アーユルヴェーダ:インドにて⑥

 

(前回からの続き)

 

『幸せになりたいのに、

不幸になる方ばかり選んでしまう』

この矛盾に私は途中で気がついた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「私はどうしても不幸になりたいのだ。」

そんな逆説的な〜、

自分虐待ではありませぬか??その思想!


(ちゃうで〜。。那旺・・半眼で見る)

 

いやいや、ストレートに考えたら
そんな(自虐的)感じもするが、
実はそうでもないのだ。

それどころか「愛のかたまり」からくる
発想が根源に隠れているかも知れぬ。

 

不幸な自分が自分にピッタリそぐっていて、
不幸な自分に自分が魅力を感じていた。

幸せな私ってカッコ良くない。
私じゃなくなっちゃう。

・・・普通に考えてあり得ないことを
人間は選択するものなのだ。
(もちろん無意識ですが)

 

それに気づいてしまったら、
バカバカし過ぎて、笑うっきゃ無くなる。

「ワシ、穴に入りたいよ〜」

 

(穴穴穴、穴・・どこや?クック首が・・)

 

不幸を満喫してしまったら、
行き着く先は不幸に押し返されて、
跳ね転げ返って幸せになってしまい、

何で幸せじゃダメなんだろうかと考えた。

となると不幸は私の幸せになる。

何言ってっかわかりにくいよね〜。
これって紐解いて伝えにゃあかんね〜。

*************

でも今回言いたい事は、
テーマに沿った、アーユルヴェーダのこと。

話は戻って、

人生の方向性を変えることって、
いつでも誰にでも選択出来るのです。

私たちは戦地にいるわけではない。

平和の国におれるのだから、
沢山幸せになって大丈夫なのですよ。

 

19日間の時間を作って、
自分を癒すために大枚叩いてインドまで
来れている自分を思うと、

かつてのネガティブだった自分に言いたいの。

未来那旺:
「信じて!必ずここに貴女は来るのだからね。
今、どん底だよね。

不幸を一人で背負っていると思っているよね!
誰も私のことなんてわかってくれないって!

でも私は知っている。待っているよ!」

****************

 

さ〜てさてさて、インド情報の続き。

これ何だかわかる?

 

(タクシーの運転手さん)

もっと全体を取らなきゃわかんないよね?

でも、すっごい痩せた人が3人後部座席に乗った
としても、お互いのお腿が重なる感じの
オモチャみたいなちっこいタクシーは、

凄いガタガタ道を、アトラクションみたいに
猛スピードで走る癖に、

横のドアがない。
だから掴まらないと普通に落ちてまう。

コレはちょっとした隙に写真を撮ったんだもんね。

でも、15分くらい乗っても、料金は30ルピー。
日本円で50円だからね。びっくりだよ。

 

これ何だかわかる?

(見ての通り、ATM)

ビザカードとかマスターカードとか、
日本でちゃんとお金をキャッシング出来るか
カード会社に確認したにも関わらず、

引き出せないじゃないか!

友人のキャッシュカードと合わせると、
10万以上は現金が引き出し出来なかった。

タクシーの支払いは現金しか無理だし、
病院の売店もクレジットは扱ってくれない。

で、キャッシング出来た幸運な人もメンバーの
中にはいらっしゃって、現金をお借りした次第。

噂によると、マイナーな場所のATMは、
カードのセキュリティが働くかもしれない
と言う噂。

多少換金率は高いけど、
空港で小額のキャッシングをしておいた方が
賢明かもしれない。

 

これ何だかわかる?

 

(見ての通り、便器だよ)

ビチョヌレ便器です。

コレは掃除後の状態。

床も濡れ濡れ。

便器の横にインド用のウォシュレットか
わからんが、ホース付きの蛇口があって、
それで、便器をじゃ〜じゃ〜お掃除して
いるみたいです。

掃除後にうっかりして、
ビチョヌレ便器に何度座ったことか!

まさか、掃除後に便器が
濡れているわけがない!

っと言う思い込みが、私を座らせてしまう。

 

(あれ〜、おケツ濡れとるでないかい??)

 

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録

<無料プレゼント>
人気の「魔法学校シリーズ」&「霊能者シリーズ」
プレゼントの受け取り方は簡単です。

こちらのサイトの最後にリンクがありますので、
クリックしてね!

*********************