投稿

私に影響を与えた人・13

 

(前回からの続きです)

18歳の頃(40年以上も前の話)
Kちゃんは、完全に勘違い&濡れ衣状態、
さらに誤診で精神病院に入院させられ、

その上、大量の薬の投与をさせられ、
数ヶ月の間に廃人にさせられた過去がある。

 

あの頃の精神病院と言ったら、
社会的にすごい偏見があった。

「気狂いがきた!」と指差し、心無い言葉を
平気で使っていた時代だ。

 

ことの経緯を、
私的には憤りと共に、
世間に言いまくりたいところだが、

 

クソ〜〜〜〜〜

 

images (1)

(人の人生をなんだと思っているんだ!)

 

・・・ここで爆発すると
地震でも起きそうなので控えよう。

・・・・・・

 

 

前にも話した様に、
Kちゃんの子供たちに接する時の目は、
本当に愛おしそうに輝いている。

どんな子供でも平等に扱う。

 

かつて、18歳の時の彼女もきっと同じ様な目で、
子供たちを見ていたのだろう。

 

シスターのお姉ちゃんにバイトを頼まれて、
養護施設で「お姉さん」として働くようになった。

初めはあまり乗り気ではなかったが、
養護施設で子供たち(中高生の悪ガキ時期の子)
と触れ合う様になると、愛おしくて、楽しくて、

いつの間にかKちゃんの生きがいになって行った。

 

Kちゃんの子供たちを愛する思いは、
純粋な子供たちに直ぐに伝わっただろう。

 

他のクラスの子供たちも、
Kちゃんのいるところに集まってきたという。

 

ダウンロード (2)

(あっ!優しいお姉さんだ!)

 

しかし、Kちゃんの想いとは反対に、
施設の先生は彼らの居ない時に、
ボロクソに罵っていた。

先生:
「あの子らは、万引きしたりしてロクなもんじゃない」

「親がまともじゃないから、そうなるんだ!」

「人間のクズだ!」

 

その言葉を聞くたびにKちゃんは
苦しくて気が遠くなったという。

 

そして・・・、

子供たちがKちゃんを慕うに従って、
先生は子供たちをKちゃんから
離そうとした。

 

私が想像するに、
愛をもって接するKちゃんの行為そのものが、
先生にとって都合が悪かったのかもしれない。

 

多少悪さはしたとしても、
心根の良い子たちである。
子供たちの可能性を見出すどころか、
悪口を言う先生。

 

ダウンロード (6)

(酷いよ、酷いよ!そんなこと言わないで!)

 

そのあと、

 

子供たちと引き離されてしまったKちゃんは
悲しすぎて、ただただ声をあげて泣いたそうだ。

「なんで、あんな良い子たちをそんな目で
見るの?違うのに・・。悲しいよ〜」(回想シーン)
私もあの時は若かったからさ〜。←っと、本人の言葉)

 

その泣き方が尋常じゃないと思われたのか、
職員の人にKちゃんが連れて行かれた先は病院だった。

あとでわかったことだが、

そこは精神病院だった

・・・・・・・・・

 

病院の医師に尋ねられたそうだ。

医師:
「なんで泣いているのだ?」

と聞かれたKちゃんは、
どうせ言ったところでわかって貰えないと
思い、

Kちゃん:
「ただ悲しいから泣いているのです」

医師:
「悲しいだけで泣くのか?」

Kちゃん:
「悲しいから涙が出て来るのです」

医師:
「理由がないとおかしいじゃないか!」

Kちゃん:
「悲しいだけで泣いてはいけないのでしょうか?」

医師:
「どうかしている」

Kちゃん:
「あなたみたいな医師がいるから、
いけないのです」

 

そのあと・・・Kちゃんは、
注射を打たれて気を失った。

 

もうろうとした意識で気が付いた翌朝、

彼女の居場所は鉄格子の中だった。

 

それから薬漬けの時が半年近く待っていた。

それまでに何度か家族は面会に来てくれたが、
退院させてもらうには至らず、

半年経った時に、
完全に廃人になって形相が変わってしまった
Kちゃんをみた父親が、

Kちゃんの願いを叶えてくれて、
逃げる様に退院したそうだ。

それから回復するのに2年は要した
と言っていた。

 

