「ううぅ!」って・・あなたオバケなんですか?(その3)

直傳靈氣セミナー前期日程が決まりました。

日程;9月20日金曜日:9時45〜12時45分
日程;9月22日日曜日:10時〜17時

ふるってご参加下さいませ。
詳しくはページの最後の方をご覧下さいませ。

********************

(前回の続き)

以前、Yuちゃんじゃないクライアントさんのセッションで、
深い潜在意識に入った途端、

クライアントさんが突然ソファーからズレるように
床に平伏し、片膝を立て、
胸を抱えてうめき出した事があった。

 

「グググ〜〜。おのれ〜絶対に許さない」

目をギラリとさせている。

(ジャジャジャン。。)

めっちゃ不気味な状況が私の目の前で起きとる。

私のしがない経験ではありますが、
生きている人間より、死んでしまった方達の方が、
余程素直に感じます。

何故なら、それはそれは長い間、
ここに止まり苦しんで来たからこそ、
もう執着を手放す準備が出来ているからなのだ。

ただ、どうやってこの執着を手放して、
行くべき道に行くのか!・・そのやり方がわからないだけで、
ずっとずっと、時間が止まっているようだった。

私は霊能者じゃないので全然混みいった事はわからないが、
生きている人も死んでいる人も
そもそも肉体があるかないかだけで差別するつもりはなく、

セッション中にいらした方(連れて来た霊体も含め)は、
ご縁深き人たちであり、

皆さん苦しみから逃れたく、
本来の自分を求め、覚悟を決めて来てくれているのだから、

私で出来る事はしてあげたいと思っている。

私那旺;
「そっか〜。ずっと長い間ここに居たんだよね。
今、やっと貴方の存在に気付いたよ!」

毎度思うが、その言葉を聞いて、
存在は飛び上がるくらいびっくりする。

(おシッポぴんこぴんこのダダびっくらこいた!)

ここ数百年も現世の人間との接点があるなんて事は
無縁だったし、もはや世の中から忘れられている存在なのだ。

この古井戸を守りながら殺されたこの存在は、
かれこれ数百年は経っているらしい。

自分の存在自体を忘れられた事が更に、
彼の無価値観を刺激するのかもしれない。

このセッションの時は、
私が存在と交渉して光の国に見送らせて貰ったが、
今回はちょっと違ったパターンを試みた。

では、話をYuちゃんのセッションに戻そう。

私はYuちゃんから2メートル位前に一つの椅子を置いた。


私;
「Yuちゃん、この椅子の上にその存在を
みぞおちから出して座らせてあげて。

そして私と同じ様に、存在に気付いた事を
伝えられるかな?」

 

Yuちゃん;
「ハイ、そう伝えたら、本当にびっくりして、
首をもたげています。
私が気付いた事で、
少し和らいだ雰囲気になって来ています。」

私はこの時、古井戸を守っていた存在の
話をYuちゃんに話した。

何故かと言うと、

貴方の目の前に現れている存在は、
嫌がる存在でも、怖がる存在でもなく、
丁寧に大切に扱ってあげて欲しかったからだ。

私は目の前に出した椅子の横に、もう一つ
椅子を置いた。

 

私;
「Yuちゃん、最初は怒っている様に見えたけど、
本当はこの存在は寒くて震えて怖がっているのに
気が付いたよね?

その子の隣に座って、もしYuちゃんが助けて
あげる事が出来るとしたら、
どうしてあげたいかな?」

Yuちゃん;
「この子を抱っこして温めてあげたいです。
そして安心するまで触ってあげます。」

Yuちゃんはその子を隣の椅子から抱き抱え、
自分の手のひらに乗せて、
Yuちゃんは優しいお母さんの様にずっと存在を
見守っていた。

私は同時に二人を見守り、時が経つのを待った。

それから5〜6分くらい経過した頃・・・。

 

Yuちゃん;
「みるみるうちに、砂の様な粒子になって、
サラサラと波形になって消えて行きました。
とても穏やかで静かです。」

 

私;
「今はさっき有ったみぞおちにある怒りや
恐れはどんな感じ?」

 

Yuちゃん;
「全くないです。とても楽です」


私;
「今日のセッションの体験を生かして、自分の感情と
他から預かった感情との違いがわかると良いかもね。

一体になっちゃうと判別は難しいのだけど。

でも、今までに沢山のセッションで自分を磨いて来て、
もし、とんでもなくエグい感情が出て来たとしたら、
少し疑っても良いかもしれない。

時には自分、時には違う存在の物かもしれない。
それにしても生理前の女性って大変だよね。
なんかちょっとした隙に紛れ込まれやすいかもな〜。

血液の汚れを地道に浄化すれば魂も磨かれて、
隙が入らなくなるからね。
勿論、心の浄化をすれば肉体も楽になるけど、
両方大事ね!

