すてきよメリー。尊厳ある最期のときを一緒に過ごそうね。


スピリチュアルなテーマは、ちょっとだけお休みして、
愛犬メリーの続編を掲載しますね。

すてきよメリー。尊厳ある最期のときを共に過ごそう。

メリーは前回帰る少し前くらいからご飯を残すようになった。
この18年間のうちで初めてのことだった。

メリーはご飯が大好きで、芸として「ゴーハーンー」音譜って
言えるくらいに、がっついているメリちゃんなのだ。

お家に帰ったメリーはその後も食欲は減り、
本来の量の1/3くらいになっていたらしい。

今回こちらに来た翌日から食欲は益々減り、
しばらく安定していたはずのお腹をくだし、酷い下痢が復活してしまった。

今回メリーの様子は、12月に危篤になった状態を既に超えていた。

ゼリー状の血便を過ぎて、その先は血便も出ないほどの、
透明なゼリー状の便になった。
これ以上もっとひどくなると、
まるで、墨汁そっくりの真っ黒な、水液状の下痢になってしまった。

ご飯を一切拒否すること10日間、
メリーは水と、ほんの少量の蜂蜜を舐めたが、
とうとう、大好きなハチミツまでも、横を向いてしまった。しょぼん

一日中、殆ど横たわったいる。
でも、ちゃんと朝夕の散歩はふらつきながらも一生懸命に歩いた。

どんどん衰弱していくのは目に見えてわかるので、
道ですれ違う犬の飼い主さんは、メリーに
「( ゚ー゚)ノ)”ガンバレ、(,,゚Д゚) ガンガレ!」
ってエールを送ってくれた。
きっと痛々しく見えたのかもしれない。

私は、メリーの部屋に入るとき、じっとお腹の上下を確認する。
「あっ、まだ息してる。良かった!」
アイスノンを枕にして、目を半開きに私を見ている。

夜中にメリーが一人で息を引き取るのは忍びないので、
ベッドをメリーの部屋に移動し、添い寝した。
私はちょっとだけでもメリーが動くたびにドキドキした。

御岳山の武蔵御獄神社にお参りに行ったことは以前のブログで
書きましたが、そこに犬の祈願をする専門家の「大口真神様」が、
本殿の重要な位置におられるとは全く知らなかった。

しかし、大口真神様にお参りしたその日から、
メリーの下痢は止まった。
何も食べていないのだから、出るものもないし、
そんなの当たり前か…。

<続く>
                               
                                  HP 笑顔 クオーレ


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す