魔法学校シリーズ23・開き直り

 

きっと明日朝早くに先輩が
迎えに来てくれる。

と希望を抱いてから、
はや15時間

あやのこうじ

雨は止んで、
御日様が射してきました。

 

身体はずっと震えています。
多分血圧が低下している感じが
します。

もともと低体温で35.2~4度を
行ったり来たりで、
心臓も不整脈が出ていてキュンと
辛いのだ。

寒さのあまり、水は1滴も飲めませーん。

食事も合宿所に行く前日は
運悪く昼から食べていないし

合宿所に着いてからは、オニギリを
1個しか食べてない。

でも、寒さの方があまりにも辛過ぎて、
お腹がすいた感覚が無くなって
しまいました。

昨夜は木の下に立ちんぼうで
雨宿りしていたので、徹夜だった。

眠いのよ~。だから日中は、
ゴツゴツ石を下にして爆睡しました。

 

目を覚ますと。
やっぱりこれは夢ではなく
現実なのだ。

お尻とお股が痛いよ~。
お尻の下は尖った石がゴロゴロ
していて~、

お股が痛いのは、お股に樹
挟んで寝ているからだ。

私の選んだ陣地が急な坂の為に、
お股に樹を挟まないと、
寝ている間におっこちゃうのだ。

遠く下の方に、仲間が見える。

彼はここからいつ見ても、瞑想
している。(偉いにゃ〜

彼は国土交通省のお役人だった。
奥さんと子供2人いるのに、仕事を
やめて、魔法学校に退職金を
つぎ込んでいる。

相当な覚悟なんだろう。
だからあ~やって、真面目に
やっているんだよね。

 

そうこうしているうちに、

もう、夕方です

夕方

 

私は先輩が迎えに来ないなんて
ことは、1ミリも、疑っていませんでした。

なんで、夕方まで待たせるんやろ?

だども、だども。。。

夜8時ころになっても先輩は
迎えには来ませんでした。

まさか、本気で今夜も野宿なの?

そうだったんです。
2日目の合宿も野宿だった。

・・・・・・・・・・・・・。。 

生唾ごっくん

 

私が寝ていると、
変なものが私の顔の上を
歩いている。

一度だけ感じたことが有る感覚。
この足の長〜い蜘蛛を。

真っ暗だから何も見えないの
ですが、動きで奴の姿が判ります。

多分、毒蜘蛛だと察知しました。

 

毒蜘蛛

 

私は小学校5年生の時、
放送部で毒蜘蛛に刺されてから、

アレルギー体質になってしまい
ました。

きっと、その時の蜘蛛の再来では
ないかと、私は息をひそめました。

”毒蜘蛛が私の顔を通り過ぎるまで
決して動かない”

私はそう決めました。

息も止めて、

「うっ!うぅぅぅ、くるちい」

なのに、なのに、

 

奴め、私の顎をしっかり刺して
いったのだ。

顎は、みるみるうちに腫れて、
私の顎の3倍位の大きさになった。

掴むと小型のマウス位の大きさの
コブがあるのじゃい。

 

もう、2日も放置プレーされると、

「ヤリでも鉄砲でも耳かきでも、
何でも持って来い!てやんでぃ!」
って
だんだん開き直ってきた私でした。

 

<もう少し続くよ>