とんかつ・「とんき」の仙人


IMG_0692

 

 

ここは、とんかつ屋さん。

私が小さい時から有ったの。

目黒の「とんき」

小さい頃、「とんき」に家族と来る度に、

父親が、
「なおちゃん、ここの働く人を見てごらん!
気持ちいいくらいに、おもてなしの心が
現れているよね」って。

何十年たっても
今も、その心は受け継がれている。

この写真の左の大将は、
私が子供の頃からおじ(い)さんだった。

ず~っと、アッチチーのはずの、
揚げたてのとんかつを、速攻切る役目を
やり続け、その役目は私が知る限りでは
変わってない。

右のおっちゃんも、オーダーの専門科。

順番を待っているお客さんはズラリと
行列が出来ていて、

でも、みなさん順番に並ぶことなく
バラバラに空いている場所に座るのじゃ。
細なが~~い待合席のどこかに。

オーダー専門科は、順番を待っている
間にお客様にメニューを聞く。

どういう数式を頭に
隠しているのか、決して間違うことなく、
順番にお客様を招き入れる。

今までに、おっちゃんがオーダーの
ミスしたのを、私は一度も見たことがない。

他にも、キャベツの専門科みたいな人が
いたりして、とにかくキビキビ、爽やかで、
清潔感に溢れているの。

私は油ものやお肉を食べると
お腹を下す確率は相当高いけど、
「とんき」での下痢確率は0%を
更新中です。

お店の意識の周波数が高いと、
私のお腹はちゃんと、そのことを
教えてくれるのだ。

子供の時から写真のおじ(い)さんは、
ちゃ~んと??おじいさんだったのに
何で今もおじ(い)さんのままなんだろう?

もしかして仙人?   ↓