ニューヨークにて・IHキネシオロジー(完結編)

 

(前回から続けてます)

IHキネシオロジーの最年少の
プラクティショナーは9歳。

9歳の子がIHキネシオロジーで、
素晴らしいセッションをしたと
創始者マチルダから聞いた。

そして、

私が1月に再受講を受けた時に、
こんな事を聞いちゃいました。

モジュール2(基礎編)迄しか受けてない人で、
しかも20分の短縮セッションをしただけなのに、

アトピーの人を治しちゃった話を、

隣に居合せたプラクティショナーご本人が
言っていた。。。

 

 ちゅうことはじゃな〜・・

 

たくさんの知識がなくても、
短いセッションであろうとも、

起こるべき何かが起きているって
ことなんだよね〜。

 

IMG_2101

(キュートでしょ?マチルダです)

 

それはそうと、

NYで学んだ
典子さんの上級IHキネシオロジーは、
それとは逆のことが起きている。

 

NYの講座では、

たくさんの情報を表面化させ、
そのため、セッション時間はかなり長い。

 

そして数個ものプロトコルを選び、
調整していく。

(ちなみにマチルダは1つのプロトコル
しか選ばない。)

 

情報とはグランディング、
チャクラ、脳の活性、DNA、
女性性や男性性、原始反射などなど
他にもいっぱい。。

その時その時で、
様々な感情・年齢遡行においても
数多くの情報を拾っていく。

 

典子さんの、
どこまでも追及し続ける姿勢は、
伝統芸能の職人の様だ。

 

典子さんは、
自分なりにIHキネシオロジーを
研究してきた結果、

彼女の中で最良のやり方を生み出した。

 

その手法を自分の中で抱えることなく、
太っ腹で私たちに提供してくれた。

これって、凄いことです。

 

典子さん:
「これは典子流(私)のやり方であって、

お教えしても使うかどうか
選択するのは、もちろんあなたたちです。

使えるものは自由に使ってください」

とおっしゃった。

 

確かに、典子流セッションをすると、

いろんな情報を提起することによって、

見えない何かが立体的に見えてくる
感じがするんですね。

 

問題がより立体的に浮き彫りになると、
時間と空間を目の前にパッケージ化して
いるのがより明瞭にわかるんです。

 

う〜ん、表現が難しいが、
立体が立体を生んでいるみたいな〜、

 

NYから帰って、NYの同胞と
典子流のIHをしてみたところ、

セッションを終えてから、
しばらくの間、
じ〜っと天を拝んでしまった。

 

なにやら、情報を統合するのに
時間がかかっとる感じです。

 

頭の上方50〜60センチ位の所で、
情報をダウンロードしていたり、
削除していたり、・・と・・。。

 

よくわかんなけど、
コンピューターがデーターを
整理してくれているみたいで、

不思議なことが起こっている。

ここまでくると、人智を超えすぎて
も〜考えたくありません。
やった感、やられた感、
幸せ感が。。じわ〜と昇ってくる。
(残尿感なし

 

ねむねむ

(フニャフニャ。とろけちゃう

 

クオーレテラピーアソシエイツの
セラピーに、

NESプロビジョンという量子力学を
採用したエネルギー療法があります。

それは、2秒間スキャンしただけで、
オーラやチャクラ、肉体、細胞、脳、
トラウマ、感情などの

あらゆるものを検知し、明確に
見せてくれる。

 

そして、スキャン結果によって、
インフォシューティカルという
情報を転写されたレメディーのボトル
をNESが選び、

1ヶ月近く飲んでもらうわけですが、

NESの選ぶインフォシューティカルは、
最初のスキャンの時は、
グランディングの軸を整えたり、
肉体レベルを整えるものをお出します。

というのは、軸がズレていたり、
極性が歪んでいたり、
または肉体レベルが整っていないと、

その先の微細な調整ができないと
NESは言っているんですね。

 

何を言いたいかというと、
典子さんが私の最初のセッションで
していたことが、

この理屈に近い気がするのね。

 

私は、
「グランディング力が低い」とか、
「チャクラの開き具合がどうの」とか、

「何で、そんなことを言われなきゃなら
ないんだろう」

って、頭をかすりましたが、

でもよくよく考えると、

深くて微細な所へ入っていくためには、
肉体レベルの粗い波動の情報から集め、

さらに、奥に奥にと入っていく。。

といったプロセスが
必要なんだということが。

 

