・・・・・・・・・・・・。。

 

と思ったら、

私ったらいつの間に・・・、

リーディングモードにスイッチ
ビンゴで入ってしまった。

 

うぇ〜

なんだかわからないけど、
どんどん口が喋ってまう。

 

 

ワン

(那旺さん、今、何って言ったんすか??。。)

 

 

タロットの枚数とか・・・、

 

それは何を意味するのか!

 

なんで今までの枚数だけでは足りないのか!

 

ユダヤの教えのカバラ(生命の樹)はタロットの
ピースを表しているのが常識なのに、

秘教とも言える神の叡智である生命の樹なのに、
それが変わるなんてあり得ないし・・・(頭では)

と思いつつ、

その因果関係すらも、口はすらすらと喋ってしまう。

 

那旺:
「コレって、真実ですか??
(確認作業・・シテミル。相手はでかい存在)

・・・・どうやら真実らしい。(マジ・・デスカ?)

 

私にとって、
とんでもない厄介な情報が入ってきてしまいました。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

てな具合に【タロット創造物語】
本当にそれが現実になっていくのか?

 

ここまでの高波動レベルのタロットとなると、
どうなっていくのか全く見当がつきませんが、

これは相当の高い意識レベルでもって
謙虚にやらせてもらわないと、マズイです。

私もですが、
成美ちゃんもまだまだ若い。

これからかなりの人生経験を積んでいかないと、
言葉が剣に変わってしまう。

 
魂を究極に近い状態まで磨かない限り、
そう簡単に出来るしろものではなさそうだ。

 

3,000年も封印されているものに、
手を出すって・・・、どんなもんやろか。

 

神様から許されることなのだろうか?

神を冒瀆する様なことにはならないだろうか。

 

今世も前世の様な結末を決して成美ちゃんに
させてはいけない。

成美ちゃんは今世こそは20歳過ぎても、
生きるという経験をするために、

あのお父さんとお母さんを選んで生まれてきた。
愛しまれて育ってきた結果の今である。

 

3,000年のタロットの歴史を覆す秘宝・・・
うっかり聞かなきゃよかった。。っと、本音顔

 

タロット創造物語のお話は、これでおしまいです。


ちょっと中途半端な気がしますが、

 

今後、何らかの形で宇宙がメッセージを
くれるのかもしれません。

 

そうそう、この物語の主人公、
成美親子3人さまは、4次元セミナーに参加されます。

成美ちゃんのタロットは4次元セミナーで
ご披露されるかもしれません。

前回同様、集られた方のエネルギーによって
作られていくセミナーなので、

 

今、何を必要としているのか!

 

全ては流れですから、それに委ねるのが4次元の
かもし出すパワーなのだ〜。

 

これがマニュアルにないマニュアルなのです。

 

 

長い間、ありがと。

 

 

タロット創造物語⑨

 

クオーレテラピーのセッション中に
成美ちゃんがタロットしたことによって、

先祖の霊を供養しなくては
ならないと解ってしまってからというもの、

色々な不思議なことが家族に起き、

結果的に、子孫一行が一団となって、
150年の呪いを解くという大役を済ませました。

 

やれやれ。。ですね〜
じゃ〜なかったのだ

 

そして2週間後のお盆の時に再度空き家に訪れた時、
妙なことが起きたのでした。

 

・・・・・・・

すでにお亡くなりになっている、
成美母ばあちゃん、じいちゃん、お父さんの
お写真を3人並べて、紐も新しくして
床の間の上に吊り下げて帰ったはずなんです。

それが、成美母ばあちゃんの写真だけ、
床に落ちていたのだ。
どう考えても・・落ちるはずがなかった。

 

 

おっと

(あっ・・あっ・・あ〜、落ちてまう〜)

 

 

その時のばあちゃんの顔は、
とってもキツイ顔顔に変わっていた。

41歳で亡くなった方で、
とても美しく優しい顔顔の写真だったはずなのに。

新しく変えた紐は、まるで引きちぎられたみたいに
切れていたそうだ。

 

ジャジャジャ〜ン。。
(ふざけてはなりませぬ。。はい

 

その後、間もなくしてスズメバチ事件は起きたのだった。

 

御墓参りに成美ちゃんと母上が行った時のことだった。

叔母さん達は少し遅れて向かった。

 

