こんまり流お片づけ(その7)お次は本だよ


洋服ワンピースが終わって、次は本本に入った。

因みに12袋捨てたお陰で、翌日に、早速困ってしまった。
着るものが無くなっていた。
トキメキを基準に選択していたら、残るものがほんの少しになってしまった。

ありゃ、それってかなり味気ない生き方をしてたんか?わたくし…。
ちと情けね~じゃね~か。(やくざベースの声)

でもこれからは、時めいて選んだお洋服を買えるスペースもできたのだから、
有難い。多分…。きっとそのはずだ…。そう思える日がきっと…グッド!来るよ。
だども、家には着る洋服が(ヾノ・∀・`)ナイナイ

でも、運がいいことに、5日間ずっと雨だったから、洗濯機にたんまりと
洗濯物が入っていたので、とりあえずその中で綺麗そうな物を着てしのいだ。
ちょっとやりすぎだったかな~?後ろ髪…。カットしたから後ろ髪はない…。

さて数日が経ち、朝早くから爽やかにまきちゃんがやってきた。
お片付けするのに、おリボンのついた可愛い服リボンを着てきてる。
私は、「お片付けが終わったらデートでもするの?」と聞くと、
特に変わったことは無いようで、このあとは、外人専用のダイニングバーで
アルバイトだそうだ。
要するに、お片付けであろうが、ペンキ塗りであろうが、アルバイトでも、
デートでも、とてもオシャレにしていて差がないのだ。
(多分下着も可愛いんだろうな~←すげ~な)ラブラブ!

\(●o○;)ノ参ったで!私の概念を覆す、まきちゃん。

そういうまきちゃんも、お片付けをして変わったそうです。
それまでは、化粧もせず、ショートカットで、見た目は男だったらしい。

時めく物を選択するようになると、実践で自己価値を高めていく訳だから、
どんどん綺麗になっていくのだ。
自分に毎日向き合って、トキメキのご飯を食べさせてあげたら、
そりゃ、いい女になるわな~。(まきちゃん、それ以来モテモテらしい)

   <お片づけ実践編・その1>
         ↓  
次も難関。これまた本も、山積みにする。
まきちゃんは、寝ている本を、目覚めさせてあげるために、
手をパチパチと叩いた。
長い間放置されると休眠状態の本がいるらしい。

 ホームページはこちらへ右矢印HP「笑顔 クオーレ」 


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す