なんで、こんなことを書いているのかと
いうと、

彼女が癌になった理由がここにある
気がしてならない。
ここしか見当たらない。

 

 

ストレスによって蓄えられた毒素は、
猛毒であると今の科学で検証されている。

この時の経験が毒となって、40年後に
体に反応したのではないだろうかと。

 

そんなことを今更言ってもせんないことだが、

 

Kちゃんの純粋さと、

正直さと、

恐れを知らない輝きゆえに悲劇が
起きた気がする。

 

うちのクライアントさんもKちゃん同様に
純粋さ故に社会から苦痛を味わわされている
人がいらっしゃる。

人間関係の恐ろしさから、自分を小さくして
ビクビクして生きている。

もし、Kちゃんと違ったところがあるのなら、
Kちゃんは恐れを知らないところだ。

 

Kちゃんは神様だけを恐れている。
恐れているというのは
「畏れ多くも愛している」という意味だ。

 

そんな、彼女の強さ、彼女の美しさを讃えたい。

 

ダウンロード (5)

(私は、あなたを尊敬しています)

 

これからどんなに頑張ったところで、
そう遠くない時期に、

私は・・・、

Kちゃんの死と向き合わなければ
ならないだろう。

神様の元に旅立たれるのを、
私は祝福せねばならない。
Kちゃんが、それを心底喜んでいるのなら、
一緒に賛美歌を歌い続けるだろう。

私の心の中にKちゃんは生き続ける。

人の心に宿る人間で在りたい。

 

 

ダウンロード (3)

Kちゃん、大好き!生涯の愛しい友

 

(続く)
*******************

 

【4次元セミナー(変な人の為のon変なセミナー)

開催日:7月17日(月曜日:祝日 海の日)

時間: ※13時半~16時(ご注意!)

開催場所:清澄庭園
大正記念館

(都営大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」下車徒歩3分)

料金:6,000円(税込)

参加申し込みはこちらへどうぞ〜

4次元セミナー申し込みフォーム

 

懇親会の募集は既に満席になりました。
お申し込みありがとうございました。

 

私に影響を与えた人・12

 

前回は4次元セミナーのアナウンス
をさせて貰いました。

やっぱり、来なきゃいけない方々が
申し込みしてくださいました。

再募集して、よかった!

龍とのコネクト、楽しみにしていてください。

7月9日まで募集していますので、
縁がありそうな方がいらしたら誘ってあげて
ください。
参加申し込みはこちらへどうぞ〜

4次元セミナー申し込みフォーム

 

*****************

 

さ〜て、「私に影響を与えた人」
いつのまにかシリーズになっています。

今日のお話は「私に影響を与えた人⑦」
から始まった、
親友Kちゃんの話の続編です。

9年前に乳がんの初期と診断された
Kちゃんは、90%手術で助かると言われたにも
拘らず、

一切の治療、・・それは私が勧めた自然療法も含め、
全て拒否したことから始まった。

今はステージ4で全身骨まで癌が転移しているのに、

誰よりも心が健康な状態のKちゃん。
全身愛そのもので包まれているみたいに見える。
それしか感じられない。

痛みも当然起きる。
決して不快じゃないわけではないが、
それさえも受け入れていて、

「神様、この痛みを取ってください」
神様にお願いして日々を過ごしている。

ダウンロード (1)

(かみさま・・・)

 

幸い、殆ど薬を飲んでいなかったせいか、
一番弱い痛み止めが効いているのも、
お医者様の首を傾げさせる理由の一つである。

 

こんなことが起きるのだろうか??

 

神様を信じ、イエズス様を慕い、
その思いが、一人の人間をそこまで
強くできるのか?

 

Kちゃんは私が出会った時から、
ずっと神様に対して「誠実」であった。

私が見てきた他の、どんな宗教家よりも、
スピリチュアルなことをしている人よりも、
私にはそう見えた。

私は聖書を愛読している訳もなく、
Kちゃんの言っていることを全く鵜呑みに
している訳でもないのだが、

 

彼女を突き動かしているものは
一体何なんだろうか?