肉体と心を結んでいるのが魂だから、
この3つを丁寧に扱ってあげてナンボなんよ!

まぁあんまり過剰に信じなくても良いけどさ〜。」

Yuちゃんにこうやって、
自分で自分の感情を解決出来るんだ!という
体験を私はしてもらいたかったから
本当に良かった。

 

(ふふん。。ちょっと満足感のデカイ態度)

そんなこんなで、セッションなのに、
ちょっとしたスピ講座になっちまいやした〜〜〜〜(笑)

わたしゃ、どんだけスピ講座にお金をかけたか、
もう忘れたいくらいだが、

学んだ事は実戦で役にたった事は殆どなかったな。
と、(愚痴)

やはり実体験こそが最も宝っすよ!

 

<おしまいだけどまだ、テーマ・カタリストには戻れません>

*********************

【直傳靈氣セミナー!やりま〜す】

前期講座の日程が決まりました。

日程;9月20日金曜日:9時45〜12時45分
日程;9月22日日曜日:10時〜17時
講座費用:48,600円
霊気後期(主に性癖治療と遠隔霊気を学びます。)
受講資格:前期修了者
日程;9月28日土曜日:10時から17時
講座費用:43,200円
場所;クオーレテラピーアソシエイツ
コチラです

参加希望の方はご連絡くださいませ。
連絡先:cuore.nao@gmail.com

霊気の詳しい内容はこちらをご覧くださいませ。
コチラです

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

「ううぅ!」って・・あなたオバケなんですか?(その2)

(このお話はクライアントさんYuちゃんとの
やり取りの続きになりますので、
初めてご覧になる方は前々回の記事を手繰って
ご覧くださいませ)

かいつまんで言うと、
生理前になると特にイライラして、
女王様気質が出て来て怒りが止められない
Yuちゃんとのやり取りの続きです。

*****************

私那旺;「あまり人のせいとかにしたくないし、
スピとか霊とかに逃げたくないんだけどさ、
Yuちゃんのその怒りの感情って自分のもの?」

Yuちゃん;
(しばらくじ〜っと考えて)
「う〜〜ん、これは多分私のもの?・・だと思います。

だってこれが私以外の人の感情だなんて、
そんなの変ですもの。
これ、ちゃんと私なので私を変えないとダメなんです」

私;「ふ〜〜ん、そうなんだ!
確かにYuちゃんの感情なのね。。」

そうは言いつつ、私はしぶとくさらに。。。

(う〜ん・・怪しい。と、デカの勘で背後をガン見の私)


私;「ちょいとフォーカスして欲しいのだけど、
みぞおちの辺りだったっけか?
そのプンプン怒っている感情の在処は。

どんな感じの物体がおるん?」


Yuちゃん;
(また慎重にじ〜っと感じるYuちゃん・・・)
「・・・・・・・・・・・・・・・・,,
。。。。。。。。。。。。
もしかしたら、怒っているんじゃないかも。
寒いみたいでブルブル縮こまって震えているみたいな。。」

私;「質問したら答えてくれそうかな?」

Yuちゃん;
「いえ、無理です。小さくうめいている。
Uuuu〜〜〜〜〜〜って。
凄い低い声で」


私;「Yuちゃん、ボイストレーニングしているんだから、
ちょっと真似してみてよ。その声」


Yuちゃん;
「こんな低い声、出せない。
何とも言えない深い苦しい声で・・して・・」


私;「なら、私が真似してみるね!
ゔっゔゔnnnnn〜。。でしょ?」

 

大地が震えるような野太い声を私は出してみた。

 

Yuちゃん;
「那旺さん。それ、それ、そっくりです」

この時私は確信した。
この感情は彼女の物ではないと・・・。
では、それは一体、何物なのか?

