<靈氣・病腺/前置きは保険だよ②>

8月3日投稿の、

<靈氣・病腺/前置きは保険だよ②>
の続きです。

~~~~~~~~~~~~~

「もしかしたら、間違っているかもし
れないのですが・・・」とか、

「自分はまだまだだと思うんですが
・・・」と、

前置き(保険に)して、
話す癖はありませんか?

こういった言い訳をする心理って、
どんな状態になっていると思い
ますか?

例えば、前置きしておけば、
「失敗した時に恥をかかなくていい」と
思っているのかもしれないね。

「もしかしたら、責任が
少し小さくなるかもしれない。」とか、

「まわりに敵を作らないで済むかも」
って、そんな事も考えられるよね。

~~~~~~~~~~~~~

では、練習してみてください。

「自分はまだまだだと思うんですが
・・・」

言葉に出してから、
ちょっと、想像してみてくださいな!

頭で思考すると、ぐるぐると思いが
巡るので、

こういう時は、体感覚
感じるといいですよ。

じっと身体を感じてみてください

どうでしょう。

何か身体がギュっと固くなったように
感じがしませんか?

それとも冷たくなったかな?

身体が固くなったということは、
細胞も縮まったし、血流も、リンパ液も
渋滞しているのよね

冷えて渋滞すると、
色んなゴミがそこに溜まって、

コリや痛みとなって身体は私たちに
訴えてきます。

「お~い、そういうパターン、
もうそろそろやめようよ!」ってね。

セルフイメージってとっても大切なんよ。
自分が思っている通りの人にちゃんと
なっていきます。

夢は諦めた時点で、
自分の前から消えて行きます。

だから、だから理想の夢を
持ち続けよう!

脳は偉大なる検索エンジンだから、

「出来る自分」と思えば、
「出来る自分のデーター」をググるし

「出来ない自分」と思えば、
「出来ない自分のデータ」のみを
しっかりググって探しちゃいますよ

「間違っている自分で良いですか?」

「まだまだの自分で良いですか?」

自信がない犬

言葉に出すということは、
その6万倍も頭で考えてるよ!

そんなことしていると、
「まだまだの自分が」

ほら、そこに怨霊の様に近づいて
くるよ~

自分が想像してた意識が、
お化けを作っていることに気づいたら、

気づいたときに、「ストップ」するのが、

「初めのい~~~~っぽ」だね