魔法学校シリーズ⑨大人の事情


 

ほんじゃあさ~、

どういう人がさ~、
ガイドやサードステップに
選ばれるのかい?

と言う結論を長く引っ張って
来ましたが、

やっぱり、神様に選ばれるとか
そんな大層なことじゃなくて、

それは~~魔法学校の~。。。

大人の事情なきがします。

例えば金銭的なことや、
感情的なことや、
経営的なことや、
対面的なことや、
貢献度とか、
役に立つ度とか、
好き嫌いetc・・・。

もちろんその人の持っている
良いところが、評価対象ではあり
ましょうが・・・。

ただ、大人の事情だと私は、
なんとなく思う。

そうはいっても、
私はサードステップだけが集まる
※マル秘合宿に行ったとき、
(※このマル秘は後日に、チト公表)


この人たち、やっぱり凄い!!

って改めて認識したことがあります。

サードステップ位になってくると、
本当に根性が座ってきます。

ちょっとやそっとの事では
ビクつきません。

 

「今、あなたは何が

出来ますか!」

そう、
あらゆるアクシデントに遭遇しても、
そういう発想になっていきます。

そりゃ~なるでしょ。

目の前で、理不尽や、
頭で考えてもどうにもならない
意味不明なことが、
日常で見ちゃう訳ですから・・。

気づいたときには、色んな訓練が
出来ているのでした。

実際に、棒術やテコンドーなんかも
学びましたよ。

その時は、勝つとか負けるとかの
戦い前提の考え方が有ったので、
私は違和感を覚えていましたが、

武術によって、
強さや瞬発力を持つことは、

人を癒していく仕事としては
大切なことだと改めて思っています。

軸を作りますからね


そういう意味で魔法学校は、

私の思った通りのところ!

だ、にゃ~~ん。

やったー

 

 

魔法学校は、
サイキックを学ぶところではなく

どんなことに対しても、

良い悪い、善悪の判断を持たずに、


「今、出来得る事は何か!」

を瞬時に考えられる為の能力を
身に着ける学校なんです。

それが形成された時に、
初めて愛が自発的に発動され、

サイキックが目覚めるというのが
からくりらしい。(と私は思っている)

でも、これは、魔法学校でなくても、
実は日常の生活でも学べるのです。

ただし、魔法学校はエゴの密度が
濃いので、それに気づくことが
何倍も速いかもしれません。


そのからくり
気づいた人にとってはね。


ただし、文句や悪口を言って、
学びから
去っていった人は、
気が付いていないかもしれませんが・・。

そっちの人口の方が明らかに
多かったです。

 

魔法シリーズは、
まだまだ、続きそうです。