私に影響を与えた人②


 

遊ぶことさえも面倒くさい・・お家好きの私。

一日中パジャマ姿でいられるものなら、
1週間に一歩も家を出なくても
構わないくらいなのだ~。

でも、ぐうたらな私が、1年に1度・・・
無性に遊びたくなる季節が今。。

何故か胸が高鳴る今なのだ~。

 

大学時代でも会社勤めの時でも、
私は「遊ぶ」というイベントをし損ねたまま、
嫁に行った。

結婚して直ぐに子供が出来、
同時に両親ともが競い合っているかのように
入退院を繰り返していた。

23歳の頃から私の看病生活が始まり、
さらに遊びから遠ざかった。

遊びってどんなものなんだっけ?
スポーツ?
それとも習い事?
カラオケ?

私にとっての遊びは、へへへん。。
大人の遊び。

ダウンロード (1)

(あんさん、飲みすぎでないかい??)

 

私の夢は夜中に女友達とフラフラと
飲み歩き、そして朝帰りすること。

そう思うと・・めっちゃ魅惑的でドキドキする。

だが、そんな事は一度も
経験したことがなかった。

 

子供の幼稚園時代の同級生の母で、
こんな風貌の女性がいた。

度ぎついメガネをかけて髪の毛は長く
1本に束ねていて~、
背がひょろ長くて、ヨレヨレのTシャツにGパン。
(そういう私もスエット姿だったけどね)

ケタケタ笑ってアッケラカン。
頭がパーみたいな感じの人だった。(最初の印象です)

その彼女は子供が幼稚園に行っている時間帯に
用事があったようで、
家を訪ねて来たことがある。

上がってもらい、
小皿にちょっとした和え物を出してあげたら、
予想外に喜んでくれた。

その反応に快くした私は、
調子に乗って、もう一品出したら、
まるでバラの花のように彼女は頬を
ピンクにして喜んだ。

 

「へぇ〜、バラの花のように
全身で喜べる人って、
大人になってもいるんだ〜

って思い・・・、ついつい、

「美味しい日本酒があるけど飲む?」

って聞いたら、

「キャ〜、いいの?いいの?いいの
わ〜〜嬉しい!!」

って、子供のように顔をくしゃくしゃにして、
はしゃぐ人。
誰かに似ている。。誰だろう?誰だったっけ?

 

転勤族の彼女は、

「真昼間っからお酒を出してくれる
家なんか、初めてよ!スゴ、凄~い」

と、目を細くしてあどけない顔をした。
それにしても・・やっぱり・誰かに似ている。

よく見ると、全然ブスじゃなかった。
それどころか、
メガネを外した彼女は美人だった!

貧相に見えていた体は、
完全に私の勘違いで、

それとは反対に、
胸も豊かで、手足も長く、話題も豊富で、
楽しみ方、喜び方を知っていた。

 

私はこの時から彼女が
好きで好きでたまらなくなった。
なんであんなに好きになっちゃったんだろか!

 

人間というのは、
やってはいけないことをコソコソと
するのが不思議に好きなものです。

悪いと言われていることって、
何気にパワーがあるから、
心が時めくのよね。

例えば・・・・、

好きで叶わぬ恋顔をしたい訳じゃなくても、
道ならぬ恋をするってあるよね。

恋しくて切なくて・・、
堂々と会えないからこそ、

心が余計に揺さぶられる。

陰のエネルギーが極まると、
爆発して陽に向かうように、

足りないものを埋めようとするのが
宇宙の原理であり、
例外なく人間も宇宙エネルギーの家族であ~~る。

 

あれれれ、また話が飛んでます。

 

要するに私は20代後半になって
やっと大人の遊ぶ女友達を作ったのだった。

 

彼女は転勤族のくせに、移転した先々で
新しい友達を作るのが得意だった。

とっても人懐っこい人柄だからだろう。

何度も言うが、私は彼女に恋をしたみたいに
大好きになっていった。

 

images (1)

(ふふふ、大しゅきねんな~

 

カラオケは、あまり興味はなかったけど、
彼女の声はたまらなく心地よかった。

自由自在に3度でハモってくれて、
ひけらかさない声のバランスに、
胸がキュンとなっては、涙が溢れる。

音楽を聴いて、涙を流したことがあるのは
一部のプロを除いて、
彼女の歌声と息子のピアノを聴いた時だけだ。

 

カラオケ

(今日も私のハートをドッキュンさせるのね)

 

ピアノ

(泣かせてくれるじゃないの、ご子息君)

 

ヒーリングにおいてもカウンセリング、
セラピー、施術にしても、

テクニックは大切なのだが、
その先がある。

感動させたり、現実に変化を起こすのは、
その人自身が作っている波動によるものだ。

微細な波動や感性は、
細か過ぎて周りからは分かりにくい。

波動は荒くて強い方が、
ダントツに目立つものだ。

3次元的な意識です。
どちらかというと陽の波動です。
物質的で、戦いや、恐れや不安が
入り混じっています。

だから魅惑的で大衆を引き付ける。
(陰陽両方あってナンボなんですが)

だが繊細な波動は網の目をすり抜けるように、
深~く浸透し調和していく。
ここに大きな価値がある。

見た目やテクニックだけでは決して補えない、

間とか・・空気感とか、
大衆さえも飲み込めるだけの
バイブレーションを表現するって、

いったいどうしてできるのだろうか?

 

究極は、存在するだけで奇跡を起こすことが
可能なんだよね。

 

 

これについてはブログか
7月17日に開催する4次元セミナーで
伝えて行けたらと思っとる。
(私の認識レベルではあるが)

 

それでは、長くなったので次回。。また

 

しか~し、ひとこと。。

 

この女友達はいったい誰に似ていたのか?

 

それはね・・・未来の私だったんです。

だから愛おしくて仕方なかったのだろう。

あの頃の私は他に文句を言わせないほど、
頑張り屋な主婦であり、
気の利く妻であり、嫁であり、
母であった。

それを、でんぐり返ししてくれたのが、
彼女だった。

 

(つづく)