自分が信じているポジティブな記憶が・・⑤

 

(今日こそ、このテーマは終わるぞ~)

 

私がずうっ~と口癖にしていた、
ポジティブな言葉。

それは、

「私をあんなに愛おしい目で
見てくれた人が、

この世に一人存在しただけでも、
私は幸せなのだ

です。

 

 

甘味処で、美味しそうに食べて
いる私の姿を、

細い目をして観る
祖父の優しい眼差しが、

私はとっても心地よかった。

 

ここちいい

(あなたにとってワタチはお姫様でしゅ)

 

この言葉は私にとって最高に
モチベーションが上がるものだと
信じて疑わなかった。

 

だが、しかし、
言葉の裏を返してみると
わかって来ることがありました。

 

「私をあんなに愛おしい目で
見てくれた人は、

おじいちゃん以外は誰もいなかった。」

 

・・・になります。

 

さらに、この裏にはもしや恨み節は、
入っていないだろうか??と・・・。

すると出て来るわ出て来るわ、
言いたくはないが、びっくりです。

 

 

「私を一番愛してくれる人は、
おじいちゃんしかいないの?」

 

「私が死にそうな時に守ってくれる人
っているのかしら?。。」

 

「私が、世間にポイされてもうたら
家族と言えども見捨てるかもしれない顔真っ青

 

「え〜ん、顔おじいちゃんが
死んじゃった
から、
私一人で生きていかなきゃ
ならぬのだ」

 

思い込み・妄想が、
次々にバージョンアップしていきます。

 

挙げ句の果てに、

 

「も〜〜〜、いい。
どうせ。も〜〜〜いい。。

誰も私のことなんか、
わかっちゃくれやしない。

ざま〜みろ。わかったか!拗ねてやる顔

 

 

images-1

(私が死んでも迎えに来ないでね〜だ。)

 

コレって、ナオちゃんは
超、怒っていますよね〜〜。

よ~く感じてみよう。。

 

本当の本当のナオちゃんの気持ちは、
何を言いたかったんだろうか?

 

ナオちゃんは、
本当は怒っているんじゃないんですね。

実はどうにもならない不安に怯えて
いたんです。

 

 

「お母さん私、不安なの。

お母さん、私の味方になって。

私の事をもっと気にかけて!

私の目を見て話をちゃんと聞いて!

 

最愛のおじいちゃんが
死んじゃって、

お母さんが、
狂ってしまったのを見ているのが
凄く恐くて・・・・、

お母さんが居なくなっちゃうんじゃ
ないかって・・。。

 

お母さ〜ん、私のこと、離さないで!

 

「なんなのよ、そのくらい大したことじゃ
ないじゃないの」
なんて
言わないで。」

 

ナオちゃん、
本当は悲しかったんだね。

 

かなしい

(だって、ボク、どうしたらいいのか
分からなかったんだもん) 

 

その時、何もかも失ったって思って、
悲しくて仕方なかったんだね。

 

だから、それからずっと、
心の中で独り言を言うようになった。

 

 

「私はこんなひどい扱いをされて、
可愛そうな子なんだよ~」って
ストーリーをつくって、

 

想像上の見えない誰かに
話を聞いて貰っていると、

あっという間に時間が過ぎていく。

 

想像上の見えない誰かって、

私はずっとおじいちゃんだと
思っていた。

 

でも、

 

本当の正体は、

お母さんだったってことが
やっとわかったのです。

 

ポジティブと思っていた言葉、

 

「私をあんなに愛おしい目で
見てくれた人が、

この世に一人存在しただけでも、
私は幸せなのだ

 

この思いの裏に、
それはそれは大きな不安・恐れや悲しみ
があり、

そして母に愛を欲している 切ない
思いが隠されていたのです。

 

 

ふにゃ

(あ~んお母さんのふわふわが好きなの) 

 

そのことに気づいたとき、
私は解放された。

 

私は、もう可愛そうな私でなくても、
よくなったのです。

 

祖父母、両親のもとに生まれて
来れたこの奇跡に、

心底、
感謝することが出来たのでした。

 

親子

(あなた達に守られて、
私はこんなに大きくなりました)

 

あなたも、ポジティブだと強く信じて
いることを少し疑ってみると、

ハッと答えが見えて来るかも
しれませんよ。

 

 

 (やっと、終わったぜぃ。。)