霊能者シリーズの私の迷い(中国大連事件)⑪


 

今、ブログを整理していたら、
とんでもないことに気づきました。

3月11日の次の記事、
霊能者シリーズの私の迷い(中国大連事件)⑪
が、なんと公開されていなかった事に。

もぅ、びっくりです。
このシリーズを10回まで引っ張っておいて、
最終回の一番私が言いたかった

オチが抜けていたのです。

きゃ~(*_*)ビックリです。
本当にごめんなさい。

たまにパソコンの不具合で
公開していたはずの記事が下書きの
ままになっている事が過去にも
あったけど、

その時は運よく気づいて未然に防げて
いた為に問題はありませんが、
よりによって今回は最終回ですからね~。

連続で読んでくださった方は、
どう考えても違和感がおありだった
でしょうね。

改めて、このシリーズの最後の投稿を
掲載いたします。

 

(前回からの続き)

そうそう、
愛と言えば、こんなことが
起こりましたよ〜。

 

 

前回のお話にも書きました。

指定した港には、

シベリアに抑留された日本兵と、
ソ連人かどうかはわからないが、
白人の霊さん達も集まっていました。

クライアントさんが、
このあまりにも多くの霊さん達を

 引き上げるには、

何度かに分けなければなりません。

もしや、

多分、

きっと・・・。

images-14

(おまわりさんは、逮捕するんだで〜)

敵かもしれない白人も混ざっているし、

どうしたものかと思案していたら、

中国に残された日本人の霊さん達が
こう言ったそうです。

「シベリアの方達は私達よりもっと

寒い思いをされていました。
 

どうぞあちらを先に上げてください」
と。
私はその話を聞いて感動しました

死しても日本人の人を思いやる魂は
生きているんだと。(絶賛

そして、今回↑あがるチャンスに恵まれた
霊の皆さんは、光の源自然星
戻られました。

images-1
このブログを掲載してから
彼女から連絡をいただきました。

まだ残留孤児の方が気になるのでしたら

また仕事いたします。
 

他に気になるところがあれば

できる範囲で順に帰還していただきます。
という意味の内容でした。
頼もしい。。
images-2
(わたし、ウルトラの母です・
今日はどちらへお出かけでっか?)
彼女が復活してくれたことを、
心から感謝いたします。
改めて、霊さん達にも
合掌させて貰いましょう。

皆さん良かったらご一緒に!

「ありがとう。愛しています。

これにて「霊能者シリーズの私の迷い」

は終わります。

⇩以上でした。
話が前後してごめんなさい。
本当に間が抜けるってこういうことね。