以前、Yuちゃんとは違う方のカウンセリングをして、
セッションが佳境に入って来た時、
こんな事があったのを思い出す。

深い潜在意識に入り出した時、
クライアントさんが突然ソファーからズレるように
床に平伏し、片足を立てながら、
胸を抱えてうめき出した事があった。

(グググ〜〜。おのれ〜絶対に許さない)

 

それはそれは低いうめきで、地を這うような声だった。

「コレ妄想じゃない??」
なんて思考を過ぎる隙間もなく、めっちゃ迫力があり、
目の前にある形相はリアルだった。

・・・・その時、私はその存在にこう言った。

私那旺;
「そっか〜。ずっと長い間ここに居たんだよね。
今、やっと貴方の存在に気付いたよ!」

 

<続く>

*********************

【直傳靈氣セミナー!9月にまたやりま〜す】

まだ前期は調整中です。

【霊気後期】

9月28日(土曜日)10:0~17:00(6時間)

料金:43,200円(税込)

場所:クオーレテラピーセッションルーム
(最寄駅:都営浅草線・戸越駅 JR大崎駅 他2駅)

連絡先:cuore.nao@gmail.com

 

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

「ううぅ!」って・・あなたオバケなんですか?(その1)

(テーマ・カタリストからどんどん
離れて行ってます)

これからは、ちょいと為になるかもしれない、
セッションのやり取りを紹介しますね!

Yuちゃんは、
クオーレテラピーのセッションを受けてくれた回数が、
めっちゃ多いクライアントさん。

かつての心の闇らしいものはどこへ行ったのか!
・・・・・・・・激変を遂げた。

私;「いまだに月1〜2度セッションに来るのは何故なん?
セッションを受けるのが趣味になっちゃったの?」

と聞くと、セッションを受けるたびに
どんどん幸せになっていく感覚が
嬉しくてやめられないという。

確かに、私個人的には一生涯自分を見つめ続ける
人間でありたいと思っている。
魂の成長は尽きないからなのだ。

私;「悩みなんてもうないっしょ?」

と聞くと、

Yuちゃん;「あります。ちゃんとあります!」という。

私;「でも、昔とは考えられないくらい、
幸せでしょうがないって言っていたじゃん。
無理くり悩みを探していませんか?」

Yuちゃん;「でも、ググッと苦しくなって、
もう死んじゃうかもって感じなんです。」

私;「また〜。冗談言っちゃって。
一応聞くけど、却下するかもしれないよ!」

・・・
もう長い付き合いなので、
毒舌も愛情交換の一つになっとる。
それくらい愛い奴なのだ。

(良い子、良い子。大丈夫だよ〜)

 

あんな悪魔ちゃんみたいな性格だった彼女が、
今は天使に移行している。
その努力は私が一番よく知っている。

セッションでブーたれ・・ふて腐れ・・、
どれだけの悲しみと癒しの涙を流したことか。
ずっと私は彼女の変遷と共にいた。

 

(ほうら、あっちが貴方が向かう道だよ!)

Yuちゃん;
「もう本当に嫌になっちゃうんです。
あんなに悪魔の私が、こんなに幸せで良いんだろうか
ってくらいに、人にも旦那にも優しくなり、

前だったら対処出来なかった事が難なく出来るし、
色んなものに感謝ができるようになり、

何にも文句をいう事なんて無くなって来たかと
思っていたのに・・・・、

また、女王様気質が出て来て、
旦那が私の言うことを聞かないと謝るまで
許せないんです。

昨日は旦那さんと始めはじゃれていたけど、
私の支配に屈しないと、だんだん腹が立って来て、

そのうち旦那は寝室に逃げちゃって・・。
翌朝、旦那が私の機嫌を見て、
可愛い態度をして来たから許してあげたけど・・、

なんでこんなになっちゃうのかわかんない。
怒りが止められない!」

私;「まだ子供なんだね〜。
3歳児は暴れまくるからね、自分の思い通りにならないと。

それにしても、Yuちゃんの持ってくる課題(悩み)を、
最近はあまり真剣に取り合わないじゃない?
だって、もう悩みと繋がる感情や原因は殆ど見て来たから
あまり残っていないんじゃないかしらね。

でもなんだかんだ言って、
最終的には予想外に良いセッションに繋がっちゃうんだから、
Yuちゃんの感覚は侮れないんだよね。」

Yuちゃん;
「そうですよね!だからお願いします。

特に生理前なんて、イライラして凄いんです」

私;「そうね〜。女性は大変ね。
血が荒れるって困るよね!
・・・えっ!血が荒れる???

そっか!Yuちゃんのその時の感覚、
・・・・・・・・私が今受け取ったわ。
なるほど・・こういう感覚なのか。
(この時、Yuちゃんの感覚を私は共感し出した)

わかるな〜〜〜。これじゃマジで、イラつくね!

