やっぱりここのクリスタルはスゴもの③

 

前回はいつの間にかお金の
話になっていました。

お金のセミナーやりたいです。

お金が大好きになり、必要な
お金がちゃんと入ってくるワークって、
皆さん興味あるでしょ?

 

3か月コースを選択する醍醐味は、
お金を払う覚悟が形に
出るんですね~。

一括で113,000円を支払った分だけ、
進化することを諦めない意思表示
ですから。

その人の意識の形をお金は
正直に表現してくれるのだ!

「お金は物質ではなく、あなたを
表す循環のエネルギーです」 

だから、不正をして儲けたり、
おごってもらってばかりだと、
見えない所で損になることもあるから、

気持ちよく払おうね~。

な~んちゃって事を、
ちょっとスピの入ったエネルギーワーク
を入れながらセミナーではお話しして
行く気満々だす!

 

 

前前回のブログで、
「クリスタルちゃんに脱帽~!」

っと言ったまま、その件について、
触れることなく、

きゃ~~ここまで引っ張って
来ちゃいました。

で、3か月コースの話に行き、
お金はエネルギーだ~の話になり~の、
ようやっと言いたいことが言えるのぅ。。

 

お待たせ

(コロちゃん、待っててくれたのわん犬

 

そうなんです、

うちのクリスタルちゃん達が、
やっぱり凄く頼りになることを、

この度セッションにおいて痛感しましたマーク

 

ちゅうのは、どうにもこうにも
セッションが核のところまで行かない
場合が出てきたのです。

3か月コースを選ぶ方は、
1回セッションをしたところで

自分の場合、そう簡単には解決で
きないかもと思った方が
選んでくださるのかもしれません。

そもそも、どこまで楽になりたいか、
どこまで自分の魂を進化させたいか!

にもよりますがね~。

 

ちなみに私はカウンセリングやセラピーは
200回近くはしているのじゃないかな?

悩みが殆ど無いのにも関わらず・・・、
半年間に50回もセッションを受けた事
もあります。

これはカウンセラーに本腰を入れて
なろうと決意したことの現れですが。。

本音の話、次のセッションまでに
悩みを探すのが大変でした。

結局、悩みを見つけることが
出来ないままセッションをしたりして、

無理くり半年で50回セッションの
目標を達した感じでした。

思い込んだら命がけ・・突っ走る
タイプの私です。

やったる

(お~、やったるで~。↑変顔しすぎ)

 

話は変わって、
例えばね、40年間
ずっ~と苦しかった方の人生が、
たったの1~2回のセッションで、

 

「ちゃっちゃと私の要らないものを
取っ払って頂戴!」

って仰るのって、どんなものかしらね~。

結果的に1回のセッションで楽になれば
ぜんぜんOKですし、
うちのセッションでは普通にある事ですが・・。

でも、自分の心を愛しい子供の様に、
落ち着いて、しっかり感じて

時間を十分にして腕に抱えてあげて・・・・時計

丁寧に近づいて欲しいものです。

 

いつも不思議なのですが、
病院から紹介された臨床心理士の
ところでは、

1週間に数回通い、
それを10年続けていたとして、

ほとんど何の変化がなくても、
皆さんそんなに気にならないし、
疑問を感じずに通っていらっしゃるの
ですが、(現状維持で十分とか)

 

でも、セラピーに限って、
「1回で治らないんですか?」

って質問される時があるのですね。

 

セラピストって立場は、
何故かハードルを高くされているな~
って思うのね。

それって期待値?

って、感じでもなく、

 

「ここでダメなら私はこれから
どうなっちゃうんだろう・・」

って不安になるのだと思いますが・・。

そういう時、私は
「1回で快適になるときもあるし
そうでない時もある。」

と答えますがね。

あ~また、余談で横道に逸れないように
今回は止めよう。

 

で、7回のセッションのうち、
5回やっても、核心まで行けていない
クライアントさんがいらっしゃったのね。
50代のエリート男性。

男性は、親や社会から、
「男は泣くな!」
「男のくせに!」
「男は言い訳するな!女々しい」

など、厳しく育てられていて、
この軋轢は本当に気の毒に思います。

てな社会事情がありまして~、

エリートな立場な人ほど、

「感じてはいけない」

「考えてはいけない」

「自由に行動してはいけない」

などなどの鎧を沢山着ています。

このうち「感じてはいけない」と
「考えてはいけない」のビリーフが
セットになっていると、

セッションはかなり厳しいものとなります。

プラス、「信用してはいけない」が
加わると、トリプルです。

プラス、二次的利得(セカンダリゲイン)
があると、絶体絶命顔

 

例えば二次的利得とは、
「幸せになりたい」と顕在意識では
おもっていても、

潜在意識では「幸せになったらお母さんに
もうしわけない」っと思ってる。

つまりブレーキとアクセルが同時に
踏まれているのだ。

 

さぁ、ここまでは私の想定内です。

ですから、あの手この手を使って
なんとか凌いでまいりました。

しかし、まだ行く手を塞ぐものが
あったやんか~。

ここで、クリスタルさんのご登場
でござんす。

 

(と言いつつも、次回また)