姑にミミズを食べさせた嫁

 

4月13日に投稿した、

「水行〜神様〜うんこまで。。⑪」の中に、

 

「わからんちん姑め!
ミミズ入り
ご飯たべさすぞ!」 

みみず

 

 

てな調子で、

絶対に言ってはいけないと
思える言葉でも、

腐っちまった心のうねりや、
折れそうになってしまったその思いを、

トイレに吐き出して下さいな!

 

~~~~~~~~~~~~~ 

 

と書きましたが、

これは笑いのネタとして
書いたのではな~いのだ~。

「ミミズを姑に食べさせちゃった
嫁のお話」を、

誰かから、聞いたことが有ります。

 

多分、ネタの発信元は、
出口王仁三郎さんかもしれない。

 

意地の悪い姑に嫁がいびられる話は、
ついちょっと昔なら数多く聞きました。

が~

 

今は逆バージョンの方も増えた感じ
じゃないかな~。

それって、あなたはどう思います?

 

でも、「今回のお話の悪役は、
姑さんの方!」ということにして・・・・・、

でも、そのお話には
どんでん返しがあるのだ。。

 

でんぐり

(あっ!これは・・、どんでん返し?
では
なくって~。。。)

 

2でんぐり

(ヨッコラショっとくりゃ~。
あ~ボク、上手に出来たでしょ?
どんでんぐり返し。。)

 

ミミズを喰わせた嫁のお話し・続けます。

 

それはそれは、底意地の悪い姑
がおってな、

姑のクマさんは嫁をいびるしか
楽しみは無かった。

クマさんは目が全く見えない分、
余計に口はごっつう達者で、

唾を飛ばしながら嫁に
イヤミばかり言っていた。

嫁の菊ちゃんが、
いくら尽くしても、何をやっても
姑の口からは文句しか出ない。

菊ちゃんは、苦しさのあまりに、
姑が死ななければ私の人生は
真っ暗闇だと思うようになってしまった。

 

「くまもん、いつ死ぬんやろか?
早く死んでくれやしないかな~」

 

と草むしりをしながら・・・・・・、

 

ミミズが菊ちゃんの目に止まった。

「あっ!これ!・・」

いつも「料理が下手だ!くそマズイ!」っと
姑にののしられている菊ちゃんは、

「こうなったら復讐にミミズ入りの
ご飯を食べさせたろ!

少しずつ少しずつ気付かれない様に、
ミミズを食べさせたら、

姑は身体が弱ってきっと死ぬやろ。
こうなったら完全犯罪をしたる。。」

と、それから菊ちゃんは毎日ミミズ入りの
食事を作ったそうな。

ミミズの泥臭さを姑に気付かれない
様にするために、

 

色々と手の込んだ味付けをして、
菊ちゃんは毎日・毎日と
くふうしたのだった。。。

いつの間にか料理も上手くなっていた。

ミミズ入りのご飯を出す度に、
菊さんの心はスッキリして、
とっても癒されて楽になっている。

 

「ざまあみそづけ。私は悪くない!」

 

と、菊ちゃんは尚更、
料理作りに精を出した。

 

ここまで来ると、姑が悪いのか、
嫁が悪いのか・・、

卵が先か鶏が先か。。。

 

どっちもどっちてな感じに
なりますかね~?

 

ここから話は大どんでん返し。。

 

でんぐり3

(イクじょ~。大でんぐり返しじゃ~。
頭を、よっこいしょっととと・・・。) 

 

菊ちゃんはミミズがご飯に入って
いる事を姑に気づかれない様に、

一生懸命味付けに気を配り、さらに
お料理の品数も増えていったころ、

 

クマさんに心の変化が起きた。

「こんなに自分の事を考えて
嫁が一生懸命に料理を作ってくれている」
思い込んだクマさんの頑な心が

解けてきたのだった。

 

そして、文句の数も減ってきた。

それどころか、感謝の言葉が出て来る
ようになった。

食事のパワーって凄いよね。
ちゅうか、恐ろしいほどよく効くミミズちゃん。

効くと言えば菊ちゃんの選択は
正しかった。

クマさんが死んだのは肉体ではなく、
意地悪の心が死んだのだ。
と同時に、クマさんは全盲だったのに、
目が見える様になったのだ。
そして、嫁姑の仲はすこぶる良くなった
とさ。。

じゃんじゃん。。

~~~~~~~~~~~~~~

 

このストーリーでは、嫁と姑の心の
抑圧や投影が起こりまくって
いますが、

セラピーをしなくても解決してしまった
凄い例です。

怒りや妬み恐れの感情満載の
ストーリーだけれど、

 

これって「ミミズ」によって救われたの
かや????????

 

ふくみみず

(にょろにょろ。 

(ミミズの話は次回もつづく)