「いた気持ち良い気持ち」って、本当はどうよ!

          「いた気持ち良い気持ち」って、本当はどうよ!

 「いた気持ち良い」と言う言葉を耳にするけれど、
それって、本当のところ、快なの?不快なの?

私達大人は、その感覚を、一般的には、快いニコニコと判断している。
でも、子どもが、「いた気持ち良い」ってあんまり言いませんよね?
(しかし、最近のお子ちゃまの中には例外もいるでしょうが…)

「いた気持ち良い」と言う感覚を担当している器官は、大脳皮質です。

大人のみが所有する、社会的で、かつ、良識的な判断をする脳の領域が、
大脳皮質です。

大人になると、いつの頃からか、
「苦労してナンボ」とか、「頑張らなきゃ成果は出ない」
という信念が自然と身についてくるために、
少し痛い方が、達成感があって、上手く行っている様な気になるものです。

例えば、いた気持ち良いマッサージを、
子供やチンパンジーや犬猫にしたら、
「ぎゃー」爆弾と泣き叫ぶか、毛を逆立てて、逃げるか噛み付くかするんじゃないかな?

ですから、大脳皮質が発達した大人は、鈍感になっていて、
痛いという気持ちを純粋に感じないられないのです。

「いた気持ち良い!」とは、体が固まったドクロ人の言葉なのだ。

結論から言うと、「いた気持ち良い」と言う感覚は、
本当は、不快なはずなんです。

それを知らずに、効いた感のある、強めのモミモミマッサージを受けると、
わざわざ大切な筋肉の腺を傷付けてしまうのです。

傷ついた筋肉はますます硬くなり、強いマッサージを続けてきた人程、
筋肉を緩めるのが難しくなります。
残念なことに、筋肉が固まってしまうのです。

そろそろ皆さんも、自分の身体の声に耳を傾けて、
自分にとって心地よい触れられ方って、
本当はどんなものなのかと問われてみてはいかがでしょうか?

「快」という感覚に貴方が目覚めたのならば、
脳は、沢山のコミュニケーションを取ってくるでしょう。

私はそのコミュニケーションのガイド役を、
皮膚を通じてさせて頂いています。

是非クオーレテラピーのドアを叩いて下さいね音譜

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す