さよならメリー。最高の相棒。(1)


「マジ?(゚o゚;; 」「お化けm(-_-m)~ ??」うえ~、奇跡の復活。

「お化けじゃないよ、お母さん。新年明けましておめでとう。
今年もよろしくね!」
な~んて、メリーが言うはずはないが、
私は感謝の気持ちでいっぱいになった。

「大いなるものよ!また、メリーを目覚めさせてくれてありがとう!(TдT) 」

「さぁ、メリー、お散歩に行こ!」

メリーが帰る時間は残りわずか。
あと4日だ。
仮にメリーが向こうで死んでしまったとしても、
もう二度と会えなかったとしても、もう悔いはない。
この1ヶ月、メリーと、とっても充実した時間を過ごせたからだ。

そして、私は毎日、「ゴメンネとアリガトウ」をメリーに繰り返し伝えた。

私は、20代の頃から心臓が悪かった。
酷い心筋梗塞をおこしたような不整脈が有り、常に動悸のある生活だった。
腰痛もあり、左の足は引きずっていたので、私は一生早歩きさえ出来ない
ものと覚悟していた。
下痢歴は40年続いている。じんましんが出たり消えたりの体。

かつて、メリーと同居していた頃、
メリーはよく吠えた。
気がおかしくなるくらいのヒステリックな吠え方で、
私は、メリーが吠えるたびに休まることが出来ないで、心臓がキュっとなった。

台所では、銀紙ホイルの音や、ガスレンジの魚を焼くトレイを出し入れすると、
噛み付くかのように吠えて止まらない。
散歩の時はもちろん、私はそれに対していつもイラついていた。

その時、私は無意識に思ったものだ。
「メリーの耳が聞こえなくなったら良いのに…」と。

メリーと離れてから、私はスピリチュアルや潜在意識の学び、体の治療など、
たくさんの知識を得ることが出来た。

8年ぶりにメリーと再会したとき、たくさん学んだからこそ、
「ハッと」した思いが湧き出てきました。

私は自分が無意識にかけていた「呪い」に気づいてしまった。
あんな可愛いメリーに呪いをかけていたことに気がついた私は、
自分の恐ろしさに愕然としたのだった。

「メリーの耳が聞こえなくなったら良いのに…」と、確かに私は思っていた。
それが、現実になって目の前に現れたのだ。

今、私がかけてしまった呪いドンッを解かなくてはならない。

「メリー、ゴメンネとアリガトウ。アイシテルドキドキ」を繰り返し繰り返し伝えた。

今回、メリーはとっても穏やかになって私の前に現れた。
何故なら、見えないし、聞こえないから、気力も削がれた状態になったから。

神経が細やかだったり、いろいろな機能が敏感だと、本当に生きづらいよね。
私も一緒だよ。

もっと、自然霧のある環境にいられたら良かったんだよね。

私は残り少ない日数の中で、メリーの五感が少しでも回復する事を
トライしてみようと思った。グッド!

<続く>

                                    笑顔 クオーレ    


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す