チンポコネタだけじゃない・さらに3

(前回からの続き)

・・今日からこの投稿を
ご覧になられる方は、お手数ですが

前回のところから見てくださいませ。

 

とは言っても、多少解説すると、

私の北海道にいる友人から、
友人のクライアントさんの娘さんの
友達の友達のセッションをする事を頼まれた
・・・ところから話は始まっています。

しかし、又の又の又の股の情報なので、

(又の  又の  お股の おお股 の情報

みんないい加減な情報ばかりでして、
やっぱり目の前に現れた人が
真実な情報そのものです。

で、娘さんの友人のフイリピン系の女性が
付添人として現れて(中国人の筈だったが違った)

クライアントさんになる人は、
ハワイ系の目の澄んだ紳士だった。

付添人の女性からは、

「彼、ヤバイ。😣
絶対おかしい。
このままで行くと死ぬかも

助けてあげて、お願い!

っと小声で耳打ちされた。

(簡単に言うと前回はこんな前フリです)

**************

これも前回書いたように、
私のセッションにおいての最大の強みは、

テクニックでもなければ、

傾聴でもなく、

質問力が特別長けているわけでもなく、

アドバイスする力が飛び抜けているのでもない。

それはどこからか降りてくる

心に響くような魔法の言葉

を、声の響きでもって、
クライアントさんの細胞レベルまで浸透させ、

前世や先祖まで次元を超え
降りかけるように振動させ
変化を起こしているのだ。

つまり私の一番の能力を発揮するツールが
言葉であり、
それが使えない中で何ができるんやろ。。

何故なら、ワシは英語が喋れへん。

(パーポーピーポーピーポーパーポー

しかも、
サポートに来てもらったアシスタント君は、
英会話教室に通い始めてはいたものの、

そもそも日本語の会話でさえも、
私の人生で出会った人間の中で
一番言語が通じない人なのだ〜。

その人に通訳してと言うのも、
ハードルがダブルに高くなるもんね。
(とは言っても、アシスタント君、
いつも助けてくれてありがと

こうなったら、
ヒーリングしか残っていないかな〜。

と、タクシーを降りて迷子になっていた
外国人の二人を見つけて
セッションルームに誘導しながら、

顔は笑いつつも、
頭のCPUが最高速に稼働していた。

ヴァ〜、

(オラの頭にゃぁ、英語の字ズラさえもパーポーピーポー

 

那旺:
「How do you do 〜」

しか言葉は出〜へん。

するとアシスタント君が、へらへらと
馬鹿げた事を言っとる。(いつも通りのパターン)

すると、付添人のフィリピン系なる女性は、
私に携帯を見せた。

携帯にはハワイにいる娘さん(この女性の日本人の友人)
からのメッセージがラインに記載されて・・、

もう、唖然です。

「憑依、とれますか?」

イヤな予感的中。。
キタキタ来たで〜。

なんで私に浄霊の要請がきたかと言うと、

そもそも北海道の友達が大いに勘違いを
しているのだ。

北海道の友人:
「那旺さんなら何でも出来るでしょう?」

と買い被っているのだ。
これは完全なる思い込みです。

う〜ん、でも目の前に来ちゃったの
ならしょうがない。
言葉も使えないのに・・どうするか
(と、心はつぶやいた)

私は、
「出来るかわからないけど、
やってみます」と答えた。

と言うか、アシスタント君が
それなりに伝えたけど、

本当に相手に伝わっているのかどうかは
わからない。(絶対にいい加減だと思う)

 

言葉が通じない中で共通なのは、
キネシオロジー=筋肉反射だ。

筋肉さえあれば、人間でも犬でも
セッションは出来る。

だったら、
IHキネシオロジーでこのセッションを
やってみよう。

IHキネシオロジーなら、
次元を超えて、ここに情報を持ってこれる。

(ごめんちゃ。次回完結するから・・続くまんねん)

 

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録
*********************