タロット創造物語⑥


 

(前回からの続き)

9月になっても
成美ちゃんからセッションの予約はなかった。

 

成美ちゃんは8月に田舎に帰って、
すでに亡くなってしまっているのに、

おばあちゃんちの居間に
まだ居続けている150年前の先祖・・。

白い服の女性と小さな男の子・アキラ君の霊を
供養しに行っているはずだ。

それはタロットを通して、
先祖の白い服の女性に約束したからだ。

あんなにしっかり約束をして
いたのだから、行かない訳はないだろうし・・。

逆に行かなきゃマズイだろうし、

でも、行ったとしても、
結構ヤバい顔真っ青かもしれないなぁ。

 

・・・・・・・・・・う〜ん。

 

ちと不安。。顔

 

 

その後どうなったんやろか?????

気になるなぁ。。。

 

そわそわ。。。

 

気になる

(大丈夫かな〜、成美ちゃん)

 

そうこうしていると、
ようやっと予約のメールが入った。

成美ちゃんは10月末になってセッションに来てくれて、
とんでもない事を話し出した。

 

成美:
「実は那旺先生のところに9月に伺うと言って
いたのですが、
お盆に帰った時に、

スズメバチに刺されて
私たち意識不明になって救急で運ばれちゃったんです。

多分、白い女の人の最後のあがきかと。。」

 

那旺:
「私たちって・・・あなた。。」

 

ブヴぇ〜〜〜

 

奥目

ビックリたまげて奥目になってまう

 

成美ちゃんのセッションの後、

成美ちゃんの家族に何が起きたかというと・・・、

 

お母さんがが神懸かりというか、
お母さんの守護霊がとうとう動き出した。

 

そもそもお母さんの守護霊はお母さんのおばあちゃん
だそうで・・。

これも変な話なんでが、成美ちゃんのお父さんが
そういうのがわかるらしく、

結婚したてくらいの時に、おばあちゃんの写真を見て、
成美父上:
「この人だよ、あなたの守護霊は」

っと、
お母さんは伝えられたそうだ。
ととう・・父ちゃんも!スピリチュアルなのですか〜〜。。

 

わわわわ。。っとくるりゃ、スタコラサッサ(意味不明)

 

奇妙な一家だよね〜〜。

 

3

(わわわわ。。家族3人ともですかぁ??)

 

しかし、当時のお母さんは、それをあまり気にかけては
いなかった。

 

それがセッションが終わってすぐに、
守護霊のおばあさんが突然「ドン!」

と入り、色々とアドバイスをしだしたのだ。

 

例えば、

「田舎に一緒に行くメンバーは誰と誰」とか。

成美母ばあ:
「この人は連れて行ってはいけない」
とか。

「向こうに行ってから、こんなことをしなさい!」

とか・・、

霊を鎮めるための手立てを具体的に
伝え出したそうだ。

 

お母さんの妹、成美ちゃんの叔母さんは、
霊を感じる人なのだが、そちらにはメッセージは
入らなかった。

今回は、成美母上のお役目なんだろう。

 

そんな状況の中、
成美ちゃんの家族3人と叔母さん夫婦、叔父さん、
成美ちゃんのおばあちゃん
計7人が守護霊に選ばれたそうです。

 

ゴーストバスターズ顔イェ〜い
(ふざけてはいけませぬ。はい

 

いやはや、1回のタロットリーディングが、
こんな大掛かりなことになろうとは、

成美ちゃんがタロットを封印していた
意味がわかるような気がする。

 

そもそも私がタロットで
何を聞いたかは覚えてないけど、

先祖の霊にアクセスする、
秘密の扉を開けるような質問を

投げかけちゃったのかなぁ。。

 

 

そういえば、うちのセッションでは、
先祖供養の儀式みたいのが
よ〜〜く出てくるんです。

 

(続く)