NESの体験って、ちと変わっとる②

 

NESは、肉体的にも精神的にも

次元を超えて作用するのが解る様な

体験が実はあるんですよ。

 

こういった体験は、
クオーレテラピーのセラピーでは
NESだけに起こると限らないの
ですが、

前回に引き続き、
NES限定でお話ししていきま~~す。

**********

こんなクライアントさんの
体験がありました。

NESのインフォシューティカルを
飲んでから、

「20年位前に骨折した腕の
痛みが再発しました。」

という話を聞きます。

実は、同じ様なことが
他の方でも起きているんです。

先ほどもお話ししたように、
NES以外でも、セラピーをした後に
同じような事が起きたので、

私の中では、「お~~~よしよし
って落ち着いて聞いてられます。

それは、

例えばこのクライアントさんの例で
お話しすると、

20年くらい前に腕を骨折した時の
時間や感覚や感情に、
戻っている様なんですね。

なんで、そんなことが起きるかと言うと、
忘れられた心や体の痛みを再体験
することによって、

癒しのプロセスを味わわせようと
宇宙の意思はしてくれているので
はないでしょうか?

 

宇宙の意思

 

クライアントさんは、
骨折したことに対する過去の
ショックや痛みや悲しみを、

ちゃんと味わわないで来た
からかもしれないです。

例えば、
「こんな程度の怪我で、いちいち
仕事を休んでられないのよ!

と、からだの声を聴いてあげてなかった
のでは?

それとも、「こんな大事な時に
骨折なんかして、足手まといだわ!

なんて事を誰かに言われて傷ついた
けど、傷ついていないことに
しちゃったとか・・・。

もしかして、骨折したと同時に、
大切な人の別れを体験してしまい、

その時の心と身体の傷の痛みを
感じてしまったら、
生きていられないと思ったかも
しれません。

 

いずれにせよ、身体の細胞(筋膜)
に刻印されているショックを
今再体験することによって、

本来の調和のとれた状態に身体を
戻そうと、時間を超えて
気づかせようとしています。

だからといって、
その時の事を思い出して、
誰かにセラピーをして貰ったり、

消したいほどの
すごく辛い体験を思い出さなくては
ダメなのでしょうか?

NESの面白いところは、
痛みを体験した時に、

「あれ?おかしいな?こんな痛み
なんだったっけ?

あっ!そうか、20年前に骨折したん
だったわ。

えぇ?なにこれ。治ったはずなのに
どういうこと?あれ以来、痛くなった
ことなんて一度も無かったのに・・・」
と言った感じで、
現代と過去を行ったり来たりと
頭で回想するわけね。

いよいよ、腕がズキズキして、
どうにもこうにも、
気になっちゃったりして・・・。

 

「これって、やばいじゃん。どうしよ。
そういえばあの時、無我夢中で生きて
いたからさ~~、

色々あったよね。あの時の私って、
結構頑張ってたし、辛くて辛くて、
歯を食いしばって、
バカにされない様に必死だった。

でも、本当は辛かった。
え~~~~ん、なんで私って
弱音を吐けなかったんだろう。

あの時、助けて!って言えなかった
んだろ・・・。

わたし、本当に悲しいよ~
え~~~~~ん。
って、本当の心に触れてみると、

途端に、

「なんざます。コレ!」

と言う具合に、
腕の痛みが消えるのです。

「ひぃえ~~、錬金術」 

 

 

 

 

 

NESの体験って、ちと変わっとる①

相変わらず、話は突拍子もない
ところに飛んでしまって困ります。

(あ~いや~、私は困ってないんだわ。
行きたい方向に流れるがまま
糸の切れた凧状態になるのよね

9月8日から、ぶっ飛んでいました。
以下が復習です。

**********

9月7日のブログでは、映像を通して、

「量子の奇妙な世界」
についてお話しました。

NESは、肉体的にも精神的にも
次元を超えて作用するのが解る
様な体験が実はあるんですぅ。

次元を超えてという意味では、
NESだけでなく他の手法でも、
私のセッションでは、
不思議なことがいろいろと起こります。

今回は、
NESのことでお話ししましょうかね~

私が初めてNESで処方されて、
インフォシューティカルを飲んだ時のこと。

私は下痢歴40年のお姉さん
ございます。

↑ この「お姉さん」というデフォルメの
言葉から、前々回は話がズレたのだった。
(すまねぇ)

