繰り返される、クリスタル殺人事件⑧

 

(前回からの続き)
前回のブログの話で、

知人の尼さんが話していた事を
要約すると、

 

尼さん:
「那旺さん!◯◯さんは、実はどうも
上がられていないみたいですよ。

昨夜お棺から足が出て蓋が開いていた
んですって。

ですから那旺さんが成仏させて
あげてください。

今回の場合は、私でなく那旺さんが
適任だと思いますので、故人の
為にもどうぞよろしくお願いします。」

 

 

びっくりした

(なんちゅ〜〜うことや。
鼻の穴穴穴穴があいてもうた。

ゲロびっくり!)

 

 

その時私は、うっかり間違って、

「はい〜

 

と言ってしまったのだ〜。

うん

(頭の中がくるくるパーになっちった)

 

「はい」と言ってしまった私に
いったい何が起こったでしょうか?

 

それから3日間、

私はお経を唱えたり、
彼が成仏するようにイメージしたりと、
思いつく事をしたのですが、

なんかしっくり来ない。

 

(この頃は、まだまだ未熟でしたから、
テクニックの事ばかり考えていた。)

 

そうこうしているうちに、
異常な程に感情が上下して、

気持ちが落ち込み出した。

 

体もズズずっしりと重いっす

 

重い

(ぐぐぐっ!なんか重いのよ)

 

コレって私の感情じゃぁ無いな。

 

きっと・・・。

 

これに関して私は、
ちょいと自分一人では対処できない
気がして、

整体の師匠のところへ体を調整して
貰いに行く事にしました。

 

師匠のところに行ってみて直ぐに、

 

師匠:
「あら〜那旺さん、お疲れね。
そこまで酷くしてどうなっちゃったの?」

 

っと言われ、

 

私:
「やっぱり連れてきてますよね?」

 

っと聞くと、

 

 

師匠:
「それって、ちょっとやそっとの人数じゃ
ないんじゃないの?

ぞろぞろものよね?
どこでそんなになっちゃったの?」

 

私:
「葬儀場で、うっかり請け負いますって
言っちまった。
そしたら、こんなに
なっちゃいました〜」

 

師匠:
「だからそこにいた霊さん達が、
ここぞとばかりにわんさと
那旺さんに付いて来ちゃったのね?

まぁご苦労様

・・・・・・・。。だよね〜。

 

それから施術が始まり、
師匠のリーディングによって、
彼が言いたかった事を聞いてから、

 

光の道を作り旅立って頂くことに
なりました。

 

私もこれで生前に言えなかった事が
伝えられて、スッキリしたのだ〜。

その後、付いてきてくれた霊さん達が
光に導かれてお帰りになりました。

 

この話が事実か妄想かどうかは、
私には何とも言えませんが、

体も感情も、元どおりになったのは
確かです。

 

師匠にお手伝いしてもらっちゃったけど、
お約束が果たせて良かったなぁ

 

 

<続く>