スズメバチの巣を誰かが刺激してしまった後に、
成美ちゃん母娘は運悪く出くわしたのだ。

大量のスズメバチに襲われ刺されてしまった
成美母上は、痛さのあまり失神した

母は、この時血圧が230まで上がったと、
一緒に救急車に乗った叔母さんが後で教えてくれた。

一方、成美ちゃんはアナフラキーショックで、
血圧が40まで下がり、意識不明の重体。

 

・・・・・・・・・・。。

 

その後事なきを得て、意識を戻した。

成美ちゃんが10月のセッションに来た時に
こう言っていた。

 

成美:
「私たちが刺されたことで、

後にいた小さな子供達が逃げることができて、
良かったんです。

子供達が刺されていたら、多分死んでいたでしょう。

助かってくれて本当に良かった。
私たちが刺されて・・良かったんです。」

 

 

成美ちゃんって・・・なんちゅう優しい子なんやろか

 

スズメバチ事件は、この白い女の人の
霊と関係があるかは定かではないが、

成美母ばあちゃんの写真の顔がキツくなって
しかも床に落ちていたのは、

その因果関係を示唆しているように思う。

 

スズメバチの毒によって、
血が浄化されたのか、因縁から解放されたのか!
これによって成美ちゃん一族の
呪いは解けて、

今後の子孫繁栄は間違いなしだと思います

 

こ

(幸せ子孫が、うじゃうじゃ産まれるど〜

 

 

 

この稀有な物語。。

 

あなたは信じますか??

 

全然どっちでもいいと思います。

 

かつて霊能者のそばで浄霊を何度も見てきた
私にとって、

人間の意識とは凄まじいパワーを持ち、
執着はとどまり続け、
長期にわたり変化を起こさせない。

そうは言っても、霊も500年くらいするとね・・・、

 

「いい加減、なんか変だなぁ。
自分の居場所ってここで良かったんだっけか?
そろそろどっかに行ってもいいべな〜

 

って気づくらしいですが、
・・・死んでもそういう人生って、
辛くないですか?

 

このブログをご覧の皆さんは、
生きているうちに是非幸せになってくださいませ。

 

生きている人の特権ですので、
今のうちにどうぞ〜〜〜。。

肉体があるからこそ、できること、学ぶこと、
魂を成長させることが加速するのです。

 

「今」なんです。

 

 

花

(特権(犬)です。
かわゆいじゃろかワタス

 

苦しい方、魂を成長させたい、恐れや執着を
手放したい、幸せになりたいと気づいた方は、

どうぞセッションを受けてくださいね。
(宣伝しているつもりはありませぬが顔

 

このシリーズ、もう少し続きます。

 

タロット創造物語⑧

 

成美ちゃん母娘がスズメバチに刺されたのは、

ゴーストバスターをしてから2週間後の
お盆の時でした。

 

成美ちゃんの子孫一行はすでに2週間前に
浄霊を済ませていた。

お盆になって再度、成美母ばあちゃんの
空き家を訪問したんです。

その時また、
不思議なことが起こりました。

 

その前の、2週間前にどんな形で浄霊をしたかというと、

母ばあちゃんの家に行った子孫一行は、
誰も霊的存在は見えなかった。顔
が、気配がある顔のだけはわかったそうだ。

 

そもそも成美母上が神懸かりしたきっかけは、
成美ちゃんがセッションを終えて、
タロットで見たビジョンを母に告げてからのこと。

 

成美:
「うちの先祖に成仏していない霊っているの?」

 

と聞いた途端に、

 

バシッと

 

母上の目に女の人の霊が、
田舎のばあちゃんの家にいるのをしっかり
見たそうだ。

それは成美ちゃんが見たビジョンと一致していた。

それまで、成美母上にはそう言った霊的現象を
感じたことのない、ごく普通の人だった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

実際、空き家に行ってみて、

気持ち悪い気配を、子孫一行は全員感じた。

 

だが、何も見えない顔


感じるけど見えない。顔


何かいる。。


あの部屋に。


見えないけど、気持ち悪い。
それだけは、わかる。。

 

子孫一行は母上の指示のもと、動いた

母上の守護霊の指導による浄霊法は

 

仏壇を床の間に移動する。
仏壇の後ろの壁を黄色にする。
仏壇の前に机を置き、白い布をかけること。
仏前には、水、塩、お酒を供える。
お経をみんなで唱えること。

以上だった。

 

