隠し場所は鳩尾(みぞおち)だもんね/その6


前回からの続きです。

4月8日から続いているこのテーマ、
前回の話の流れは、
20年くらい前に
アロマの先生と一緒に
生徒さんのヒーリングをしていた時の事。

私が目撃したのは「蛇退治?」を先生が
やっていたところの話からです。

蛇退治とは、

母親の娘に対する執着が蛇となり、
その蛇の様なエネルギー体を先生は
ヒーリングでもって
解き放っていたのです。

そもそも、なんでその執着のエネルギー体
は蛇になるんやろか?

または、蛇の様に見えるんやろか?

(これ、縄なん?蛇なん?
あんたらお返事しよし!)

 

でね、前回さらに途中で終わっちゃった
お話ですが、

体に巻き付いている蛇と、
お腹(みぞおち)の中にいて、
出られないで苦しがっている蛇とは

ちと、種類が違う様な感じがします。

とお伝えしました。

体に巻き付いている「蛇」の場合は、
あくまでも人から付けられてしまったもので、

縄みたいな縛りのものです。

(あんた、わしの許可なく来ないでよ!)

 

何度も言いますが私の話は仮説なので
信じないでくださいね。
長年の経験から紐解いて来ただけなのですから。

 

・・・・・・・・・・・・・・

で〜、話の続きね。。

人から付けられてしまった執着って、
「生き霊」なんです。

本人は意識をしている訳ではないんです。
〇〇を呪ってやろう!」
「私をこんなに傷つけた〇〇を不幸にしてやる!」

とか、明確に意識している訳じゃないのね。

だから全く無意識なもんだから、

例えば、
生き霊を飛ばしているのがわかる(見える)
霊能者に、

「あなた、〇〇さんに生き霊を飛ばしているよ!

そんな事は、しない方がいいと思うわ!

気をつけなさい!」

な〜んて、唐突に言われて、
あなたは信じられますか?

証拠も無いのに、腹がたちませんか?

しかも、飛ばしているとされる相手が、

愛すべきはずの娘に対してとか、
好きなはずの恋人に対してに、

そんな事をするはずがないじゃ無いですか!

 

(この蛇、ブン回したるで〜)

 

「いわれの無い事を、何で自信を持って
あんさん言うんか???」

っと、意識上ではね

そんな酷い事を霊能者につっ突かれて、

素直に「その通りです」って、

理解できる人なんて、先ずはいないでしょう。

 

何故なら爆弾発言ですが、
私もかつて、15年くらい前だったかなぁ、

私はアロマの先生に、

「生き霊をある人に飛ばしている」

と指摘されたことがあったからです。

その時は、本当に悔しかったし辛かった。

相手は先生だから言い返せないし、
あんまりにも確固たる自信を持って
決めつけられたので、反抗もできなかった。

この時から、
見えないものを見えると言い張る人が、
嫌いになった。

「何を証拠に、あなたはそれを言うの?」

って言いたかった。

でもその頃の私は、
ポーカーフェイスがお得意だったから、
何のダメージも感じない素振りをしたものだった。

ただ、言えることは、憎しみや、嫉妬、
自己価値の低さからくる執着もあるけれど、

愛し過ぎる=執着=蛇=縄=生き霊

と言うパターンもあるのを覚えていて
欲しいのだ。

何でも、「過ぎる」のは、
バランスを省き、しわ寄せがどこかに
出るものです。

 

私は、かつて、他にも違う霊能者から、
有り得ない様な酷い事を言われたことが
有った。

 

この霊能者は、先生が尊敬しているとても
権威ある霊能力者だった。

私はあんまり乗り気では無かったが、
先生が勧めてくれたのでその霊能者に
霊視をしてもらった事がある。

この時も驚きとともに大きな痛手を
背負った。

例えば、私の子供達の将来についても、
買ったばかりのマンションについても、
未来が無いように言われたし、

豊岡家の男はみんなダメになるとか、
病気になるとか、etc

さらに、
「私には能力はないから身分をわきまえろ!」

とか、まだまだ他にも有ったが、もう忘れた。

いずれにせよ、何もかもボロクソだった。

先生の紹介だったので、
安心して行ったせいか、
その落差でダメージは大きかった。

傷ついた挙句、暫くしてから
この話を信じたところで自分が幸せに
ならないだろうと思えて来たので、

結果的に信じない事で、
自分で自分を救うことを選んだ。

自分で自分を救うことは出来たのだけど、
その権威ある霊能者の言った私の評価を
先生が信じた事がとても悲しかった。

しかし、そんなこんなを経験して来た私だが、

先生から
「那旺ちゃん、生き霊を飛ばしているのよ」
と指摘をされ・・、
数年が経ち・・・、

落ち着いてその時の事を考えられる心境に
なった時、

もしや、先生の言われたことは本当の事だった
んじゃないだろうかって思う様になった。

(注意※)
私の名誉のために言っておくけれど、
先生の紹介の権威ある霊能者の言っていた
ことは一切当たってはいなかった。

愛のかけらもない、酷い濡れ衣霊視に
すぎなかったのだ。

(続く)

 

*********************

クオーレテラピーのメルマガ登録を希望される方は、
以下をクリックしてください。
PC用メルマガ登録
スマートフォン用メルマガ登録
*********************