 

っと、わからないまま今に至る。

 

Kちゃんはイエズス様のみが「神の子」であり、
大事なひとり子を神はこの世に遣わされたと
言っていたが、

私はKちゃん自体、
彼女の存在そのものが、
「神様の神子」として生きながらにして、

この世で神の言葉を体現しているのではないかと・・。

聖書(真理)の伝える通りに。

 

そんなことを私がKちゃんに伝えたところで
全然信じないだろうが・・。

 

一説に、聖書は改ざんされているという
話もあるが、
そんなの、彼女にとってはどうでもいいことだろう。

 

Kちゃん:
「私は、不良カトリック信者よ。

だってミサも行かないし、

行ったところで、
神父様の言葉がスッキリと入って来ないん
だよね!

シスターのお姉ちゃんからは、あなたは聖書の
読み方を曲解しているって言われるけど、

私は書いてある通りに解釈している
だけなんだけどさ。

でも、私は弱いから聖書に書かれている様に・・
ちゃんとは出来てない。

だって、

『右の頬を打たれたら、
左の頬を差し出しなさい』

な〜んてことは私には到底出来ない。
痛いから嫌だもん・・」

 

私も子供の時、日曜学校に
いやいやながら2年間だけ通っていたが、
その言葉が微妙に心に残った。

 

当時の神父様は、
どう教えてくれたのだろうか?
覚えていない。

「赦しなさい!」ってこと??

私はそれよりか、

「持っている人はさらに与えられ、持たない人は
持っているものまでも取り上げられる」

この一節の様に、

すでに自分の心の中にある、
豊かさをじっと認めることだ。

 

そうすれば、人から尊厳を奪われることは
ない。そして愛が満ちて来る。

自分の中に在る=神と繋るよ!
と言われている気がする。

 

話は戻って、

 

Kちゃん:
「私が癌になったのって、亭主の
煙草のせいじゃないかと思っているんだけど・・
それしか原因が見当たらないんだ~」

とKちゃんは言っていた。

今更、何が原因って言ったところで、
どうなるわけではないが、

私もKちゃんが癌になったと聞いて
ピンと来なかった。

 

そんなのって・・

誰でもピンと来る訳はないだろうが、
それに、「癌になるタイプ」とかが明確に
わかっている訳でもないし・・・、

ただ、Kちゃんはストレスをはね除けるタイプ
だから、癌になる影響力をもつ活性酸素を
溜め込まないと感じたからだ。

 

そういう意味では、
私は一つだけ気になる事があった。

 

18歳の頃(40年以上も前の話)
Kちゃんは、完全に勘違い&濡れ衣状態、
さらに誤診で精神病院に入院させられ、

その上、大量の薬の投与をさせられ、
数ヶ月の間に廃人にさせられた過去がある。

薬を飲みたくなくても、拒否すれば
羽交い締めで薬を飲み込むまで、
見張りがついた。

嫌がって騒げば、注射をされた。

こんなことをされたら、
誰だって、本当の精神病患者になるだろう。

 

images

(大人には私の言葉が通じない。)

 

ただ、Kちゃんは純粋過ぎる人だから、
悲しくて泣いただけだったのに。
***************************

 

【4次元セミナー(変な人の為のon変なセミナー)

開催日:7月17日(月曜日:祝日 海の日)

時間: ※13時半~16時(ご注意!)

開催場所:清澄庭園
大正記念館

(都営大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」下車徒歩3分)

料金:6,000円(税込)

参加申し込みはこちらへどうぞ〜

4次元セミナー申し込みフォーム

 

 

 

私に影響を与えた人⑪

 

(前回からの続き)

(初めての方はこのシリーズは⑦から
ご覧くださると流れがわかります。)

 

親友Kちゃんとは、
20数年前にご縁は繋がった。

次男の小学校時代の同級生の母だった
Kちゃんとは、

子供達が所属している野球チーム(超弱小)
の試合がある時の付き添いとか、
サッカーチームの試合の応援部隊とかで、

比較的暇な?(外でお仕事をしていない)
母ちゃん達の部類に入り、
2人はたいてい顔を出していた。

私は、夏は暑いし冬は寒いし・・(当たり前だけど)
そんな中で運動をしている子供たちには
申し訳ないが、見学はとりあえず義務で行っていた。

しかし、隣で応援しているKちゃんは、
どの子も可愛いようで、目を細めて
応援している。

「がんばれ~~~」って。

ダウンロード (5)

