魔法学校シリーズ~改め霊能者シリーズ①


魔法学校シリーズを書こうと

したきっかけは、

「なんでやねん」な~~。

 

魔法学校シリーズ①
こんなことが書いてありました。

*********

世の中にはお勉強なんてしなくても、
スピリチュアルの力が
生まれつき備わっている人がいます。

興味深いのは、

生まれつきサイキックな人に限って、
こんなことを言っています。

自分に見えたり、聞こえたり、
感じたりする能力が
無かったら、

自分が普通の人と同じなら、
どんなに生きるのが楽だろう!

こんな力を与えた、神様に腹を立てて、
何度も「消してくれ」と逆らったのに!

と、私の友人は口をそろえて言います。

そうなんです。
能力のある人ほどそう言うのだ。

そして、彼らは40~50歳も過ぎると、
やっと、サイキック能力と自分の使命
との折り合いをつけているみたいです。

面白いもので、
欲しくないのにサイキック能力を
持って生まれて来ながら、
逃げても逃げても逃げられない人と、

 

サイキックになりたいがために、
何百万もお金をかけて、

スピリチュアルの学校に行く人も
いるのです。

*********

 

そうだそうだ、話は戻って〜、

2ヶ月ほど前のこと、
私は3人の霊能力者
に会いました。

 

 

皆さん、以前から知っていた方
なのですが、
それはそれはお忙しい方で、

 

OFFの時間に個人的にお話をする
機会を設けて頂くなんて、
滅相も無いほど売れっ子の
方達ばかりっす。

3人は、生まれつきの血統的霊能力
のある方で、
つまり先天的なサイキック能力者です。

そのとき口を揃えてお話しされていた
のが、上に書いた様なインタビューの
結果でした。

さらに、インタビューの続きです。

霊能者:「将来の事が分かって
しまう人生なんて、

本当につまらないものよ。

先がわからないから人生は面白いもの
だと思うの。」

 

「例えば、目の前の人が、
口ではにこやかにして良い事を
言っているのに、

実は凄く恐ろしい事を考えていて、
心の中で悪さをしていることが
分かってしまったら、どう?

 

人間不信に陥ってしまうわ。

私は中学高校と殆ど学校には
行けなかったわ。

だって、あの集団のエネルギー、
もの凄く辛辣で、

わたし、倒れちゃうんだもん

Unknown

私:なるほどね〜。

確かにそりゃそうだわ。
人の心の闇が分かっちゃって、
それでも、

自分の心のバランスを保って
なきゃ
ならないなんて、

半端ないご修行だわな〜。

 

と、またまた感心する私

 

霊能者:「恋愛だってそうよ。
相手の気持ちが分からないから
恋心のモチベーションを持ち
続けられるけど、

告る前に、はかない恋だと
わかっていたら

やる気無くなるでしょ?」

 

確かに・・・。

 

霊能者:「うちの3回目の主人なんて
恋愛中は大変だったと思うわ。

だって、この人との恋愛出来る!
と分かった
時点で、

嬉しくなってしまって
情動が半端無く動くからさ、

モーレツにアタックしまくるのよ、私

だから彼はその情熱を受け止めなく
ちゃならないん
だから、大変よ〜。

その時は、も〜嬉しくて嬉しくて、
止められないの。

今はそれもしっかり落ち着いて
パートナーとの事は修行だと思って
こなしているけどね。」

 

な~るほど、
天然サイキッカーにとっての
不都合って、

色々とあるんやねんな~。

サリーちゃん
(ちょっと、同情の気持ち・・)
<インタビュー、さらに続く>