タロット創造物語④

「世にも奇妙な物語」って、
那旺さん、やけにもったいぶっちゃ
いませぬか?(視聴者の声)

前回の続きです~~~。

 

タロットを色々と展開させていくうちに、

突然、
成美ちゃんが高校3年生の時に、
「首から白いものが入られた」と言い出した。

 

しろ

(なぬなぬ???)

しろ2

(白いのって、どうちたの??)

 

成美:
「あ~、あの時、私の首の・・ここのところから
入った正体が・・今やっと・・分りました。

白い服を着た私と同じ年くらいの
若い女の人の
霊です。

そうです。あの時から私は体が病気がちになって
しまった。

この人・・・私の先祖です。

凄~い怒ってる。。

あ~~~~、ごめんなさい。
私の先祖が貴女に酷い事をしたのね!

本当に酷い。酷すぎる。
私の先祖があんなに醜い事をするなんて

ごめんなさい。。ごめんなさい。。」

 

勘弁

(うぇ~ん。。ごめんなさい。。
先祖が・・・・・)

 

成美ちゃんは、恐怖と罪悪感と
悲しみの中に怯えていた。

私はその様子を観察するだけで、
じっと待った。

 

成美:
「貴女のその悔しい気持ち、
よくわかります。痛いほどわかる。」

 

那旺:
「むかし、何があったの?
この女性は何年くらい前の人なの?」

 

成美:
「もう150年くらい前のことです。

母方の先祖にあたる若い女の人です。

その女性はお嫁にきて働かされ、
虐められた挙句に

子供が出来ないという理由で家を
追い出されてしまったんです。

その後にまた次の嫁を貰い、
その人は男の子を
産んだけれど、

その子を産んですぐに亡くなってしまった。

残された子供を育てなくては
ならなくなってしまったお婆さん(姑)は、
育てきれずに、

とうとうアキラ君という名の男の子を
口を塞いで殺してしまった。

 

最初に家を出された白い服を着た女性は、
その後の半生も辛いことばかりが続き、

「この家の子孫を7代まで呪ってやる!」
と言って、

藁人形を作り恨みながら一生を過ごしたんです。」

 

実は後で聞いてわかったのだが、
このストーリーは成美ちゃんの
叔母さんがすでにリーディングしていたそうで、

成美ちゃんも同じ光景をこの時のタロットによって
見る羽目になったのだった。

 

成美:
「那旺先生、この白い女性と小さな男の子は、
福島にあるお祖母ちゃんの家の居間で暮らしています。

男の子は居間でグルグル回って
遊んでいるんです。

私、前からあの居間には入れなかったんです。
とっても嫌な~感じがして。

その意味が分かりました。

那旺先生、私、夏休みになったら行きます。
この二人を救いに」

 

那旺:
「大丈夫なの??」

 

成美:
「はい、これは私がやらなければならない
ことです。先祖から託されたのだと思うんです。

うちの家系は子供が出来にくい上に、
代々男の子が生まれないのも
この白い女性の呪いのせいだと思うんです。

 

と言って成美ちゃんはまたカードに
集中した。

 

成美:
「私、必ず貴女を救いに行くから待っていて
ください。

必ず約束するから。

そしてうちの先祖の悪行をお許しください。
先祖に代わってお詫びいたします。」

 

成美ちゃんは丁寧に手を併せて、
深くお辞儀をした。

 

(その後も世にも奇妙な話はまだ続く)