タロット創造物語⑤


 

成美ちゃんの進路を決めるために占った
タロットだったが、

とんだ方向に話は進んでいってしまった

 

タロットリーディングは1時間程度だったが、
まるで1日中、古〜い映画を見ながら
温泉に浸かっていたくらいの怠さがあり、

未だに頭に湯気が出ている感覚だった。

 

温泉

(あふ〜〜。。達成感。。)

 

タロットをリーディングしている空間が、
異次元と混在しているからだろう。

 

 

成美:
「那旺先生、私これで一切の迷いがなくなりました。

学校も通います。
そして、まさか私がタロットでプロとして
やっていくなんて、考えもしなかったけど、

私はこれが一番やりたかったことなんだと、
やっと気がつきました。

未来が決まった以上、前に進むしかありません。

今・・・・私、嬉しくて仕方ないんです。

今日、ここにこさせて貰って本当に良かった。
那旺先生を紹介してくださったS先生、
那旺先生、

ここまで導いて
貰ったことに感謝しています。顔

 

クライアントさんの殆どは、私のことを那旺さんと
呼ぶが、

やっぱり先生繋がりだと、那旺先生が呼びやすいのかなぁ。

私は、那旺さんでも那旺っちでも
なおなおでも、なんでもいいんだけどね。

スンマセン、話をそらしてしまいやした〜。

 

那旺:
「何言っとるのよ。
自分でリーディングしたんじゃないの。

私はただ、必要な質問をしただけ。
へへへ〜、こう見えても質問の専門家だからね〜顔

それにしてもさ〜、成美ちゃんのタロットって、
占いの範疇を遥かに超えてるわ。

 

私は今まで、タロットを4回習ったことがあるけど、
全然心が動かなくてね・・、
結局はあまりリーディングはしなくなってしまった。

で、上手と言われていた人のタロットリーディングも
何度か受けてみたんだけど・・、

あまりしっくりこなかったんだ〜。

 

やっぱりさ〜、どうしてもその人のフィルターを通って
しまっているので、
なんかね〜・・・そこが気になっちゃって・・。。

決して悪くはないんだけど、いまいち透明じゃない感じがして。

そんなら自分でやりゃあ良いじゃないかと
思ってはみたが、

どうしても突き動くものがなかった。

でもね、でもね、

成美ちゃんよ〜く聞いて。

成美ちゃんのタロットは、占いじゃなくて、
完全にタロットの精霊天使ちゃんと繋がっているんだよ。

こんなリーディングができる人なんて
滅多にいやしない。

成美ちゃんは誰からもタロットを習ったことが
ないって言っていたけど、

小さいころからタロットの精霊天使ちゃんたちと
遊んできたんじゃなぁい?
それが、見ていてよ〜くわかったの。

全然濁りがない。

これは占いなんかじゃなくて、
宇宙からのギフトを成美ちゃんが貰っているんだと思うのね。

成美ちゃんがタロットを封印しなくて
本当によかった。

もったいないよ〜。
あなたは宇宙がくれた宝物なんだから。」

 

いい子

(封印しないでくれて、ありがと。宇宙の宝物さん)

 

成美:
「那旺先生、私嬉しいです。
私、やり遂げます。
まだ誰も気づいてないタロットを

伝えていきます。私の使命を生きます。

9月にまたセッションを受けに来ます。

8月に田舎に帰って、
亡くなっているのにおばあちゃんちの居間に
まだ居続けている150年前の私の先祖・・。

あの白い服の女性と小さな男の子・アキラ君の霊を
供養してきます。」

 

 

と言って、丁寧に頭を下げて帰って行った。

 

頭下げる

(ご丁寧に・・も〜、あんさんありがとさん)

 

やれやれ、それにしてもとんでもないセッションが
最近はよく続くなぁ。。
・・・・・・・

 

しかし、9月になっても10月になっても
成美ちゃんからセッションの予約はなかった。

 

おかしいなぁ。。。

 

(続く)