かといって、マチルダの言うように
「それをしなくても起きることが
ちゃんと起きる」ことも理解できる。

 

だって、IHの醍醐味は、
ホログラムにセッティングされた中で、
セッションが勝手に進めるように

なっているんだもんね〜。

「マチルダ、こんな素敵すぎる
情報を宇宙から降ろしてくれて、

そして教えてくれてありがとう

 

いずれにせよ、

典子さんは、私たちが
プロ意識をしっかり持った
IHプラテクショナーになるために、

たくさんの情報を提供し、
貢献してくれているのだなぁ
と思いました。
(これはあくまでも私の想像ですが)

 

マチルダと典子さんの2つの方法を
見れて良かった。

 

結果、
私には私にしかできない
IHキネシオロジーがあるはずです。

 

それを見つけるために、
「今後もセッションをやっていける!」
って思えたのは、

ニューヨークに行った
成果だと思うのね。

 

もっと、書くことがある
気もするけど、

ニューヨーク自体が、
何年も前の記憶の様に
感じています。

 

あっ!最後に、
典子さんのパートナーの
オサムさんって、

なかなかのアーティストさんでした。

 

楽器

(フルート使いのオサムちゃん)

 

おさむさんが作曲し演奏しとる
リンク CDも買っちゃいました。

 

おさむさんのCDを聞くと、
リンパの流れが良くなる体感が
ありますよ〜。

凄いっすね!

 

オサムさんと交換セッションを
させてもらったところ、

IHキネシオロジーでは、
出てきた問題を調整する為に
キネシで選ばれたヒーリングをするのですが、

 

な〜〜〜ななんとですよ〜、

フルートを
吹いてくれたのでした。

ナント粋な事をやってくれはるお方。

 

頭の上から生フルートが、

ひらひらりん

降りてくる・・・降りてくる

 

ドッキリポンです。

 

どき

(あっはん、甘い調べやな〜腹減った)

 

典子さん、この音色
ぐぐ惚れたんだろうな〜。

 

へへへぃ!!

 

今日からハワイ島にて、
お二人に再会します。

フィボナッチ音叉のお勉強・・、
もう間もなくですわぃ。

 

では、

(ニューヨークにて・IHキネシオロジー
おしまい)

 

長い間、中途半端にしていたテーマを、
最後まで読んでくれてありがとう。

次回は「ハワイにて」のテーマになるかなぁ顔

 

 

ニューヨークにて・IHキネシオロジー16

 

1月にIHキネシオロジー創始者
である、マチルダのセミナーを
再受講しました。

ここで改めてシンプルであるが故の
IHの醍醐味を確認した。

私は、マチルダにこう質問しました。

 

「マチルダのいうシンプルさって、
いったい何をもって言われているの?」

 

今回数年ぶりに再受講したけど、
一回目に受講した時も再受講の時も
マチルダが話していることって、
ほとんど変わっていないのね〜。

講座内で説明する例え話さえも、
前回とほとんど一緒だった気がする。

 

聞く

(それ、前にも聞きましたでちゅ)

 

 

でも。。同じ様に聞こえるけど、
認識できる奥行きが違ってきている。

やはりその後の経験が私を成長させて
くれているのがわかる。

 

マチルダから発信されている
エネルギーそのものが、

「愛」で満たされていて、
近くにいるだけで癒しが起こる。

 

IMG_2099

(ワォ〜おっぱいボヨヨ〜ん

 

さて、質問の答えですが、
マチルダはこう言いました。

「私が教えた生徒の中で、最少年齢は
9歳です。

その子のセッションは、とても
素晴らしい結果を出しました。

知識がなくても、理解が乏しくても、
IHキネシオロジーでセッティング
されたホログラムの中では、

起こるヒーリングの可能性は
計り知れないものです」

 

さらに、
「その人の情報を必要以上に
知ろうとすることは、

私たちのエゴから起こることです。

あとは宇宙にお任せすれば、
ちゃんとやってくれる
のですから、
シンプルでいいんです」

 

言葉の通り、
マチルダのするセッションは、
およそ45分で終わると聞いています。

 

はや

「わぉ〜!!高速で手が消えてもうた」

 