*********
私は、小学生の時に
放送室で私の顔と同じくらいの
サイズの毒蜘蛛(足が長い)にさされて、

手がグローブの様に腫れてしまい
ました。

胃腸はそもそも弱かったのですが、
それからというもの、
下痢をしない日は有りませんでした。

何か食べれば、即、
トイレに駆け込みます

それが、40年近くも続いたら、
身体中に不具合が起きてきます。

特に弱いところは、心臓です。

不整脈は、心筋梗塞を起こした
かの様な状態になり、

なだらかな坂を上ると、
動機、めまい、息切れがあり、
間違っても人と話しながら
坂を上る何ってことは、
無理っす。

そんな時に、NESを知り、
インフォシューティカルという、
情報が入っているレメディを
飲む機会に恵まれました。

infos

 

その時は、ちょっとしたNESの体験会
だったせいか、忘れられたかは
わかりませんが、

好転反応のことは、
全く聞いていませんでした。

飲んでからすぐに、
40年間付き合ってきた、
下痢のパターンとは、ちと違う感じが
したのだけれど、

下痢は下痢なので、
そんなに気にしていませんでした。

私は胃も悪くて、
口臭が出てたのは大きな悩みでした。

うちのサロン、クオーレテラピーには、
NESとは違う波動機械があり、

MK5←(先日書いたブログを参考に)

でスキャンすると、胃と十二指腸の
状態がすこぶる悪かったので、

本格的に、腸と胃、肝臓、胆嚢は、
診てあげなくては、

間もなく大変なことになるとの
感覚的な情報も、
しっかりわかっていました。

インフォシューティカルを飲んでから、

いつもとは、ちょっと違う下痢の感覚
もありましたが、

胃の感覚の方がもっと変でした。

胃の中に手を入れて、
モミモミされたり、
持ち上げられたり、
引っ張られたりするような、

 

一寸法師

胃にこんな感じの「ちびっこ」
住んでいて、いたずらされている
感じでした。

痛いんだけど、痛くないみたいな。

よくわかんない感覚。
あの時好転反応のことが頭に
過ぎっていれば、

結構楽しめたかもしれませんが、
私的にはあせりました。

「どこか、おかしくなっちゃったかしら
って。

その好転反応も10日を経つと、
全くなくなりました。

「ちびっこ、撤収!」

みたいな・・・

今、考えると、
「細菌と寄生虫与党」が、「ちびっこ野党」と
国会みたいに揉めあって、
最終的に折り合いがついたのかな?

ってな気持ちになってます。

きっと、インフォシューティカルを
飲まされた愛犬メリーは、私どころでは
ない重症な状態でしたから、

体験したこともない好転反応を

水も飲まずにじぃ~っと過ごしていた
のかと思います。

私と同じ10日間で復活しましたから。
(メリーの体験はこちら

かと言って、
NESのインフォシューティカルを
飲んで、好転反応がある人の方
絶対的に少ないですから、

心配しないでくださいね

私とメリーは浄化のプロセスだった
のだと思います。


では、次回は、次元を超えて浄化した

お話をしましょうね

 

 

 

 

物理学者が踏み入れた量子の奇妙な世界

前回の続きで、

「意図することが、エネルギーを
どのように変化させるか!」
のお話でした。

そのことが、少し理解しやすい
量子の世界を
解説してくれる映像があります。

特に真新しい内容ではないかも
しれませんが・・・・、

小保方さんもコレを、ちびっと
使っていたのかな~~~。
(・・・・と何気に独り言)

 

 ↓ 以下のURLをクリックしてみてね。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=vnJre6NzlOQ

 

2重スリットの実験を漫画で

分かりやすく説明しています。

字幕の白字が、黄色のおっさんの服
と被って見えにくいのと、

展開が早いので、目を回さないで観てね!

