リバーシング・その5


私はみんなの「ワッショイ!ワッショイ!」と言うの声援をもらい、
最高のリズムの中で、波の様に産まれてきました。

普通に考えても絶対にありえない光景なのに、
今の私の頭の中では、この出産のイベント以外はもう考えられません。

特にメリーの旗を持ったエプロン姿しっぽフリフリ(人間みたいに立ってます)と、
おじいちゃんの喜んでくれたあの目は、全くフィクションなのに、
一番リアルです。

人間の脳って凄いな。優秀なのかブッ飛んでるのかわからないけれど、
それでも、私は幸せです。ラブラブ

誰もが幸せであって良いのです。
誕生を歓迎され、生まれてきてくれてありがとうと言われても
いいんです。
それを、声をあげて叫びたい私なのだ。クラッカー

“ 私は既に生まれ変わりました打ち上げ花火

後になってから、私の持つ秘宝の意味がわかりました。

1. 剣は、天界から剣を通して光を降ろします。ある意味
イニシエーションを意味する剣です。

2. ひょうたんは、聖水が余りあるほど湧き出てくる無尽蔵の
お水の元栓です。

3. 江戸時代火消しであるめ組の人が持っているマトイは、
喜びを表します。歓喜の印です。

4. 20センチくらいの厚さの本は、
経典です。叡智の本です。

5. 銭形平次の十手は、
正義の証です。裁くことのない良いも悪いもない正義の十手です。

そして、下の方にモクモクとしていて見えなかった
あとの二つの秘宝は何かというと、

「慈悲」と「愛」だったのです。
あの時は形がなくてよくわからなかったのです。

私はリバーシングの最初の時に、お腹の中でこう言いました。
誕生したら、絶対にこの秘宝を誰にも見せないと…。
見せたらヤバイから叫び

でも、私は神様から頂いたこの宝物王冠1をもう見られても大丈夫だと
思えました。

誰もが、ちゃんと平等に宝物を持っているのですから、
そんなの当たり前の事なんだと気づきました。

<終わり>


0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す