IHキネシオロジーの学びは、
全過程でモジュール1〜4まであります。

今回、講座内で初めて知り会った方と
雑談をした時のことです。

彼女は、
モジュール1,2を受けたのは、
IHキネシオロジーが日本に初めて
来た時(8年位前?)の1期生で、

それから何年も経ってから
今回モジュール3〜4を受けに来ました。

 

モジュール3の内容はボディーで、
モジュール4はマインド、
それぞれに特化したカリキュラムです。

ですから、
それまでの期間、
彼女はモジュール1と2までの内容で、
セッションをしていた訳です。

 

そもそも、モジュール2までの内容が
充実しているものだから、

モジュール3〜4が出来なくても
セッションをやる上で問題はないんです。

 

ただし、
マインドとボディーに焦点を当てた
セッションをするには、
知っている方が便利かもしれません。

 

彼女は時間があまりない方で、
セッションする時はだいたい、

ちょっとした、
ミニセッションをしているらしいんです。

その時間と言ったら約20〜30分。

 

彼女:
「ちょっと通りすがり程度の
知り合った人がいてね、
その人、アトピーで辛そうにしていて、
20分くらいかな〜、

短縮バージョンのセッションを
してあげたんだけど、

そのセッションで治っちゃったのね。

その人は色んな治療やセッションを
受けていたけれど、どこへ行っても
治らなかったって言ってたわ。

不思議だよね?IHって。。。

 

それを聞いて、マチルダの言う

9歳の子が結果を出すセッションをした
という話の信憑性が増してくる。

 

モジュール2迄しか受けてなくて、
しかも短縮バージョンのセッションで、

そんな凄い結果を出す?????

 

って。。どういうことや?

 

たくさんのことを知っていなくとも、
短いセッションであろうとも、

起こるべき何かが起きているって
ことなんだよね〜。

 

それはそうと、

NYで学んだ
典子さんの上級IHキネシオロジーは、
それとは逆のことが起きている。

 

 

私は、これをどう捉えればいいの
だろうか〜〜〜。

 

(次回最終回)

 

ニューヨークにて・IHキネシオロジー15

 

さぁ、
そろそろIHキネシオロジー in NYの
テーマも終わりそうです。

 

典子さんには学びの
深いセッションや講座を体験させて
頂きました。

 

ありがとう

(4時間(ワンセッションでですよ)
もセッションしてもらった、ごろにゃん)

 

講座についても、
たくさんの資料を惜しみなく
分けて貰い有難かったです。

 

凄い集中力も見ちゃいました〜。

 

創始者マチルダのIHキネシとは
対極のキネシオロジーと
見ました。

 

images-7

(似ているようで似てないけど。。
あ〜んでも私達って仲良しね)

 

それぞれ個性というものが
はっきり現れていて、

逆に変容の可能性を認めている
IHキネシの器の広さを、
改めて感じることができました。

 

 

典子さんのセッションで、
グルテンアレルギーが
情報として上がったのですが、

それより他に優先して調整して頂くことが
あった為に、

セッション内では出来なかった
んですね〜。

で、それを典子さんが気にかけて
くださって、

講座内の

「交換セッションで、
テーマとしてあげて貰うといいです
よ」と、言ってくれたので、

早速やってもらったところ、
とても調子が良くなりました。

 

その後、内臓の数値が
かなりいい感じになっています。

なんで数値がわかるかというと、

クオーレテラピーでは、
「MK5」というロシアの軍事が
開発した音波治療機器があり、

それによると、
細かなデータが未病のうちから
わかる様に、数値のよって
スキャン結果が出てきます。

 

病名も出てきますが、
お客様には、医者ではない私から、
言えないことになっています。

しかし自分の病名は、認識できています。

それは胆嚢に関する病気なんです。

 

その数値が、交換セッション後に、
かなり良くなっているんですね。

 

テーマはグルテンアレルギーだけで
なく、胆嚢や肝臓などの臓器の
調整も扱ってもらいました。

調整としては、
内臓のボディ音叉を7〜8種類ほど使い、
パートナーの方は、

かなり丁寧に調整してくれました。

 

音叉をしただけで、肝臓付近の
何か重たいものが、
スッと抜けた気がしました。

 

