タロット創造物語➂


 

成美ちゃんはタロットを

宇宙を回すかのように、
カードをシャッフルさせて、
束ね、展開させていった。

質問は、

『理学療法士になるべきなのか!』
『それとも違った道に進むべきなのか!』

 

成美:
「那旺先生、出ました。」

 

そう言ってタロットに深~くコンタクト
した成美ちゃんは、

魔法のコンパクトを覗き込む、
「ひみつのアッコちゃん」
(若い人は知ってます?この漫画)
の様だった。

 

ダウンロード

 

そして成美ちゃんはまるでタロットに
ひれ伏すかの様に、

「あ~~~~~

あ~~~~~、ありがとう
そうだったのね・・・・、

うんうん、わかったよ。。教えてくれてありがとう

っと、まるで万物の神々に感謝しているかの
様に会話していた。

 

そして手で顔を隠して号泣したのだった。

 

 

見ない

うぇ~~~~~~ん
成美ちゃ~ん、どうちちゃったの

 

成美:
「私、理学療法士の試験・・受けます。
ちゃんと現実界をしっかり歩きます。

でも、私には使命があるって言っています。

それがこのカードにしっかり出ているんです。
理学療法士とその使命を併用してやっても
いいと。

私は二つの道を選んで良いって。

それは私にしか出来ないタロットを
伝えていくことです。

私が生まれてきた目的は、
理学療法士にせよタロットにせよ
何らかのまだ誰も気づいていないものを

体系化して手渡すだけの人なんです。
手渡せばそれで良いんです。
それが私の使命だったのか~~~

あ~そうだったのか~~!
心がいま大きく喜んでいます。」

 

お~、成美ちゃんおめでとう

 

こ~んな流れで、
進路の方向性はバシッと決まった。
めでたしめでたしのタロットはおしまい。。

・・・っといいたいところだが、
まだ時間は30分残っていたので、他のことも
見てみようということになりました。

 

この話は半年前のことであり、
ある意味ふたりでトランス状態に
なっていたので、

実はこのあとに何の質問をしたかは定かでは
ないのだが・・・。

 

おそらく私が何らかの質問をしたはずです。

私はサニワ役に徹していました。

 

で~、この先に起こったことは・・、
「世にも奇妙な物語」となって
いくのです。

 

タロットを色々と展開させていくうちに、

突然、
成美ちゃんが高校3年生の時に、
「首から白いものが入られた」と言い出した。

 

しろ

(なぬなぬ???)

 

どういうことだい??
この展開は・・。

たま~に、(でもないかも)変なセッションになってまう
クオーレテラピーアソシエイツ

 

 

(その後も世にも奇妙な話はまだ続く)