霊能者シリーズ・20・祈り

 

先生は何故来てくれないんじゃろか?

 

私だってみんなと同じ様に講座の
お金を払ってるじゃん。

 

そう言えば今朝、
気になった事がある。

大連病院に行く前、

ホテルのロビーに、

ヒーリングスクールの生徒たちが
集合しました。

 

そこで私とSさんがお話しを
していた時、

10メートルくらい離れたところに、
まだ面識のない3〜4人のヒーリング
スクールのメンバーが、

こっちを見て
ひそひそ話をしていた。

その時、彼女達はウチワで、
こっちの方をはらう様に、

 

「あっちへ行け!」

 

みたいな仕草を
何回かこちらの方に送ってきた。

まるでSさんがエボラ出血熱の
感染者であるかの様な仕打ち。

 

いくら普段「愛が愛が」とヒーラー
らしき事を唱えていても、

こういった窮地の時こそ、
その人の本質が見えてしまうものだ。

 

もしや、今・・・、

 

私が・・・、

 

霊安室みたいな病室に一人
でいると言うことは?

 

あれ〜、

 

そういうことなの〜?

 

誰も近づきたくないってか???

 

まさか〜。。

 

 

も~、人の事なんてどうでも
いいっす。

 

私が死んじゃわない程度に、
Sさんに私の出来る限りの事を
させてもらいまひょ。

 

私は祈った。

 

ここに光を降ろす様にと。

 

「暖かい光はとても気持ちが
いいよー。

これが本来のあなたたちがいる
べきところなんだよ。

 

だからもうゆっくり休んでいいからね。

 

もう無理しなくて大丈夫。

 

もうあなたを恐がらせたり、
悲しませるものなんて、
何もないんだから。」

 

うるとらまん 合掌

 

あまりの寒さに私は集中力が
途切れる事が何度もあった。

 

マフラーをして、
帽子をかぶって、
手袋もした。

あー、しゃむいぜ、しゃむい。

 

そんな時、アレ〜、

 

何だか暖かくなって来たじょー。

部屋は相変わらず寒いけど、
体がヌクヌクしだした。

 

そうしたら、
Sさんの顔色に赤みが出てきた。

ぴぐもん

 

あっ!Sさん、これで生き延びた‼️

 

やったー!!

 

 

時計をみると、
3時間も既に経過していた。

 

後でわかったことだが、
この時に私のSOSを霊能者が
受け取って、

バックアップしてくれてた
時間だったのだ。

 

こういう時こそ、
霊能者の存在は頼もしいものだ。

 

頬に赤みがさしてきたSさんは
目を覚ました。

Sさんはかなりスッキリとした表情
をして、

彼女のミッションの一つを
終えたかの様な安堵感
感じたようでした。

 

あーぁ、やれやれ。

 

やれやれと思った先に、
既に心理学のお勉強は終わっていた。

 

私はお金を払ってまで、
何のためにここに来たんやろか?

 

も~~イヤミを言っちゃうもんね。

 

<続く>