IHキネシも、そして音叉も、
とんでもない凄いツールで
あることは、

今更だけど体感できたので
めっちゃ嬉しいのだ。

そのお陰でボディ音叉は
20万円以上するけれど、

思い切って買ってしまいました〜。

また、続々とお金が飛んで
行ったじょ。

「お〜ぃ、お金ちゃん。また帰ってこいよー、

大好きなお金ちゃん

あんさんのことは、

ごっつう愛しとるからね〜。」

 

 

私は先月にIHキネシオロジー創始者
である、マチルダのセミナーを
再受講しました。

改めてシンプルであるが故の
IHの素晴らしさを確認しました。

 

その時に、気づいたことは・・、

ちゅうか、考えさせられることが
あったんです。

(続きはまた次回。最終回です)

 

 

ニューヨークにて・IHキネシオロジー14

 

IHキネシオロジーのセッションで、

霊とのエネルギーコードを
切って頂いたものの、
実はそんなに甘くはなかった。

 

 

照れる

(あれ・・まぁ。かなちぃです

 

その後、講座内の練習交換セッション
で、浄霊(霊的エネルギーを切り離す)
をして貰ったが、
私は、半端ないパワーで霊に
包囲されているみたいなのだ〜。

 

そもそも私は霊的には比較的
強い方だと思います。

それなりに学びもしてきたし、
(させられてきた??かも)

対処できる体質のはずだが、

今回はそんなレベル
じゃないみたいっす。

同室の友人も結構
そちらの方面は長けているが、
(そちらの方面っちゅうのも変ですが)

もう既に、咳き込んで喘息状態。
フラフラです。

 

しか〜〜〜し、

 

私は本当に運がある

 

瞑想

(南無大師遍照金剛〜あんがと)

 

NYに旅立つ少し前に、
陰陽道&密教の達人とやらを、

知人から紹介されていた。
NYから帰国後の翌日に、

その陰陽師さんと
たまたまお会いする約束に
なっていたのだ。

 

陰陽師さんから、磐笛を
見せていただくために、

まだ一度もお会いしたことのない
その方に、

NYに行く前から、
帰ってきた翌日にお会いする
約束をしていたのは

本当に不思議な話だ。

 

(宇宙的には既にシナリオが出来て
いたんやろか??
私ってなんだかそれに

乗らされていた気もするぜぃ)

 

で、結局、陰陽師さんに
浄霊をして頂くことになりました。
浄霊は、
その道の実力者でもかなり手を焼いて
おられたようで、

鼻水と涙をじゃんじゃん流されて、
終わった後はくたくたになっている
ご様子。

 

陰陽師:
「300年も前からの黒人系の

霊たちです。」

 

やっぱし!!思っていた通り、
物凄い数だと
おっしゃっていました。

 

それにしても、
信じられないアホなことを
私はしていたのだ。
私はNYの宿の鍵を、
うっかり日本に持って帰って
来てしまったのだ。

 

成田空港に到着してから、
バックのポケットになんと、

お化け部屋の鍵があるではないか!
その鍵を発見したときに、
私は卒倒しそうになりました顔

 

「も〜あんさんたちったら、
日本まで着いてきちゃあかんでしょ〜顔

 

行列

(あららららららら〜〜)

 

「もう大丈夫だよ。ちゃ〜んと
楽チンなところに行く準備が出来たね。」

 

結局のところ、彼らを日本にまで
お招きし、
浄霊を最後までさせてもらった
という事になるのよね〜。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

いつもの飲み仲間と
焼き鳥屋さんでの後日談です。

飲み仲間は、
霊とコネクトできちゃう社長です。

 

IMG_2023 (1)

(この人、社長です。オシャレさんでしょ?
髪の毛あったらな〜。。オシイ顔

 

NYのお化け部屋の話をした途端、
社長はその部屋にアクセスして
しまった。

 

社長は突然、焼酎片手に脂汗をかいて、

社長:「あんた、何でそんなところに
泊まったんや。

お〜、ゾゾゾ。おそろし〜。
臭っ!。腐った臭いがする。

ホコリ・・、すごい。ゴホゴホ。。

うぅ、死んでまうわ。」

 
その後、社長はいつも通り
リーディングモードに入った。
酔が程よく回ると、社長の中に、
何か変なものが入るみたい。

 

社長:「アメリカにいる黒人の霊は、
アメリカ人では浄霊は出来ない。

できるのは日本人のみであり、
その数、1億体だ」

とか。社長は言っている。

 

そもそもそんなに人口っているの?

