霊能者シリーズの私の迷い(中国大連事件)④


 

(前回からの続き)

どうやら戦中〜戦後に、
満州から引き上げて来た途中で、

無念にも力尽きて亡くなられた
方達の中には、

自分が死んでしまった事にも

気付かずに、

寒い中もずっと時間が止まって

いるんですね。

もう戦後70年も経っているのに、

霊たちにしたらまだ、
自分の人生は終わってないのだと思う。

死しても横井さんや小野田少尉
みたいな方達や、
戦争に巻き込まれた家族、
女、子供や老人達はまだ存在している。

03a1bf8547667e2f8256b99d05d8e248
(本当にご苦労様でした)
結局、
彼らの居場所に私たちは野ション
とは言え、訪問する形になり、無意識にもヒーラー達は憑依される
役目を受けたことにより、
彼らと一緒に故郷に帰して貰えたのだと
思います。

Unknown

こういう架け橋もあるんですねー。

結果、めっちゃ大変な目にあったけどね。

本当に生きて帰れて良かったです。

私はここで、一生のうちに滅多に

訪れる事のない経験が出来ました。

中国ツアーに行く前は、

仲良しの霊能者にくっついて

除霊のお手伝いというか、

邪魔していたというか、

とにかく霊能者に連れられて

何度か霊と霊能者が駆け引きして
いる場面も見ていました。

かなりシリアスな場面にも

立ち合わせて貰った事もあります。

でも、ここ中国には霊能者は

いませんでしたから、
頼る柱もありません。

何だかわからない見えないエネルギーに、

周りのヒーラー達のエネルギーが低下して
いるのだけはわかる。

でも、このむりくり実戦させられた

体験と、

魔法学校での普通じゃない修行が、

今の私のセッションに何らかの役に

立っているのは確かです。

だって、変な事に慣れ過ぎて来たせいか、

ちょっとやそっとの事では、
あまりビックリしなくなりました。

ビビる前に、今、

この瞬間に何ができるか!

最小限のエネルギーで、
最大の効果を発揮するには、

何をすべきなのか!

スイッチが入る訓練がされました。

でもね、

困った事に、

窮地にならないとそのパワーが出て
来ないんですよね〜。
(これも信念体系ですが)

火事場のくそ力っちゅう奴です。

シリアスな場面になると、

私の力に見せかけて、
実は守護霊が動くらしいです。

そうと判ると、

「努力なんかしたくね〜よ〜」
と言いたくなるが、

今の私は必死こいている時か、

反対にめっちゃフラットな時しか、
守護霊は動こうとはしてくれないのじゃー。
ちゅうかー、私がフラットじゃない時は、

守護霊のメッセージを自分の都合のいい様

に捻じ曲げて、
聞かないのが事実でごじゃる。(エゴは強い)
Unknown-1

そして〜、後で痛い目に合うのだー。

images-12

ゲロ、ごめんくさい。顔
(と、顔から落ちる)

さぁ、話は逸れまくりなので戻しますが、

前にブログに書きましたね。
霊能者シリーズのブログを書く

何故迷っているかと言うと、

霊の事を具体的に書くのって、
どんなもんだろうか?と感じたからです。

神聖に扱わなくてはならないものを、

面白おかしく書けないし、

かと言ってシリアスに書いても怖すぎるし、

でも私が一番躊躇したのは、

こう言った類の事をブログで書くと、

寝ていた霊達が、

これをきっかけに目覚め顔やしないか

と、

嫌な予感がしてしまいました。<続く>