魔法学校シリーズ30・命を守る大切なもの

 

4日ぶりの食事とお風呂にありつけて、
後はバスに揺られて帰るだけ

と、ホッとしたところで、
やっぱり、そうはイカない・魔法学校。

 

バカボンおまわりさん

 

バンバンバン
逃げる奴は、逮捕するのだ

 

最後の最後まで期待を裏切らないじゃん。
(コレデ・イイノダ)

 

さらにコレでは終わらず、
オマケの

サードステップ昇級試験
第3関門の
儀式が待ちうけていました。

 

いえいえ、オマケなんちゅうものでは
ないざんす。

 

よくよく考えてみると、

1.第一関門は、

震える様な寒さとひもじさを
味わった野宿生活の4日間。

 

2️.第二関門は、

背丈以上有る穴に落ち、そこに横たわり、
土をかけられて死ぬ儀式。

 

それらは、つまり、

①自分のエゴを見せられ、
そして手放し、

②人間の証拠となるはずの肉体を失い、
また再生するプロセスを疑似体験した訳です。

 

私たちは、
エゴや執着や恐れの狭間に日々
さらされている中で、

 

 

「オイラ達、

全てを失ったところで

こんなもんさ!」

 

って 、メッセージが・・聞こえた。

さらに、

 

結構楽チンよ!

あんさん達、

早よ気づきなさいな〜

 

・・言われている気がした。

 

何もなくなった先には、

いったい何があるの?

 

そんな問いかけが、
聞こえては来ませんか?

 

***********

 

ところで、

皆さん、コレ ↓ 見た事ありますか?

 

IMG_1130

 

 

「プルパ」っていうものです。
(下にある黄色いのはただの蛍光ペンですよ)

質問で〜す:

「プルパは、何をするものなん?」

それはね、

場の浄化・結界を作る際にネガティブ
なエネルギーを突き刺し、

魔を祓う象徴として使います。

チベットで砂曼荼羅を作る際には、
地中にプルパを埋めて魔除けの結界を
張るそうです。

************

 

何故、プルパの説明をしたかと言いますと、

 

私たち魔法学校に属する者たちは、
神殿ワークや、ヒーリングや、
浄化、プロテクト、チャネリングなどの

(これら、何を言っているか言葉が
分からない
方は、
そのまま気にせずにスルーして
くださいまし)

ツールとして、プルパは必須

絶対に欠かせない聖なる道具だと
教え込まれているのです。

 

プルパは命を守る尊いものであり、
肌身離さずに神聖に扱うように学んで
来ました。

私は割と不真面目な生徒なので、
荷物が重いのを好まないから、
普段は持ち歩いてはいません。

魔法学校のトレーニングの時だけしか
持ってこないです。

 

そんな私でも、トレーニングの
時に、プルパがないとヤバい
思っていました。

 

さて、断食の後に、
ジャンキーな食事を振る舞われたのに、
食べちゃった私たちが連れて行かれた
行き先は・・・・。

 

 

湖のほとりだった。

夕陽が沈みかけた静かな湖です。

 

images-2

 

昨日の今頃は・・・、
あ〜、思い出すのもビビるんばの私。

 

湖には、プルパだけを持ってくるようにと
指示があった。

 

今までの経験によると、
ここではきっと、短くて1時間ほどの、
※リチュアルをやる流れでしょう。

※仏教で言ったら、木魚を叩き
お経を立ちながらあげるバージョンの
様なものです。

この体力の消耗した身体で、
「またリチュアルか〜

と思っていたら、

やっと、校長先生のお出ましでした。

 

校長は、英語であ〜たらこ〜たら
話した後に、

妙な合図をした。

 

マ・マ・マ・

マジですか 

 

 

私たちリチュアルマスターにとって、
リチュアルをやる上で、
絶対に手放してはヤバいと言われて来た、

大切なプルパを湖に捨てろ

校長は促しているのです。

 

も〜〜〜〜〜〜。
ワケワカラン外人め!

 

<続く>