皮膚はダイレクトに脳につながる

     「皮膚はダイレクトに脳につながっている事をご存知ですか?」

6月16日のブログで、
「私はコミュニケーションのガイド役を、皮膚を通じてさせて頂いています。」
と書いた理由をお伝えします。

私達の中にある60兆個とも言われている細胞を大雑把に分けると、
3つの担当分野に分かれます。

「私は、目になりたいわ~、私は筋肉になるもん」DASH!
という風に、受精卵がそれぞれの器官等に分れていきます。

 受精卵が分裂した後は、外胚葉、中胚葉、内胚葉の区別されるのです。

その中で私が着目したいのは、
外胚葉が、皮膚と神経とに運命づけられるのことです
要するに、神経と皮膚が一緒の分野であるということが面白いのです。

脊髄は神経のかたまりであって、脳と脊髄は同じ素材でできています。

ということは、皮膚はダイレクトに脳とつながっている事が、ポイントです。

皮膚の刺激によって、脳を変えることができるということです。

私の立場では、クライアントさんの脳を直接触れるのは無理です。
しかし、直接に脳を触ることはしなくても、
皮膚からの優しいアプローチを促すことで、
脳に変化を促すことが出来るって、凄いことじゃないですか?

私はクライアントさん体に触れるときに、
クライアントさんの呼吸に注意を払います。

自分にとって心地いい事してくれるかを、
脳はちゃんと判断しているからです。
赤ちゃんや子供みたいですよね。

特にスタートの触れ方が、とっても大切です。

脳は、初対面のこの人が、
自分を大切に扱ってくれるのかどうかを、
繊細に感じているから。

$弾ける笑顔 クオーレテラピー-三胚葉

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す