成美母上:
「名前は誰だかわからないけど、
あなたは最初の奥さんですね。
あなたはこの家の奥さんですよ。

あなたがちゃんと存在していたことは
分かっています。

でも、こんなところに150年もいても、
あなたにとって何にもいいことありません。

どうか上に上がり再度生まれ変わってください。」

 

そして、母上が知っているお経をみんなで詠んだ。

 

すると・・・、

 

本当は黄色の壁なはずなのに、壁は金色に変わり、

仏壇は、眩いほどのキラキラに輝き、

それはこの世の輝きでは有り得ないような光景だった。

それをここにいた全員が確認したことでした。

 

 

その時、母上がふと思ったことは、

「1週間以内に上がるから大丈夫
確信したそうな。

 

 

 

逆に私的に言うと1週間もかかる??

ということです。

 

こりゃぁ相当ヘビーな執着だと個人的には思います。

 

執着は、他人も自分も傷つけます。
本当にご苦労様としか言いようがありません。

 

執着した方もされた方も。

 

つめて〜

(おっとっとっと〜。いて〜ぇなぁ

 

そんなこんなで、子孫一行は、

 

パチパチパチ〜(拍手

 

150年の呪いを解くという大役を済ませました。

 

(まだ続きます)

 

 

タロット創造物語⑦

 

(前回の続き)

 

成美母さんの守護霊であるおばあさんから、
霊を鎮めるためのノウハウを具体的に
頂きながら、

成美ちゃんの家族3人と叔母さん夫婦、叔父さん、
成美ちゃんのおばあちゃん
計7人で空き家になっている田舎に向かった。

 

成美ちゃんの家系は、
成美ちゃんを含め、母上も叔母さんも、
血族とは外れるが、父上までも、

霊的資質を温存しとるようです。

父上は霊的身分をまだ隠しているんじゃないかと
母上は言っていた。

 

母上曰く、

「もしや、父ちゃん、凄いかも。。」

どうも才能を封印しているらしいっす。

 

成美一族はその能力をどの様に
使ったらいいのか、
まだ、わからないようなのだ。

 

成美ちゃんの母上も、
今回神懸かり(霊がコンタクト)したのは
初めての経験だった。

 

%e9%9d%a2%e7%99%bd%ef%bc%95

(お主。。見たな〜〜〜〜)

 

スピリチュアルなことなんて、

 

誰も教えてくれないし・・・、

 

こんなことを人に言ったら・・・、

 

変に思われるし・・・、

 

そんなことを分かってくれる人なんていないし

 

でも成美ちゃんのリーディングで、

 

「まだ上がれていない先祖供養をしなくては
うちの家系が幸せになることはない」と、

分かってしまってから、
それぞれの霊性が一気に開こうとしている。

 

開く

(お股開いている場合じゃないのね。。)

 

母ばあ様からの指導を受けて、これまでの先祖の
悪行や恨みを、詫び・・祈り・・光に還すために
子孫が結束した。

 

それから数ヶ月後に、
成美母さん成美叔母さんも、
さらなる霊性に目覚めるために、

そして自分の、

本質を生きるためのセッションを

クオーレテラピーで受けることになった。

 

本質を知ると

そこに行くっきゃなくなるのだ

 

勉強

(ハハァ、そこですか?ワシの本質って)

 

話を戻しますが
もう少し、白い女性の霊の話をしますと、

彼女は子供が出来ないで家を出されたと
いうより、

夫が16歳の後妻になる女性に子供を産ませた後は、
裏にある蔵でしばらく暮らしていた。

なぜなら、行く先がなかったからだ。

彼女は、16歳の後妻を妬み、恨み、
藁人形で呪い続けた先に、
後妻は23歳で病死したそうです。

そして、7代たたり続け、
長男が生まれないようにと呪った。

その後白い服の女は出て行ったそうですが、
生き霊だけは置いて行ったとのこと。

 

実際に、成美ちゃんの家系は、
長男は生まれても死んでしまったり、
自殺したりと、全滅だった。

成美母のお父さんは次男だったから、
なんとか生き延びたが、
それはそれは大変な人生だったそうな。

 

生き霊。。
恨み。。
死しても、生きているのだ。・・・意識は。

 