(みんながんばれ~

 

私はそんなKちゃんを見ている方が
よっぽど面白かった。

 

一方で、ど素人のくせに
伝統深く強豪であったバレークラブチームに、
恐れ多くも入部してしまった二人。

Kちゃんの方が少し先に入っていて、
当時は9人制だったもので、

バックポジション・・つまりレシーバー
として、新人の二人はバリバリしごかれた。

どうやら久々の新人の様なので、
期待されてか、

先輩たちから手ぐすねを引いて、
ど素人の私達は可愛がられた。

 

images (5)

(あ~たたち、しっかりせ~
アタ~ック ビシバシ

 

ゼーゼーしながら、準備運動だけでも、
結構激しい筋トレから始まる。

 

キャプテン:
「下手くそ!よくそんなど素人のくせに、
うちみたいなチームに入れたわね!

ポジション欲しいなら、
ド根性出して勝ち取りなさい!」

 

その頃の私は、ちゃんと社会の常識や
醜い概念に例外なく捉われていた。

戦い、羨望と嫉妬、根性・・・、
ヒットする言葉も⇒打ち負かす、負けてなるものか!

的な言葉は私にやる気をもたらした。
そして、「人生をかけてバレーに取り組むべき」
みたいな変な忠誠心みたいなノリが私にはあった。
それに比べると、Kちゃんは、

Kちゃん:
「なんで、そんなにポジションを
欲しがる必要があるの?

私は身体を動かしているのが好きだから、
やっているのに、

勝つとか勝ち取るとか、
そんなことは全然ピンと来ないわ。

欲しい人がとればいいじゃない。

私は好きなことしかしたくないし、
痛いのも嫌い!」

って、よく飲み会でも先輩に言い返していた。

キャプテン:
「あんたって本当に馬鹿ね!
あんたみたいな甘ちゃんで世の中なんて
とても生きられないわ。

だからあんたみたいな奴と一緒にいる人は
大変になるのよ。
あなたのその我儘な態度によって。。」

 

今の私ならわかる
キャプテンの言っていることそのものが
投影だということを。

 

Kちゃんは、そんな風に言われても、
一切引かなかった。

私は、Kちゃんも大人になって、
いい加減に要領よく対応して誤魔化して
おけばいいのに・・。

・・と、不憫な気持ちにもなるし、
かと言って、羨ましい気持ちもないわけ
ではない。

でも私は、あんなに言われるのはごめんだ。

で、私はこの時もさらに今後もずうっと、
戦い、比較、嫉妬やいじけと人生を共に
することを選んで生きて行くことになる。

それから何年かして、
Kちゃんは突き指をしたのがきっかけで、
痛いのは嫌いと言って辞めた。

結局私も、8年くらいは頑張ったが、
最終的には幼稚極まりないポジション争いとか、
ヒイキとかのエグさに耐えられなくなり、

バレーチームから身を引いた。

組織における醜い勢力争いは、
この時ばかりではない。

私の心が戦いや比較をやめない限り、
この連鎖はきっと終わらないのだろう。
全て分離の恐れがそれをやめさせない。

世界中に当たり前に起きていることだ。

今はハーブデトックスをして、
「戦いの脳みそ」がこぼれ落ちてしまった。

これについてはこのシリーズが終わったら
掲載することになるかも。

 

今日はこれでおしまい。また次回。。 

 

******************************

【4次元セミナー(変な人の為のon変なセミナー)

開催日:7月17日(月曜日:祝日 海の日)

時間: ※13時半~16時(ご注意!)

開催場所:清澄庭園
大正記念館

(都営大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」下車徒歩3分)

料金:6,000円(税込)

参加申し込みはこちらへどうぞ〜

4次元セミナー申し込みフォーム

 

四次元セミナー 懇親会のご案内

 

日時: 平成29年7月17日 17時〜19時頃

会場: 清澄庭園より徒歩圏内を予定

会費: 1500円(当日会場にて承ります)

 

詳細について(6月18日のブログ)は、こちらへ

※懇親会については、お陰様でブログ公開日に
20名の定員に達しましたので受付を終了いたします。

ただ、まだ開催場所を決めた訳ではないので、
ご希望に添えるかどうかはわかりませんが、
ご希望の方は個別にメッセージくださいませ。

cuore.nao@gmail.com

 

