意外にもセラピーを難しくして いるパターン④

 

 

社会的にはちゃんと
面倒をみてくれたはずのお母さんに、

 

「私のこともっと見て欲しい!

 

な~んてことを、

言えちゃったとしたら、

とんでもないヤバいことです。

 

こわい

(そんなこと言ったら、
あんさん逮捕すされるんやで!)

 

子供にとっての

「もっと私を見て欲しい」
って、
一体全体、何をいいたいのやろか?

 

それは、皆さんもお解りでっしゃろ?

では、ご一緒に。。せ~の~。。

 

「こころの面倒で~す」

 

こころの面倒

(あ~ん、ママ~ん。もっとチュウーして)

 

 

正解 心の面倒なんですね。

 

 

チョットだけでもいいから、
私に関心を向けて欲しいという、

「もっと見て!」

 

だけの単純な言葉なのね~。

 

このワンフレーズが、
間違っても言ってはいけないことに
なっている人が、
世の中には結構おるのだよ。

 

セッションでちょくちょく起こること
なのですが、
その言葉を言おうとしただけで、
クライアントさんの中で恐怖が走ります。

 

ぎょぎょ魚っ!

 

 

あなたは、どうしてそんなに
自分で自分を怖がらせているのか!

 

 

ちゅうところが鍵なのね。

 

 

言ってはならぬと禁止している
理由が、

その人それぞれのストーリー
に沿ってあるのです。

 

お母さんは、頑張っていて、
お仕事がいっぱいいっぱい。
だから可愛そうで言えないよ~

 

そんなこといったら、お母さんは
逆切れして「あんたなんか嫌いだ!」
「そういうお前が悪い!」

って言われるに決まってる。

 

いやいや、
相手にもされないかもしれない。

ちゅうか、
薄ら笑いするか、きっと無視するか・・

そんなことされたら私はこれ以上
孤独に耐えられない。

 

母が私の事を本当は愛していない
ことを薄々分かっている。

 

母は弟のことだけが可愛いんだ。
今更そんなことわかりたくない。

 

もし、あなたの心の中に、
その様な思いを秘めていたならば、
どうでしょうか?

 

たった一つの、
あなたの望み・・・・、

 

「お母さん、私の事・・好きなん?

私をちゃんと見て!」

 

だけの言葉を発しようとすると、

 

喉が詰まって、言葉が宙に浮いて
しまうのが、
何となく分かりませんか?

 

 

のど

(喉が詰まって、ググッと。。
だから〜、あーかんべ~)

 

 

そうなると、反射的に子供の自分の心
を見てあげるのを拒み、

母親と同じような目線になって、
自分の感情を放棄してしまう事があるんです。

 

大人の自分が、子供の心を

抑え込んで「NO」というんですね。

 

そうやって、長い間自分の心を
無視して生きてきた事を
気付いていく練習を、

セッションでやっていくのです。

 

 

さぁ、お待たせいたしやした~。
これからがあなたの人生の本番です。

「育ち直し」

の始まり始まりです。

一つ一つのセッションには、
感動の連続ドラマが繰り広げ
られて行きます。

 

 

今までの辛く悲しくしていたあなたの
ドラマを、

あなた自身の手で、
コーディネートしていくことが
出来るのだ

 

やっと出番がやってきたのだよ~。

 

主役はあなた。

 

脚本家もあなた。

 

おしゃれ

(ベティーちゃん。
今日のあなたは女優ですのよ)

 

セラピストの役は、
演出家 & 観察者みたいな配置
になるかもな~。

 
セッション=ビリーフチェンジ

 

も~、

このセッションをさせていただく
事は、私の大きな幸せです。

 

(続く)