スピリチュアルマッスルを鍛えるポイント④

 

「オバケが付きにくくなる4つ
の方法」

の解説をしはじめた途中に 、

話がそれていった理由が
わかりました

 

つまり、スピリチュアルマッスル
を鍛えるお話をする前に、

 

誰でも耳を傾ければ、

 

魂の声
(ハイヤーセルフ・守護霊・
神・本来の自分でもOK)

が聞こえてくるんだよ

 

と言いたかったのだ。

これから繰り広げられていく
お話は、それが大原則に
なっているからです。

 

そういえば、

15日に大好きな知人
にお誘い頂いてコンサートに
行って参りやした~~。

 

魂がほっこりする、
素敵な声に出会っちゃった

 

その方の映像がありましたので、
是非、you Tube の映像を
ご覧ください。

 

 砂田直規さんです。

可愛い人よ。。

こんな情熱的な声を聴いていると、

あ~私達は、

魂が震えるような感情を

この身体で感じ、

愛と喜びと夢を体現したくて、

生まれてきたのじゃ。。って

 

こじゃれた気持ちになるわい。


感動ぴよ

 

それを
分かりやすく感じさせてくれるのが、

「芸術」なんでしょうね。

 

もしエネルギーを敏感に
感じられる人がいらしたら、
ちょっと観察してみましょう。

 

スピリチュアルマッスル
鍛える練習ね。

 

音の波動が、
縦軸と、横軸と、前後
交差しながら波を打っているのが
じられますか?

生演奏でないから、

視覚化したり
響きを感じるのは難しいのですが、

 

体の感覚に意識を向けると、
自分の中にも響きが振動している
のがわかるかもしれません。

 

それと共に感情が
体の何処を揺さぶるかを
感じとれたらサイコーっすね。

 

もし、何にも感じなかったら、

他の分野の音楽か芸術で、
あなたは共鳴するのかもしれ
ないね。

 

だから感じなくても
普通なので心配しないで
大丈夫だよん。

 

例えば、
うちのアシスタントの天使君は、

美術館で周波数の高い作品があると、

目を瞑ったまま、
おデコのセンサーを頼りに、

スススーっと、

歩く歩道に乗せられたみたいに・・、

芸術作品の目の前で止まります。

 

「作品に呼ばれるんだーって
天使君は言ってます。

私はその感覚がわからないので、
彼の後ろにくっ付いて行くんです。

ハッキリ言って、

私の頭の中は、美術館の帰りに、
どんなデザートを食べられるだろう?

としか興味がないのです。

感覚ってそんなものです。

 

私達は、好きなものが、
お得意分野になる訳で、

 

それを、単純に伸ばしてあげたら
それでいいのら~。

 

子育て中のお母ちゃんたち!

そこのところの見極めを、
よろしくたのもう。

 

洞察力を鍛えて
お子ちゃんのスピリットを育てて
おくれやす。

 

れれれ

 さっさっさ、
お出かけですか・れれれのれ~
五感をレレレと鍛えましょう!

五感の次は六感よ~。
そしたら、覚醒近づくよ~。

(レレレ音頭・作曲者/nao)

 

 

<つづく>