魔女学校シリーズ③「上が上が~」って??

先週あるセミナーで会った
女性のお話です。

セミナーが終わってから、
バスで移動した時に隣りに座った
女性がこんな話をし始めました。

その言葉、
「あれ?なんか変!」と思いました。

彼女:「△△先生(セミナーの先生の事)は、
上から情報を下ろして
いるのかしら?」

と、突然話し出しました。

私は彼女とは一度も話したことは
ありません。

そのあと、彼女の話には
「上が」・・「上が」と、

さも当たり前のように何回も
「上が」の言葉を連発していました。

この会話は、
一般人に対しては、きっと訳が
解らないと思います。

つまり「上」とは、
神・宇宙・天使とかの存在の事を
言っているのですが。

今回出席したセミナーは、
特にスピリチュアル的な内容では
ありませんし、

出席者も比較的一般的な考えを
お持ちの方が殆どです。
先生も科学者ですし。

で、なぜ私に何度も彼女は、
「上が!」「上が!」って連発するので
しょうか?

そして、次の会話は、

彼女:「上からの浄化が済んだら、私は
スピリチュアルの仕事をする予定です」

と言い出した。

私は「ふ~ん、そうなんだ」
と、一応相槌を打った。

彼女:「私はエーテル体を切る手術が
できるんです。」

私:「エーテル体って切っちゃっても
大丈夫だと思う?

と私は聞いてみました。

彼女:「私は学校で学びましたから・・」

そもそも、エーテル体って言葉は、
知らない人の方が多くありませんか?

オーラの話くらいだったら、
最近は皆さんご存知でしょうがね。

エーテル体だけだったらまだしも、
手術をするとか聞くと、どうでしょうか?

魔女学校に行っている人の特徴って、
時々そんなところがあります。

靈氣やシータヒーリングを
学んでいる人にも、似たような
感じの人がいました。

何の為に、一般の人が解らない
かもしれないことを、初対面の人に
話すのでしょう。

「私って特別なの~」

って、表現したいのかな?

あなたの知らないことを教えてあげる。
私がスピリチュアルな勉強をしていて、
特別な力を持っているのよ・・。

みたいな。。。。

と、彼女の言葉やエネルギーで
なんとなく想像してしまいました。

ひっしこかなくても、
本当は、みんな、み~んな

あなたも私も特別な存在
なんだよよ~ん。

スピリチュアルを習い始めた時は、

熱狂的になり
自分だけの常識の世界に入りやすいし、

自分はすごい事が出来るのを、
自慢したり、認めてもらいたくなる
ものです。

私:「エーテル体の手術 は、
△△魔法学校で学んだのかな?」

私的には、彼女が上が上が 
言っていた時点で、

彼女が魔法学校に行き始めた
ばかりの人だと、ピンと来ました。

 

彼女:「えっ!なんで知ってるの?
エーテル体の手術 を誰かに
してもらった事があるのですか?」


私:「もう、8年くらい前になるかしらね、

学んだことがありますから・・・」

私が余計なことを言ったばかりに、
今度は質問攻めに変わりました。


自分が特別に思われたい人は

魔法学校みたいな所にはまりやすい
のかもしれません。

 

魔法

 

 この世を変えたい!

と強い正義感をもっている
純粋っぽい人も、集まって来ます。

正義感もあり過ぎると、
善悪正邪の戦いが生まれます。

魔法学校の目玉行事に、

神殿ワークと言われる「イシス神殿」
というワーク
がありました。
(お~~懐かしい言葉じゃわぃ

イシス神 を下ろし、「世界平和や
愛を広げる為」とか言って
神殿ワークをするんです。

でも、これも私にはピンと来なかった。
なにか腑に落ちない。

「世界を救う選ばれし人」という
正義感の勲章の輝き
過剰になってくると、

私は引いてしまうのだ

 

あ~、まだまだこの話は続いちゃう