数字でハンコ押された3大嫌だったこと①


学校での健康診断の項目から、
半世紀以上続いてきた
座高測定寄生虫卵検査
2015年度限りで廃止される。

 座高測定は戦時体制下、
「胴長は健康」と考えられて始まった。
徴兵の際の身体検査が、
影響したとみられる。

寄生虫卵検査は、
下水道の整備や化学肥料の普及で、
子供の寄生虫感染率は激減している。

などの理由から、時代の変遷と共に、
この二つの項目は健康診断から
外されるんだとさ。

この二つの項目って、
結構トラウマ作ってませんか~。
子供の心は傷つきやすいからね。

私が特に神経を配ったのは、
座高測定。

私は3人姉妹の末っ子で、
姉2人は足がとっても長い。

私はとっても短~~~~い。

すぐ上の姉に何度も言われた
ことがある。

「なおちゃん、なんでそんなに下に
オマタがあるの?」って。
にやにやしながら、
超、嫌がらせなのじゃ

そんな乙女心をさらにいたぶるのが、
座高測定。

しっかり、「お前は短足です!」と
数字で結果が出てしまいます。

座高測定を待っている間、
どうやったら数値を改ざんできるか、
色んな事を考えている私。

いざ、測定の時、お腹を凹ませて、
少し前のめりに座っちゃたりして。

そうはいっても、せいぜい0.5ミリ程度が、
努力の賜物になる訳なんですよ

実際、誰も私の座高の事なんて、
気にしてないだろうに・・・。

だけどもね~、
乙女の私は、この数値をいかに
下げるか必死だったのよぉ。

そう思っていると、必ず傷に塩を
塗るやつが現れる。

それは、
座高を測っている白衣の人。

私の座高を測って、
測り間違えじゃないかと何度も

「あれっ?あれれ?」って見直すの。

そんな奴、ボク、でぇ~~嫌いだい

そんなことを気にしていると、
付き合う友達とか、彼氏は
決まって足の長い人ばかりになるの。

立っているときは、
私より20センチも背が高いのに、

座ると、なんで私の方が
5センチも大きいの?

2015年、とうとう座高測定が廃止!

座高測定は戦時体制下の1937年、
「胴長は健康」と考えられていたため、
徴兵の際の身体検査が、学校に影響
したとのこと。

なるほどね~、原因は戦争かい?

これが、私が
「数字でハンコを押された嫌だったこと」
の一つ目です。

※(寄生虫検査はセーフでした)

ちなみに、
私はテストの点数が0点でも、
お勉強の順位がほとんどビリでも、
全然気にしていませんでした。

トラウマって、
ただの発火スイッチみたいな
ものです。

そんなもんですわぃ。

<続く>