魔法学校シリーズ⑤ 頑張れば、きっとそうなれる



「イニシエーションをする!」
と決めた
瞬間から何か??
が動き出します。

 

それは、自分が進化するために
超えなくてはならない
課題に取り組むため舞台が設置される
瞬間なんです。

舞台

課題とは、

「本来自分が受け止めなければならない
問題を見ずして、放置していたもの」
ここでは、定義しましょう。

魔法学校でいうイニシエーションとは、

「次の段階に上がるステップ」
と言われています。

段階と言うと、

表面上は係長とか課長とか課長代理
部長、次長、専務、社長、
とかの役職の階級と同じように。

講座の場合は初級・中級・上級とか
あるじゃんけ?

魔法学校にも、あるんですよ~。
頑張りの証しみたいな役職が。

どんな組織にもありますよね。
組織を円滑に保つための
ヒエラルキーが。

「次はどんなことが学べるのかな?」

「次に上がると、どんな力が付くのかな?」

「もっと先には、とんでもない凄い世界
の扉を開けることが出来るのかな?」

私は3年間そんなことを夢見て、

在籍した5年間は、
じっくりと自分と他者の心の
動きを観察していました。

***********

こんな期待と執着をもっている
人もたくさんいるように思いました。

「一生懸命頑張って学び続ければ、

△△先輩みたいになることが出来たら、
神様と繋がっているのだから
何でも教えて
貰えるんだわ!

その力を使って、
スピリチュアルなお仕事をして、
どんどんお金が入ってくるし、

それに、アバンダンスの講座も
受けたから大丈夫ね・・・。

素敵なお家に住んで、
きれいなお洋服着ておしゃれして、
かっちょいい彼氏も直ぐに現れるし、

何ってったって、この私のファンが
いっぱいになってさ、
私が何かアドバイスを言ったら、
みんな感謝して聞いてくれるわ。

お金も恋愛も健康も美も名誉も
み~んな手に入れて、
自分の使命が果たせるように
なるには、

この学びをもっともっと頑張って
突き進む
ことなんだぜぃ

頑張れば、きっとそうなれる

 

と、思っているうちに・・、はや40年!
(と言っているのは綾小路きみまろ)

綾小路きみまろ

そのモチベーションや夢があるから、
この世は激情的で楽しいんやな~

 

 

次回は魔法学校の意外な階級に
ついてお話しするとしまひょ。