「どうして、幸せのはずなのに不満なの。私は何をブーたれているの?」


あぁ~ん、天国にいて、何でも願いがかなって幸せなはずなのに
ガーン「私は何をブーたれているのかしら?」

ここが、トリックなんですね。はてなマーク
私たちの思考は天国では瞬時に現実化します。
逆に言えば、思考にないものしか、現実化できないのです。

心の成長がなければ、それ以上のイマジネーションが湧かない。
想像を超える現実化ができないのって、
そろそろ厳しくなってはいないですか?

天国には規制や制限などは全くないので、やりたい放題です。

では、この世で、様々な価値観を持って、あの世に行くとします。

この世で、お金に価値観をおいて、
金儲けに必死の人生を送ってきた人だとしたら、
あの世に行って、お金は全く価値のないものと気づきます。
自分が追いかけてきたものが、全く無意味なものになって
しまって愕然とするでしょう。

ブランド好きの人も、ブランド品がいくらでも手に入り、
ブランド品の山に埋もれる事ができたとして…、
でも、そのブランド品が誰でも望めば手に入るとしたら、
どんな空しい気持ちになるのでしょうか?

美食家が無限に美味しいものを食べ続けることができたとしても、
いずれは飽き飽きませんか?

「こんなことをずぅ~っとやっていて、僕ちんいいのかな、あれ~(・3・) 」
「こんなことは、もう続けられないよ。つまんない(´-ω-`)」

これが、自分の想像力の限界に気づきだした頃です。
あの世は、自分が望めるものしか反映されないのだと、
自分の浅はかさに落ち込んでしまいます。

ここまで来たら、天国とさよならする(o・・o)/~時が来ました。

こうやって、魂の成長へと旅立つわけです。

ここまでの過程は、とっても長い時間を費やすでしょう。
でも、この「自発的」に魂の成長を望むということが、
とっても尊いことです。

こうなると、天国というところは、
私たちにご褒美をくれて魂の骨休めをする場所とも言えますが、
実はこの世の価値感を見直したり、
欲しいモノが手に入ってしまったからこそ、
空しいという感情を感じさせてくれるところでもあります。

天国は、幸せな所というよりかは、
「自分を見つめる場所」となるかもしれませんね。

このシナリオを作ったのが神です。
なんと気の長い愛なのでしょうか。
私達が、自分の意志で魂の成長を願う、最善な方法をセッティングしてあったのです。

よく考えてみたら、天国も地獄も、
全く正反対のようで、本来の役目は同じ性質みたいな気がします。

ヽ〔゚Д゚〕丿凄い!ベルとしか言い様がない。

<続く>

         ホームページはこちらへ右矢印HP「笑顔 クオーレ」           


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す