4次元セミナー・なぜか再募集始まる

 

今日は二つのお知らせがあります。

 

4次元セミナー再募集

 

今年、1月28日に4次元セミナーの申し込みを開始し、
2月11日に締め切りをしました。

 

が〜〜〜〜〜、

 

ところが、なんなんでしょうね〜。
今日から再募集することに決まりました。

 

早々に申し込んでくださった方々には
感謝と共に申し込みを急がせてしまい、
大変申し訳ありませんでした。

今回の再応募は、
人数が集まらない・・とかいう
事情では全くなく、

もう少し「潜在的に集まるべき人」に
来ていただくようになったためです。

 

 

「潜在的に集まるべき人」・・と言われてもね〜。。

 

例えばこんなキーワードはいかがでしょうか!
     

「和する」「龍神」「日本」

「全体」「変な人」「インディゴチルドレン」

「うねり」「運」「先祖」

「今やらずしていつやる!」

 

こんなキーワードであなたの心にヒットし・・

ピンと来た方は、
是非ご参加くださいませ。

 

4月に開催したランチ会も、
フランス料理を食べるだけの集まりのはずが、

なんとまぁ、貸切になり〜の・・で、
ミニ4次元セミナーに行き着いてしまいました。

ミニだけど、エネルギーはデカかった。
皆んなで目がぐるぐるものでした〜。

 

ダウンロード

(あれまぁ、私は誰?ここは何処?)

 

では、4次元セミナーってどんなセミナー顔

 

ぷぷぷ。。(意味不明)

 

う〜〜〜ん、言えね〜な〜顔

 

ダウンロード (1)

(理解を超えちまったセミナーさ)

 

【4次元セミナー(変な人の為のon変なセミナー)

開催日:7月17日(月曜日:祝日 海の日)

時間: ※13時半~16時(ご注意!)

開催場所:清澄庭園
大正記念館

(都営大江戸線・半蔵門線「清澄白河駅」下車徒歩3分)

料金:6,000円(税込)

※前回お伝えしていた開始時間は13時より
開始と伝えていましたが、13時半からになりましたので、
ご注意くださいませ。
それによって、入室時間は13時20分からになりました。

 

4次元セミナー申し込みフォーム

こんな方にオススメいたします。

変な事好きな・変な貴方は参加資格があります。(^-^)

私は変じゃない!と強く思っている人も十分に変参加者のはずです。(^^)

変な事好きの・変な貴方の友達も、参加するに十分な変保有者ですから誘ってあげて下さい。

ともかく、このメッセージを見ている限り変保有者のはずです。

 

こんな方は何をおいても優先的に来てください。

日本が大好き!

なんの為に私は生まれて来たのか?
なんだかわかんないけど、
「わたし・・役に立ちたい」って、突き動かされる!

今、一歩人生が足止めされている!

龍とかスピリチュアルとか、
そんなのちっともわかんないんだけど、
なんとなく心に触れるものだから・・覗いて見たい!

      

こういった嗅覚があるだけでOK。
解決していきましょう!

 

魔法学校で、2,000万〜3,000万(考えたくない)
使っちまって、

トップまで昇ったからこそ
この4次元セミナーの価値がわかる。

たった6,000円で秘儀を使うぞ!と決めた。。
(私じゃなくて上の人達が天使ちゃん

 

期限は今日から7月9日24時までです。

 

参加申し込みはこちらへどうぞ〜

4次元セミナー申し込みフォーム

 

*******************

 

四次元セミナー 懇親会のご案内

 

日時: 平成29年7月17日 17時〜19時頃

会場: 清澄庭園より徒歩圏内を予定

会費: 1500円(当日会場にて承ります)

 

参加申し込みはこちらへどうぞ〜

懇親会参加:申し込みフォーム

 

※尚、会場の都合上、先着20名様までの参加とさせて頂きます。

 

遠くはアメリカ・ニュージーランド・種子島・北海道
(龍さんもご一緒に)よりお越しくださる
同窓会みたいなセミナーですので、

懇親を深めた方がいいとのこと。
(いったい誰が話しているんだ?)