実験結果では、

「観測された電子は、
観測される前とは違う振る舞いをした!」

そして・・・。

 「まるで自分がみられていることに
気づいたかのように」

「観測者の存在は量子の振る舞いを
変えてしまうんだ!」

「ただ観ているだけなのに」

 

「みたな~~~

 

「きゃ~~~~

ちゅうのが、ミソなのでござ~ます。

 

次回からが、やっと私の言いたい
話に繋がるかも。。。

意識

NES・意図(識)すること①

 

NESプロビジョンは、
クオーレテラピーの2大看板娘。

skype

 ↑ コレはNESをスキャンしているところ

 

もう一人の娘は、MK5という音波装置。

sousa1

2014-08-02 06.18.55

↑コレは、MK5で体をスキャンしているところ 

この子の事については、
8月15日から22日までのブログに
雰囲気が解るくらいに書いてあるので、
参考にしてくださいね。
http://ameblo.jp/naou05/entry-11907418717.html

NESについても、
8月28日から9月1日までのブログにも
ちょろっと解説しています。
http://ameblo.jp/naou05/entry-11915513370.html

*************

今日は、NESの補足的なことを
お伝えしましょうね!

NESプロビジョンをスキャンするに
あたって、クライアントさんに一つだけ
気を付けていただくことがあります。

それは・・・、

た~いした事をしてもらう訳では
ないのだけれど・・・、

でもすご~~い重要なことなのだ。

じゃ~~ん

お答えいたしましょう。

那旺:それは「意図」することなんですよ。

「はぁ??なにをさ??」

那旺:「それはね、あなたの気になっている
悩みや問題、それは心にせよ、体のこと
にせよ、明確に意図することなのじゃ」

これが、NESプロビジョンの特長なのよ。
量子物理学の観点から形作られた
NESの一番大事なところは、

意図する=意識する=観察する

ことによって、そこにある問題に
焦点が置かれるのです。

そういう意味では、
NESは優れた能力を持つ、
覚醒した裁判官、弁護士、
議長、あるいはカウンセラー的
な存在かもしれない。

そして、大きな軸の捉え方として、
ホログラフィック的な見方をすることです。
つまり、「宇宙にあるすべてのものは、
本来ホログラフィックなものである」
考えるのが基本概念で、

それは、1つものが有る中で、
その一つ一つの中に全体の情報が
含まれているということなんですね

ですから、一つの部分が変化すれば、
ホログラフィック全体を通して、それを
取り巻く全体が変化していかねば
ならないのです。

正常に機能していない細胞のDNAを
コントロールしている箇所(要素)に
狙いを定めて治療していけば、

その変化は、ホログラムに反映される
ということになります。

 

身体は意識と繋がっていて、
宇宙に存在するすべての知恵と
絶えず繋がり、私たちは反応して
いるのです。

量子物理学が導き出した結論は、

「意識、つまり観察する行為」が、

様々な研究の結果にも影響を
及ぼしていることがわかったのです。

つまり、意識が現実を作っている
いうことなんです

ですから、NESをスキャンする時は
クライアントさんに必ず、

「意図してくださいね!って、
お伝えしています。

 

この考えは私がメニューに出している
全ての事にも繋がります。

NESも、MK5も、ボディートークも、
リセット経絡、アロマテラピー、
カウンセリングのあらゆるテクニック、
インテグレートヒーリング(IHキネシオロジー)
音叉やクリスタルボール、

全て施術の私の考え方は、
ホログラフィックであり、量子物理学
の考え無くしては成り立ちません。

カウンセリング一つにしても
宇宙の意識と繋がって
セッションすることは、

エゴの領域の周波数と、
宇宙の領域の周波数を統合させる
事が容易に導かれます。

心身の施術に関しては、
ハートのエネルギーにアクセスして、

問題を明確に意図し、
あとは、動くエネルギーを信頼し、
観察します

 

