霊能者シリーズ④私も変えてくれ~

 

除霊専門の霊能者と
出会ってから、

ちょくちょく東京で安~い金額の
勉強会があったので参加する様に
なりました。

 

その勉強会で出会ったお坊さんも、
その後の私の人生に大きく影響を
与えることになるのですが、

 

 

ちょっと前に死んじゃったのね

 

 

お坊さん

 

(髪の毛を伸ばしたがっていたから、
こんなイメージで)

彼は、お坊さんを辞めて、
一度でもいいから「後ろ髪を引かれる
ってどんな感じか味わってみたかった!」

って言ってた。

 

彼が中学生に入って、
おかあはんに無理くり
お寺に入るように言われていて、

もの心付いたときから、
ずうっと、ツルツル坊主だったって。

彼のことについては、
きっといつかお話し出来るといいなぁ。

 

 

その霊能者も、お坊さんも、
それまでの仕事を辞めて間もない
時に出会っているので、

霊能者は年収5万円 、
お坊さんは年収1万円
と教えてもらいました。

要するに、先の見通しなく仕事を辞め
ちゃったらしい。

ここで、私の師匠であるアロマの
先生と彼らは接点を持つことになり、

彼らは、先生の後押しもあり、
すぐさまフィーバーしていくのです。

このサクセスストーリーは、
いずれお伝えするかもしれませんが、

 

霊能者のお話に戻りましょう。

 

霊能者と出会った時、彼は
とってもピュアな印象がありました。

お髭がはえている風ぼうの割には、
瞳は少年の様に綺麗でした。

いずれそのキラキラした目が、

お~NO  

 

赤い充血を帯びた目になって
行ったのですが、

 

血走るペコちゃん

 

 

付け加えると、

い充血を帯びた目」と言うのは、

私だけが<見えてる?>

それとも<感じてる?>だけの
事かもしれません。

物理的なもんじゃないんです。

 

出会ったころの霊能者の光る目
と比例して能力も確かにありました。

 

この勉強会で知り合った女性が、
私に魔法学校を紹介してくれた
のですが、
(彼女も私の人生に大きく影響を
与えてくれた人です)

 

その女性は、ご主人からDVを受け、
骨折を繰り返し、精神的にも酷い
扱いを受けていたそうです。

彼女がどん底の時に霊能者の著書
を見つけ、

すぐさま、霊能者に連絡をとり、
会ったのだそうです。

 

霊能者が彼女の頭に手を当てただけで、

あらゆる曇りが解き放たれた
と教えてくれました。

彼女はそれを「奇跡」と言っています。

 

それは、私にも良くわかります
自分はアロマの先生にも霊能者にも

 

変えて貰った感覚はあまり無いのですが、

 

先生方とヒーリングや除霊をご一緒させて
もらう事が度重なると、

確かに「奇跡」が起きていました。

 

 

因みに、なんで私が

<変えて貰った感>が無いかというと・・・・、

あ~~ん、もぅ

 なんやねんな~。

 

<続きはまた明日