何でわかるの?前世催眠療法の登場人物が、ギョッ!あの人だ?


前世があるかどうかの議論はともかくとして、
前世は今世の姿(環境や悩みなども含めて)の相似形としてみることができる。

今抱えている問題が、前世を見てみるとかなりオーバーめに表現されている事が多い。

例えば、前世では自分が王様とか政治家、俳優等、今の人生よりは、かなり職業も派手だったりします。

仮に平民だったとしても、戦争の場面だったり、
時には無実の罪で処刑されていたりと、
かなり拡大されてドラマティックになることが多いんです。

そして、今の自分のエッセンス(個性、性格)をしっかり持ちながら前世の舞台を繰り広げていきます。

≪催眠状態について、一言≫

例えば催眠状態であっても、しっかり目は覚めていますから、
催眠中にトイレに行きたくなったら、途中で目を開けて用を足し、また戻ってきて続きの場面をこなすことができます。

たいていの方は、「何でこんな作り話が次々に湧き出てくるのかしら?」
と自分を疑いながらも、自然に前世のドラマに入り込み、
話し方までも、まるで役者のように滑らかに表現してしまいます。

例えば、いつも敬語で上品にお話をされるクライアントさんが、
前世で親分をやっていたりすると、
「ちぇ!おいらは、やってねーんだ!」等とドスをきかして話し出すのは、結構びっくりです。
まぁ、一番驚いているのは本人ですが…。ビックリマーク

「エッ、マジで私ってリアルな話し方しちゃってるわ~(◎-◎;)!!」
な~んて思いつつも、
感情的には涙が溢れて止まらなかったりするのです。汗
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、前世でクライアントさんに関係の深い登場人物(父母、パートナーや子供、上司など)が出てくると、私はその人が何者なのかをしっかり確認していきます。

つまりここで、大事なことは、
前世の自分以外の登場人物が、今世の自分と既に出会っている人なのかがキーポイントなのです。

私はこう訊ねます。
「この目の前にいる人は今世で出会っていますか?

ちょっと見では、姿・形は違っていても、男女の違いがあったっとしても、
その瞳の奥をじっと探ってみてください。
笑い方とか、どこか雰囲気が似ている人はいませんか?」

    これが不思議にわかっちゃうんですよね。

なぜ分かるかというと、
『目は口ほどにものを言う』理由はちゃ~んとあって、
人は何度転生しても、瞳だけは変わらない。

男に生まれようが、女に生まれようが、白人だろうが黒人だろうが、
子供だろうが大人だろうが、
瞳の輝きは前世を引き継ぐ理由があって、

瞳は人間の魂を映し出しているのだ。サーチ

40代女性のクライアントさんで、プロポーズをされて半年間返事をするのを迷っていました。
前世療法を受けて、その彼が実は愛の深いお父さんだと判った途端に、
「私、彼と結婚します」と決断していました。

そんなもんなのです。
彼女が言うのには、彼の笑い顔、「目」が微笑んでいたのが、
決め手だったそうですよ。
2年経った今でも二人はラブラブです。

メデタシ、メデタシ。


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す