2014-05-22 20.05.45

こうやって、立会人の様に見守ります

(この子たち、セッションルームの
トイレに立っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NESって?どんなものかチョコット解説

<前回の話の復習です>

本来の健康とは、

肉体と
ボディフィールドと
地球のフィールドの

位置と配列が完全に一致し、
同調されている必要があります。

このクライアントさんに必要だとされた
インフォシューティカルは

以下の表の一番上に記入されている、
BFAと言うインフォシューティカルです。

身体は、垂直軸(重力)と
磁極軸(N極S極)
赤道軸の3つの位置と配列
のどれか一つでも配列不良だと、

ボディフィールドの機能は低下されます。

↑ここが前回までのところ

~~~~~~~~~~~~~~

NESは奥が深い理論で成り立っています。
難しくて簡単に伝える能力が私にはまだ
備わっていないのです。

お聞き苦しいとは思いますが、
「なーんちゃって」感覚で、
通り過ぎてくださいまし。

さて、表に戻りましょう。

2014-08-28 11.55.27

①表のBFAの下、2段目の欄には、
ED5と書いてあります。

このインフォシューティカルは、

血液の健康、特に赤血球と
動脈システム維持、
酸素や老廃物、栄養物、ホルモン、
また情報の運搬や、神経叢内と循環
の維持するものが選ばれました。

キーワードは、
血液の停滞 →
つまり、「流れ」とか「循環」を意味しますね!

もしや、このクライアントさんは、
物ごとの流れに乗れてない

時期かもしれません。

チャレンジしたいのに停滞しちゃってる

とか…思い当たるふしがあるかもしれません。

************

私がNESに共感出来る事の一つに、
発生学(胎生学)の考え方が背景に
あることです。

両親から継承したソースエネルギーによって、
胎児として、最初の命の火花が生じます。

そして、
細胞分裂を開始させ、
次に細胞に情報を伝達します。

この時点では、まだ
物理的な心臓と血液は存在していません。

最初に始まる胎児の
肉体システムは、神経システムです。

神経システムと密接に関係していく
次の段階は、心臓の発達です。

次に肺、胃、筋肉、皮膚、肝臓、腎臓と
言ったように臓器が生まれ、
最後が骨になります。

NESのインフォシューティカルは、
発生学の順番に飲む様に
指定されています。

例えば、ED4とED5がスキャンされた
場合は、

ED4神経システムを先に飲み、
次にED5血液循環
インフォシューティカルを飲みます。

生命に対する尊厳と秩序正しい順列が
こんなところから感じられては来ませんか?

*************

②3段目の
ED15のインフォシューティカルは、

消化酵素と血糖を調整するものです。

炭水化物、たんぱく質、脂肪の消化酵素を
生産する為の膵臓機能を維持してくれます。
ですから、ランゲルハンス島
(インシュリン、グリコーゲン)の内分泌腺活動
と血糖の調節を促します。

消化不良や食欲の喪失、
頭痛、慢性的なウィルスの消失の
手助けになるでしょう。

③最後に
EI11のインフォシューティカルは、

胃経の経絡を表します。

胃と胃の基底部、十二指腸、食道、
血球を生産する骨髄、前頭葉、精巣、
鼠蹊部にアクセスして行きます。

ネガティブなエネルギーやショックは
消化器に毒素を溜め込むとの事ですが、
横隔膜の奥に溜まるとなかなか
解放されるのが大変かもしれません。


感情的な問題としては、

記憶が過度に噴出したり、
脅迫行動、空間認識の不調和が
起きているかもしれません。

つまり、冷静さを欠いたり、
自信が無かったり、
物ごとが善意にとれなかったなら、

EI11のインフォシューティカルは、
それらの感情的エラーを解決
導いてくれるかもしれないですね。

 

_MG_0006

↑ こうやってスキャンするのよ

*************

量子物理学からなされているNESは、
スキャニングをする時に、
実は大切な儀式があるんですよ~


あ~今回は真面目に書いたから
肩凝った
すまね~っす
<次回に続く>