魔法学校シリーズ⑲「も~勘弁してください」が言えない。。

<前回から合宿のお話しが続いてます>

現地に着いたばかりで、
おにぎり1個しか食べさせて
くれないで、

どうも、湖ではなく、山を登るようだ。

途中で合流した外人達は、
全員ダウンジャケットを着て、
毛糸の帽子をかぶっている。 

ポケットにはチョコレートやお菓子や、
ポットには温かいコーヒーとか、

何やらリュックまで背負って、
たいそう荷物が多いじゃん。 

 

こやつら、大層な装備して
ななな、な~んだい。

 

 

バカボンおまわりさん

 

 

 こちとらはのう、
副校長の指示のもと、な~んも
持っとらんけん。

私なんぞは、
お祝いパーティー合宿だと
思って
いるから、

チャラチャラした夏物の
可愛いドレスを着てきた
んだもんね~。

 

 

副校長は、ある程度山登りをすると、

「自分の気に入った瞑想する場所を
探しなさい。

他の人達とは見えない程の
距離を置いて、

自分の場所が決まったら、そこから
5メートル以上は決して動いては
いけません。

コチラの指示があるまでは、勝手に
動いたり話をしてもいけない

と言葉を残して、山を下りて行った。

 

まぁ、いつもの事だけど、
与えられる課題は厳しいのぅ。

と、思っていたが、
待てど暮らせど命令の解除は
ありません。

時計も何も持ってないから、
何時だかわからんけれど、

山を登ったのが1時過ぎくらいで~、

もう陽は暮れかかっている。
多分6時前じゃないかな?

退屈やな。

周りは岩だらけで、ケツが痛いし、
昼でも寒かったけど、

陽が暮れると、

お~~~さみぃっす。

 

さむいっす

 

 

わたち、どうなるねんな~。

 

<まだ続いてまう。
    それでいいのだ~>

☆☆☆   ☆☆☆   ☆☆☆

< 緊急お知らせです>

さ~て、魔法シリーズを連載中に
何なんですが・・・。

近々にこんなセミナーを開催
しちゃいます。

魔法のエッセンスがどこに
散りばめられているか!

参加されたあなたの目で
ご覧ください

 

「あなたの生き方が変わる

魔法の手になる講座」クリックしてね

 

☆☆☆   ☆☆☆   ☆☆☆

 sp;