昔に比べ、今こそ女性は楽チンな時代になりましたが、
歴史的には悲しい時代がありましたね。

 

先祖系のセッションでよく出てくるのは、

子供を産めなかった、
後取りの男の子を産めなかった、
男尊女卑、
土地に対する執着、
家柄、身分格差、支配関係、

が出てきます。

 

こういったドロドロした想いの渦が、
集合意識に深く刻まれているようです。

 

で〜〜〜、
その先を書きたかったのだけど、
長くなったからまた今度。

 

(続く)

 

 

 

タロット創造物語⑥

 

(前回からの続き)

9月になっても
成美ちゃんからセッションの予約はなかった。

 

成美ちゃんは8月に田舎に帰って、
すでに亡くなってしまっているのに、

おばあちゃんちの居間に
まだ居続けている150年前の先祖・・。

白い服の女性と小さな男の子・アキラ君の霊を
供養しに行っているはずだ。

それはタロットを通して、
先祖の白い服の女性に約束したからだ。

あんなにしっかり約束をして
いたのだから、行かない訳はないだろうし・・。

逆に行かなきゃマズイだろうし、

でも、行ったとしても、
結構ヤバい顔真っ青かもしれないなぁ。

 

・・・・・・・・・・う〜ん。

 

ちと不安。。顔

 

 

その後どうなったんやろか?????

気になるなぁ。。。

 

そわそわ。。。

 

気になる

(大丈夫かな〜、成美ちゃん)

 

そうこうしていると、
ようやっと予約のメールが入った。

成美ちゃんは10月末になってセッションに来てくれて、
とんでもない事を話し出した。

 

成美:
「実は那旺先生のところに9月に伺うと言って
いたのですが、
お盆に帰った時に、

スズメバチに刺されて
私たち意識不明になって救急で運ばれちゃったんです。

多分、白い女の人の最後のあがきかと。。」

 

那旺:
「私たちって・・・あなた。。」

 

ブヴぇ〜〜〜

 

奥目

ビックリたまげて奥目になってまう

 

成美ちゃんのセッションの後、

成美ちゃんの家族に何が起きたかというと・・・、

 

お母さんがが神懸かりというか、
お母さんの守護霊がとうとう動き出した。

 

そもそもお母さんの守護霊はお母さんのおばあちゃん
だそうで・・。

これも変な話なんでが、成美ちゃんのお父さんが
そういうのがわかるらしく、

結婚したてくらいの時に、おばあちゃんの写真を見て、
成美父上:
「この人だよ、あなたの守護霊は」

っと、
お母さんは伝えられたそうだ。
ととう・・父ちゃんも!スピリチュアルなのですか〜〜。。

 

わわわわ。。っとくるりゃ、スタコラサッサ(意味不明)

 

奇妙な一家だよね〜〜。

 

3

(わわわわ。。家族3人ともですかぁ??)

 

しかし、当時のお母さんは、それをあまり気にかけては
いなかった。

 

それがセッションが終わってすぐに、
守護霊のおばあさんが突然「ドン!」

と入り、色々とアドバイスをしだしたのだ。

 

例えば、

「田舎に一緒に行くメンバーは誰と誰」とか。

成美母ばあ:
「この人は連れて行ってはいけない」
とか。

「向こうに行ってから、こんなことをしなさい!」

とか・・、

霊を鎮めるための手立てを具体的に
伝え出したそうだ。

 

お母さんの妹、成美ちゃんの叔母さんは、
霊を感じる人なのだが、そちらにはメッセージは
入らなかった。

今回は、成美母上のお役目なんだろう。

 

そんな状況の中、
成美ちゃんの家族3人と叔母さん夫婦、叔父さん、
成美ちゃんのおばあちゃん
計7人が守護霊に選ばれたそうです。

 

ゴーストバスターズ顔イェ〜い
(ふざけてはいけませぬ。はい

 

いやはや、1回のタロットリーディングが、
こんな大掛かりなことになろうとは、

成美ちゃんがタロットを封印していた
意味がわかるような気がする。

 

そもそも私がタロットで
何を聞いたかは覚えてないけど、

先祖の霊にアクセスする、
秘密の扉を開けるような質問を

投げかけちゃったのかなぁ。。

 

 

そういえば、うちのセッションでは、
先祖供養の儀式みたいのが
よ〜〜く出てくるんです。

 

(続く)