あれれ、この感覚って、私・・、
小6の頃を
思い出した。

お裁縫をしている母親に何故か理由もなく急にムカついて、
難癖つけて、母親を無理くり怒らそうとしたことが
あったな〜。

で、何が何でも怒らせたくなって、
ちゅうか、母親から怒られて、
その結果私がブチギレるというきっかけを作りたかったんだ。

ちょっかい出したんだけど、全然相手にしてくれなくて、
お裁縫している母の手元にふきんを投げつけて、
母親が優しく投げ返したのを、

「ほうら見ろ!私に反撃した!」って激怒して
そのまま家出をしたあの時の、意味不明な行動。

3月の夜中。寒かったな。
結局、帰るに帰れなくて、

庭にお風呂場のスノコを敷いて、

新聞紙をミイラみたいに巻いて暖をとり、
寝てはみたけど、寒すぎて耐えられなくて、
1時過ぎに静かに玄関を開けて帰った事があるんだ。

・・それ聞いてどう思う?」

Yuちゃん;
「それそれ!似てます。私の怒りの感覚と」

私;「あまり人のせいとかにしたくないし、
スピとか霊とかに逃げたくないんだけどさ、
Yuちゃんのその怒りの感情って自分のもの?」

Yuちゃん;
(しばらく考えて)
「う〜〜ん、これは多分私のもの?・・だと思います。」

私;「ふ〜〜ん、そうなんだ!
Yuちゃんの感情なのね。。」

でも私はしぶとくさらに。。。

<続く>

*********************

【直傳靈氣セミナー!9月にまたやりま〜す】

まだ調整中なので、日にちのご希望があれば、
ご連絡くださいませ。
連絡先:cuore.nao@gmail.com

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

カタリストってマイナスイオン:ソマチット?(その12・核心に入れるか!)

 

こんなニョロニョロが、
枕を退かした下に、現れた〜。

 

(この方、だぁれ?)

ヤモリだかタモリだかトカゲだか
どなた様だか全然分からないけど、

 

これ、ゴムだわ!

 

何故なら黒色じゃないコイツは、
オモチャじゃんけ!

私をビックリさせようと。
イタズラされたのだと直ぐに気づき、

「も〜、こんなイタズラをするのは・・誰??」

 

おっとっとっと・・

アレアレ?

 

文句を呟いた後に、

「あれれ?犯人って・・誰だっけか?」

家には誰もイタズラする人なんて・・、
一人もいやしない(ワシは単身どぅえす)

どういう回路が走ってそう思ったんやろか?

①ヤモリ、イモリ、トカゲは黒いもので、
薄い茶色って〜のは、つまりゴム製品だ!→

②ゴムの爬虫類オモチャで私をビックリさせた奴が居る!って・・、
私が描いた犯人は一体どこの誰だったのだろうか?→

③多分小さい頃の次男が
イタズラしたと思い込んだんだ〜。

   

 

お〜こわ。ブルブル。。

私の頭は時間も空間もめちゃくちゃに
なっちまった。

今となったら183センチの身長となった大人の次男が、
頭の中では、一瞬、幼稚園の子供に変わっていた。
(頭、大丈夫かな?うん、大丈夫じゃないね!)

それにしても、スマホのシャッターが鳴ったら、
ゴムみたいなコヤツは、

べットの裏の床に、

ペタッ

という爬虫類独特の音をさせて、
シュルシュルと消えてしまった。

嫌だな〜、寝ている間に顔の上に乗られたり、
口の中に入ってきたら、

きっとビックリするだろうな〜。

(変な味、・・しないといいな〜。ゲロペッペ。←全て妄想)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(前回からの続き)

私は私の中に内在する、
自己破壊プログラムのお陰で、

「苦労してこそ魂を進化させるものだ!」

という固定観念が住み着いてはいたが、

しかしそのもっと深い潜在意識の底には、
理解し難い契約みたいなものが隠れていた。

「何が何でも今回限りで魂を急成長させねば
ならない」

という、

火山が噴火するかの如く、
私の狂気を誘発する抑え難い「魂の約束」
・・・・みたいなものが有った!!

と断定したのなら、私は心底納得できるのだ。
(これが後付けの理由だと誰かに言われたとしても)

私は、

私が生まれて来る前に観たビジョンを思い出した!