「あなたとあなた」がたった1度出会っただけで、
連れて来た龍同士で勝手に・・

「ホラ!いちゃいちゃ」と、
デートしているという噂もちらほら聞く。

そんなこともしてあげたいので。。
(那旺さん・・言っていること・・絶対変です)

 

てな訳で、ふるってご参加くださいませ〜。

 

私に影響を与えた人⑩

 

(前回からの続き)

 

このお話は、このシリーズ⑦から始まって、
今日はその先になります。

 

親友のKちゃんは、
9年前に乳癌の第一段階と言われてからと
いうもの、

家族を含め、沢山の人から
初期の乳癌なら切除すれば90%は完治する
んだから、手術をするように再三勧められていた。

カトリック信者であっても、
命を永らえるなら手術もすれば輸血もするでしょ?

・・・・・っと、思うのだけど、
Kちゃんは頑なに断り続けた。

Kちゃんの姉は、敬虔なるカトリック教徒の
シスターなのだが、

姉のシスターの勧めも、
神父様からの勧めも、
どんなに説得されても承諾しなかった。

私としては、
そこまでのところはKちゃんに共感できるのだ。

何故ならば、私だって同じ立場になれば、
きっと手術をしない選択をするからだ。
体にメスを入れるのは、なんだかんだと言って、
良いこととは言えないし、

それに抗がん剤治療や
放射線治療をするのは、絶対に嫌なのだ。

免疫を抑えていく治療なんて、体をなんと
思っているんだい!と言いたくなる。

普通に考えても理解できない。

っと、講釈を垂れ流しても、しゃぁないので、
話を元に戻しますが・・。

 

びっくりなのは自然治療の方法を
私や娘に教えて貰えているのに、
Kちゃんがそれさえも拒むのはなんなのか!

 

死にたい顔わけでもなかろうが、
生きたいわけでもないようで、
かと言って、生きる意欲が無い訳でもなく、

 

 

う〜ん顔・・わからぬ。。

 

彼女の生き方の師匠である聖書
教えって、いったいなんなんやろか???

 

Kちゃん:
「哲(次男の名前)がね、だいぶ前に
なかなか良いお話をしてくれたんだ〜。

那旺ちゃん、これ、知ってる?

・・・インディアンに伝わる言葉でね、

『人が生まれて来る時は、泣きながら生まれて来るけれど、
でも迎える周りの人たちはみんな笑っている。

人が死ぬ時は、見送る周りの人たちは泣いているけれど、
死んで行く者は、笑って死ぬ』

ってはなし。。

 

この世に産まれ、生きていくには辛いことがあるけど、
でも、やっとお迎えが来て、
神のもとへ旅立つのは、本当に
幸せなことよね。

だからそれを知っているから最期に笑うのね。」

祈り

(イエス様。私をお導きください)

 

・・・次男もなかなか良いことをいうなぁ。
愛いやつめ。。

 

良い子

(なでなで 182センチの次男)

 

 

私は小学生5年生から2年間、
プロテスタントの日曜学校に
1度も休まずに通っていたことがある。

 

今気がついたが、このシリーズの①に登場した
高校時代の先輩が、

この日曜学校に誘ってくれた人だった。

面白いなぁ、こうやって繋がるわけね。

 

日曜学校も高校時代の音楽部入部も、
私はどちらも気が進まず、
無理くり誘われて仕方なく入ったはずだ。

 

でもこの小学生時代に
イエス様の存在や教えを受けていなかったら、
私を苦しめさせた、「いじめ」に耐えるには、

限界があったかもしれない。

そういう意味で、私の心の支えになったのが、
聖書の教えであったことに、間違いない。

しか〜し、いやいやながら行っていた教会なので、
殆どその教えを今は覚えていないし、
新約聖書もいつの間にか無くしてしまった。
(はっきり言って捨ててしまったのだろう)

 

それに比べてKちゃんは、両親共にクリスチャンで、
生まれながらに洗礼を受けている。

聖書の教えを人生の生き方として学び、
神の教えを忠実に守っている。

実は私は、宗教はあまり馴染めない。
そこまでどっぷりつかれないからだ。

 

ただ、私がなんでこんなに
敬虔なるクリスチャンであるKちゃんに
惹かれたのかということが全ての鍵なのだ。

 

ダウンロード (4)

(あなたの何かが私を惹きつけるのよ

 

(まだ続く)