こんまり流お片づけとの出会い(その6)先ずは、洋服の整理から


思いを断ち切る為のパフォーマンスって、必要だと思う。

自分の思いを伝えられずに去ってしまった人に対して、
私は終わる事の出来ない感情のもつれを、ずっと閉まっておいた。

そんなことは、とっくに過去に終わっていたと私は思っていた。

でも、スカートに宿る切なさが、未だ癒されていないと知ったとき、
私はこれで、このやるせない悲しみを終わらせることができるのだ。
その方法、儀式が「お片付け」だった。

まきちゃんは、繊細に私の手からスカートを受け取り、丁寧に折りたたみ、
ゴミ袋に入れてくれた。

「終わったね!ありがとう」と私は爽やかな気持ちになりました。

それから3日後、ここ数年やり取りをしていない友人から電話を貰った。

「スカートの彼が死んだ天使」との知らせ。
友人は、ひょんなところからその情報を入手して、私に教えてくれた。
彼女が伝えてくれなければ、多分彼が亡くなった事を知り得なかっただろう。

私がスカートを捨てた前日あたりに、彼は息を引き取ったのだ。

なんという偶然だろうか。
彼は、難しい癌におかされて、5年あまり闘病生活をしていたそうだ。

葬儀に行くことに多少の迷いはあったが、
片付けの儀式を終えたことにより、わだかまりは消えてしまった。

葬儀に行って、私は本当の意味で彼とお別れが出来た。
どこかで恨んでいたかもしれない感情にも整理がついた。
そうしたら、彼がもっと身近に感じられた。

般若心経をあげているときは、いつの間にか今は側にいてくれている。流れ星
私は、彼が般若心経をあげている声がとても好きだった。
「空」について話ができる同志だった。
彼はお坊さん。今は、「空」をしっかり体感しているだろう。

 「お片付け」
おそるべきパワフルメラメラなお片付け。
潜在意識を大きく揺さぶり、人生の転機を与えてくれる。

ホームページはこちらへ右矢印HP「笑顔 クオーレ」


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す