お~い、メリーちゃん!元旦早々死ぬつもりなの?(3)

しかし、…、あ~~~それなのに、それなのに~めりちゃん(ノ_・。)

NESセラピーをする事で、必ずメリーは回復できると確信した私は、
調子に乗って、好転反応の辛さをあなどっていました。

メリーは好転反応に耐えうる年齢では無かった。あせる

1回目の私の診断は成功しました。
スキャンをせずにインフォシューティカルを私の見立てで選択したからです。
2回目(1ヶ月過ぎたので)になって、
そのまま同じインフォシューティカルを飲ませて様子を見ても良かったのに、
つい早くメリーを良くしたい意気込みが強く出てしまい、
NESプロビジョンの機械でスキャンしました。

NESプロビジョンのスキャンに関しては全く問題はありません。
問題は、相手が犬であり、老犬であることを私があまり考慮しなかった事です。
人間と同様のプロセスを課すのはかわいそうだった。

スキャンされたインフォシューティカルは、
「PL」「ED3」「ED8」でした。

「PL」は前回同様で、エラーを起こしているヒューマンボディフィールド
の歪みを改善するものです。

「ED3」は、新陳代謝、細胞の解毒、抗酸化効果を促進するもので、
痛みがあったり、関節症があったりする人に選択されることが多いです。
要するに、細胞を活性化するための情報がメリーに入るわけです。

「ED8」は、消化機能を高めるものです。

メリーに対するNESスキャンは完璧なものでした。

何故なら、メリーは、細胞の乱れから、関節のあちこちがただれ、
ジクジクして、毛がむしれてしまい、
関節の奥深くに血がにじんでいました。
また、1年半前からずっと下痢状態で、口臭は半端なく臭い。ショック!
スキャンの結果通りの状態です。

「よし、コレで大丈夫、メリー。
 もとの美人なめりちゃんに戻してあげるからね!」音譜

先ずは、「PL」「ED3」から始めました。

「ED3」は、メリーは初めてなわけですから、
首筋に垂らすことから始めれば良かったのに、
ご飯に2滴入れました。

メリーはスグに下痢をし始めました。
1日に7~8回も。
最後は血便も出なくなり、透明のゼリーのような下痢になりました。
そして、3~4回吐きました。
そんな状態が1週間続き、ついに元旦。

朝方に、メリーは意識を失い壁にドンと頭をぶつけて、
目と口を開けたまま倒れてしまいました。ガーン

<続く>

                                    笑顔 クオーレ    

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す