っと思ったが、300年も前から存在
している霊の数を換算したら、

嘘とは言えないだろう。

いずれにせよ、

典子さんとおさむさん、
そして典子さんの集めて
くれた日本人IHセラピスト。


陰陽師さんによって、
無事ミッションを果たしました。

「えっ??

そんなことのために
私は大金払って、死に損なってまで
NYに行ったの?ちゃうでしょ?」

 

っと、社長に話したら、

 

 
社長:「あんた、よくやった!
そのうちいいことあるよ!」

 

 

だとさ。。

 

 

 

(続く)

 

ニューヨークにて・IHキネシオロジー13

典子さんのレポートの中に、

 

<霊とのエネルギーコード>
やる気がない、社会への失望、
むなしさ、混乱している、孤独感

 

ちゅうのがありましたね。

 

ニューヨークにて・IHキネシオロジー⑩に
細かなレポートが載っています。

 

典子さんは私を初日に
見た時から、

 

ぎょぎょぎょっ顔と、
何か不穏な気配を
感じていたそうな。

 

で、セッションを進めるに従って、

私が毎日眠れないことを訴え、
出てきた答えは、
お化け部屋の霊的エネルギーコード
を切ってもらうことになりました〜。

 

キネシオロジーのセッションレポートに
書かれていたように、NYに来てからと
いうもの、
まさに私は、

 

やる気がない、社会への失望、
むなしさ、混乱している、孤独感

 

にマインドがはまりきって
いました。

 

何故だか意味もなく黒人に
対する憂いの感情が抜け出れない。

 

「白人のエゴによって、
黒人を奴隷として
アメリカへ連れてきて、

 

未だに人種差別をしているから、

 

黒人が罪なことを
するんだ!」

 

って、
ずっと思いつめて、
悲しいのと怒っているのと・・、
この感情は私であって私じゃない。
しかしどっぷりと浸かってしまうと、

 

自分の心が中心線におれなくなります。

 

こんなことを日々考えているから、
宿泊先に黒人系の霊たちが
どんどん口コミで増えてくるのじゃ〜。

 

このパターン前にもあったよね?

 

中国大連に行った時も、
第二次世界大戦時における、
大量の霊を引き連れてきてしまった私。

 

この話は、テーマ「霊能者シリーズ」
をご覧いただくと出てきます。

 

霊って、噂が広がるのが
素早いみたいなんです。
(昔、キョンシーって映画が
あったけど、あんな感じかな〜)

 

ってな訳で、最終的には
 IHキネシオロジーの調整として、
音叉とクリスタルボールを使い、
お部屋の浄化のためのヒーリング
をして頂きました。

 

お陰様でその晩は
熟睡できたのでした。
(やっぱり、IHってすっごいね)

 

 

ドッキリ

(だがのぅところがどっこいだど〜ん)

 
でも、それほど今回の霊さんたちは
甘くはおへんでした。(がっくし

 

予定通り、典子さんに3回、
おさむさんから3回のセッションを
受け終わり、

その後、
典子さんの上級講座が始まりました。

 

講座を学んでは、
参加者同士で練習をしあいます。

ところが、

私のセッションを始めた途端に、
練習相手の彼女が咳き込み始め、
すぐに具合が悪くなってもうた。

 

それでも、IHキネシも上級編の
学びをしているプロさんなので、
負けずに踏ん張ってくれとる。

 

途中で自分で自分の調整をしながら
なんとか立ち直ってくれた。

(すまんのう、私がこんなんで

 

私が連れて来ちゃったこの霊たちは、
IH典子グループにより、

みんなで分割して
対処せにゃあかんのね。

他人事みたいですまんのだが、
私だって、今回は手を焼いているのだ。

 

だって、毎日あの部屋で寝にゃぁ
ならぬのよ。
(寝る時くらい、まともな居場所が
欲しかった)

 

今は、生きているだけでも、
偉いかもしれんのよ〜。

 

典子さんが集めてくれた
上級講座の皆さん、本当に
お世話になっております。

 
(皆さん、そういう意味でも選りすぐり
なんじゃろうな〜)

 

(続く)