意外にもセラピーを難しくして いるパターン

 

「世界でたった一人でも、
私を愛してくれる人がいたのだから、
私は幸せ者だ!」

が、

ポジティブな思いだと、
一度も疑わずに
私は生きてきたんですね。

 

ところがどっこい、

意外なところに落とし穴があるのを
発見してもうた。

 

ポジティブな事にしておいて、
実は裏に隠された思いを
見せない様にしていた。。

 

解読すると・・それは・・、

 

「私を守ってくれる人なんて、
おじいちゃん以外、いやしない」

 

と、勝手に自分で自分を
イジケさせ、すねさせて、

 

いつの間にか、
いじけるネタを探すのが
得意中の得意キャラになってます。

 

DSC07783-4d543

(ブサイクでいいんだもん。)

 

 

 

「どうせ、私はブスだから」
「スタイルも、愛想もわるいしさ、
誰も可愛いなんて言わないし・・・・。。」

 

そして、近所では美人と評判の
直ぐ上の姉を逆恨みして
ますますブスな人相になっていく。

 

「私をフォローしてくれる人なんて、
結局誰もいやしない!」

と、さらに確信を深める。

これが、私が小さい時に作った
人生脚本です。

 

でも、本当の心は、

お母さんに、慰めて貰いたかったし、
私の目を見て、丁寧に扱って欲しかった。

 

「世界で一番かわいいね!」

って、
本当はおじいちゃんじゃなくて、
お母さんに言って貰いたくて、

ずうっと待っていたのだ。

で、待ちくたびれて、
とうとうイジケてしまった。

 

Unknown-2

(バナナくれたって、ぼく、絶対に
振り向かないもん)

 

余りにも強くポジティブにしている思いを
お守りにしている時は、
何らかのメッセージが隠されています。

だから疑ってかかった方がいいです。

 

 

ちょっと話はズレるけど、時々、
いませんか?

 

会社が衰退している経営者が、

 

「バブルの時は良かった。
あの時は、こんなに俺は
凄かったんだ!

何でも買えたぜ。

社員旅行は海外に行かせたな。。etc」

 

 

と、遠い過去が飛ぶ鳥落とす勢いだった
と自慢している・・・・、
胆のちっこいおやじ。

 

images-2

(あの頃はモテモテだったな〜、
飲み屋のお姉ちゃんたちに。。)

 

そんな、おいぼれちまった経営者
(すんません、辛口ですたい)

っているじゃない?

 

「社長はん、だから、バブルなんよ~。
あわあわあわ。。
それを夢の泡というのです」

 

でもね、

 

それって、
本当は今が悲しい顔のね。

 

こういうのって、

 

今を生きていない人。

 

自分の人生に責任を持てない人。

 

被害者でいたい人。

 

今の自分には価値がないから
だから過去の凄かった自分に
浸りたいのだ。

 

 

かといって、過去さえも本当は
自己価値顔真っ青があったわけではない。

 

見せかけのお金や成功が、
自分を見せない様にしていた
だけね。
メッキがはげちゃった。
つるっぱげだよん。社長はん。

 

「大丈夫、安心してくらさい。
バブルの時はね、社長はんだけで
なく、
み~んな凄かったんだから・・顔

 

って、(イヤミを)言っちゃったら、

きゃ~~~、顔

 

社長はんのメンツはどうなっちゃう
かしらん?

 

 

っと、そう言う私も、
人の事なんて言ってられません。

 

ポジティブな過去を過剰に勲章に
しているのには、
訳があるんですね~。

 

さて、話はお母さんの話に戻るけど、

セッションをしている中で、
進行を難しくしているあるパターン
があります。

 

今更だんだん言い難くなっちゃいましたが、

ここまでの記事をご覧になってくださった
読者様は、

 

もしかして、もしかして〜

 

 

私が、理解のない冷たい母親のもとで
育ったのではないかと想像されたかも
しれませんが、

 

ちゃうんです。

 

心配してくれていたらごめんなさい。。

 

私って、実はけっこう普通に育てられ
ていた方だと思うんです。

 

母親は専業主婦ですし、
食事やオヤツは手作りの美味しい
ものを毎日作って貰っていたし、

 

友達も母のオヤツを目当てに
集会のように来ていました。

 

服も母親のお手製でしたし、
会話もよく出来ていたと思う・・。

 

 

そうなると、私の愛着障害かのような、
イジケる性格は、
何時つくられたものなのでしょうか?

 

え~~~~?!

 

そんなの、考えてもちっとも分からない。

だから、

記憶にないということは~~・・、
その原因は前世かしら?
それともお腹の中かしら?

 

っと、セラピストとしては、
原因探しをしてみるが、
どうにも検討がつかぬ。

 

特に大きな不自由のない環境に
生まれていながら、
性格に色々と問題を抱えていたり、
今を生き辛く生きている人がいます。

 

反対に、こんな不幸な子供時代って、
ドラマじゃん!

っと思えるクライアントさんも
いらっしゃいますが、
何故か不幸を不幸と捉えない人も
いるのです。

 

ということは、環境で性格がつくられる
とも言えない。

 

つまり起きた環境に、どう感じ
どう思考し、何をピックアップしたかが
重要な鍵となります。

 

ですから、
特に問題ない環境で育てられ、
親はごく普通に面倒見てくれた
・・・・・はずだ!

と思っていても、
何故に素直に人と絡めないのか!
なんで私達はうまく生きられないのか!

 

ナゼナンダロウネ顔

 

これが、結論だったらいけませんか?

 

(続く・多分ちょっとだけ)