・・・と言っても只の妄想としか言えない。

【カナダへ音叉のお勉強に行った去年に、「サンとSedna」の惑星の
周波数の和音を聞いた途端に、突然ヘビーな前世を思い出し、
それからというもの、カナダに滞在した9日間の殆どが眠れたことはなかった。

そんな訳で、時間や空間の感覚がちょろっと変になっちまったのだ。
ヤバ過ぎる前世の話は気が向いたら書きます。

ちゅうかカナダの帰りの飛行機の中でゲロ泣きしながら、
70%位は書いた気がする。
でも、その続きを再度見たくなくて今は放置しています。

「サンとSedna」音叉のハーモニー、お茶会が有ったら
お聞かせしま〜す】

 

話は戻って、私が生まれて来る前に観たビジョン
なんて勿論証拠を示すことが出来ない。

只、高いところから地球の未来を観て、

「これは・・マズイ!!」

と危機感を感じ、
心に激痛を走らせた感覚がある。

子供の頃からこの日本国がたまらなく愛しかった。
そんな子供ってそんなにいるだろうか??

この妄想みたいな話は、
これもお茶会(イツやるんだよ??)
が有った時でもお話しする事として、

私は魂の成長を急がせる衣(肉体)を手に入れ、
その衣の袖を振り、
光の粒子を注ぐ仕事をする事を既に知っていた。

それを成すには精神的&社会的な自立をすることが
必須だった。

別れた旦那さんは私を批判するような
事は一度も言ったことは無かったが、

別れる話になった時に言われたことがある。

「私はあなたの父親でもなんでもない!」
・・・と。

その時、あぁ、私はこの頼りになる尊敬すべき人を、
兄と慕い、父だと勘違いしていたんだなぁって、
気づいたことがある。

今だから分かる事だが、私はちっとも自立していなかった。

ここまで私のプライベートを公開して、
何を言いたいか分かりますか?

あなたが本当に魂の成長をしたいのであれば、

親となるもの(安定)から離れ(自立)しなければなりません。

 

(安定した親元を離れるのは、オラ怖いんじゃ)

 

あぁ〜〜〜こで、いいのか!
妙な話に展開して行ってるな〜。

<続く>

*********************

【直傳靈氣セミナー!9月にまたやりま〜す】

まだ調整中なので、日にちのご希望があれば、
ご連絡くださいませ。
連絡先:cuore.nao@gmail.com

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************

 

ゴリラ君からビリーフを知る

今日もカウンセラーらしいブログに
いたしました〜。

前回はゴリラの夢見た話から
後日談まで辿り着きました。

※ここから見た方は、前回のブログを御覧
になってくださいね!

ゴリラ君の彼女である
(金属っぽい目がつり上がっている)
メスゴリラは彼を迎えに来たようで、

メスゴリラ:
「あんた、私から逃げられると思ってんの!」

と、私の家で居候をしていたゴリラ君は
首根っこを掴まれて何にも言い返すことなく、
帰って行った。

そんな話でしたね〜。

 

ゴリラ君は、どうも

「いい子じゃないといけない。」

「いい子じゃないと愛されない。」

と言うビリーフ
(子供の時につけてしまった思い込み・信念)
を作ってしまった様だ。

ゴリラ君の子供の頃は、
親にとっての都合の良い子になり、
親が死んでもそれは変わらず、

あとは配役を変えてメスゴリラの
都合の良い人になってしまう。

そこから逃れようとしても、
どうしてもその通りの人生を選択してしまう。

ビリーフとは絶対にハズレる事がない、

占いのようなもの。(呪いとも言える)

(待ち人来らずだと??)

 

では、なんでゴリラ君は

「いい子じゃないといけない。」

「いい子じゃないと愛されない。」

と思ってしまったのでしょうか?

反対に言うと、
「親にとっての都合の悪い子だとしたら、
嫌われて捨てられてしまう」

と思って安心感は決して得られなくなります。

「親をガッカリさせて、
親が不幸になったら自分は生きていけない」

など、

何れにしても恐怖はつのり、安心の場は
与えられない。

子供にとっては、
生存することさえままならないと思い込んで
しまうものなのだ。

そんな親の反応を見て、
辛い思いをするくらいなら、
親の思い通りの良い子になるしか方法はないと
諦めてしまう。

肉体的な暴力を与える親もいれば
精神的な苦痛を与える親もいる。

しかしビリーフをわからなくさせるのは、
親に対して「かわいそう」と子供に思わせるのも
このビリーフに大いに加担している。

(これ、演技です。騙されてはいけませぬ)

 

そう言う環境で育った子供は、
子供らしく振舞ったりは出来ない。

ワガママを言ったり、甘えたり、ふざけたり、
ストを起こしたりする様な行動は自然と出来なくなる。

そもそも子供って、自分だけが王様だと
思っているのが普通なのだ。

しかしそれがいつしかまかり通らない事もあると、
徐々に学んで行き、社会性を身に付けていく。

だが親が未熟であると、

その移行期(反抗期)に上手く乗り切れない。

実際私の子育ての時はビリーフなんてものが
あるなんて、一切知らなかったから・・・と、
(あ〜息子よ〜ごめんくさい)

(少しやつれたふり)

特にこのビリーフは長男や長女に多い
ビリーフです。

親が我が子に「子どもらしくあることを許さない」
状況で刷り込まれるのが

《子どもであってはいけない》

と言うビリーフです。

長男長女さん、よく耳をかっぽじって
聞いて下さいまし。

ちなみに3人姉妹の末っ子である
私には縁遠いビリーフかと思いきや、
何故か持っておりました〜。

でも私のウチの長女はこのままの通りの人生を
生きております。

【刷り込みの場面】

  • 親のしつけが厳しかった
  • 両親とも真面目で、いつもきちっとした人だった
  • 親から過度な期待をかけられた
  • 親から「あなたはお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから」と言われて、甘えさせてもらえなかった
  • 親から「泣くのは赤ちゃんだけよ」等と言われ、子どもっぽい振る舞いを許されなかった
  • 自由や楽しみ、子どもらしい活動を禁止されていた
  • いつも「良い子」を演じることで、親から愛されようとした
  • 子どもの頃に父親を亡くし、「自分がしっかりしなくては」「自分が残りの家族の面倒を見よう」と決断した
  • 両親のケンカが絶えず、それを見るたびに「自分が何とかしなければ」と思っていた
  • いつも親が大変そう(忙しそう)にしていて、「自分だけ遊んではいけない」「自分もシッカリしなければ」と決断した
  • うつ状態の親を喜ばせようとしたり、子どもの頃から親の感情の面倒をみて、「自分が親を幸せにしてあげよう」と決断した
  • 性的、肉体的虐待を受けたときに、「子どもだからこんな風に虐げられたんだ」と思い込んだ

《子どもであってはいけない》のタイプ

人に甘えることや人に頼ること、
わがままであることや自分の気持ちを
優先することを我慢して、
自分よりも他人(の気持ち)を優先しようとする。

誰からも気に入られたいという気持ちが強く、
常に「いい子」や「良い人」であろうとする。

人の面倒見が非常によく、
可愛そうな立場の人に対して
過度に共感的、同情的である。

まれではあるが、心の中で感じている
「良い子でなければならない」という
不自由な感覚に抵抗して、

あえて反抗的であったり、
過剰に自由に振舞おうとする者もいる。

  • 「ああしろ」「こうしろ」と、人に対して指示的、支配的になってしまう(親的な立場を取りたがる)
  • 何でも率先してやらなければ気がすまない
  • 本当は自分が面倒を見て欲しいのに、人の面倒をみる役回りになってしまう
  • かわいそうな人に過度に共感的で、同情的(カウンセラー、セラピスト、医師、看護師、福祉関係者等)
  • 誰からも気に入られたい気持ちが強く、人からどう思われるかが気になる
  • 人に気を使いすぎる
  • 誰に対しても常に「いい子」「良い人」であろうとする
  • 人に合わせて本心でないことを言ってしまう
  • わがままを言えない
  • 人に甘えられない
  • 感情表現が苦手で、喜怒哀楽の感情を自然に表現できない
  • 「欲しい/いらない」「好き/嫌い」といった意思表示ができない
  • 人前ではしゃげない
  • 子どもや子どもっぽい人が苦手で、見ているとイライラする
  • パニック症(広場恐怖、パニック発作、予期不安)
  • 全般性不安障害
  • 対人恐怖症

どうですか〜?
当てはまりまくりましたでしょうか?

このビリーフが原因で人生を小さくさせている方は、
是非クオーレテラピーアソシエイツ
セッションを期待してくださいませ。

(また次回までお元気で〜)

*********************

<お茶会のお知らせ>

★来年1月18日金曜日と19日土曜日14時に
お茶会開催する予定です。

★12月25日クリスマスに募集させてもらいます。
(またまたちっこい規模のお茶会を
希望していますので宜しくです)

*********************

<セッションのお申し込み>

こちらの→おまかせコースをオススメします。
あなただけの特別なコーディネートをさせて
貰います。

初めてお申し込みの方は、
2時間のプレミアムおまかせコース以上の
セッションをお勧めしています。

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************